2017/10/22

夕方から風雨が強くなってきた

171022_1

今日は「パラシュートの日」、「平安遷都の日」。

台風21号の影響で夕方から風雨が強くなってきた。明日の早朝に関東地方に上陸する可能性が高いようだ。

台風の影響で投票率が悪いので、先行きに暗雲が立ち込めている。安倍総統の高笑いが聞こえてきそうで気分が悪い。

腰と足の調子は少しづつだけれど良くなってきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/21

里山散歩は途中まで

171021_1

今日は「国際反戦デー」、「あかりの日」。

台風21号の影響で雨の一日。

午前中少し雨が小降りになったので里山を見に行ってきた。オオタカが2羽出迎えてくれたけれど、歩きはじめて少しで足と腰が痛くなってきたので、途中で帰ってきた。

雨が続いているので、虫達静かに雨を絶えていた。

池のマガモが増えていた。来月15日の狩猟解禁になるともっと集まってくることだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/20

晩秋の長雨

171020_1

今日は「秋土用入」、旧暦9月1日で「新月」、「リサイクルの日」、「新聞広告の日」。

晩秋の長雨、北風が吹いていたけれど、幸い気温は19度近くまで上昇した。

日曜日の選挙に行けないと困るので、期日前投票に行ってきた。

それにしても安倍総統は口先三寸、言いたい放題。説明するとか是非貴女の声をきかせてといったはずなのに対話は拒否。安倍総統を押さえ込むには、なんとしても投票率が高くなって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/19

冷たい雨の一日

1710019_1

今日は「ブラックマンデー」、「日ソ国交回復の日」。

また12月の気温に戻ってしまい、冷たい雨の一日。

ゆっくり休養日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/18

今日の飛びもの 中日本航空のBell 430(JA121T)

1710018_4

牛久市ひたち野うしく駅上空を中日本航空のBell 430(JA121T)が通過。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の飛びもの 東邦航空のAerospatiale AS355F2 Ecureuil 2(JA6697)

1710018_3

稲敷市の霞ヶ浦上空を東邦航空のAerospatiale AS355F2 Ecureuil 2(JA6697)が通過した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲敷方面を回ってきた

1710018_1

今日は七十二候の「蟋蟀戸にあり」、「統計の日」、「フラフープ記念日」。

久しぶりに天気が良くなったので、ちょっと無理をして稲敷方面を回ってきた。

チュウヒが戻ってきていた。

風が強かったので、霞ヶ浦の湖面は波立っていて、カモは水溜りに集まっていた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/17

ジョロウグモの巣の修理

1710017_1

今日は「貧困撲滅のための国際デー」、「貯蓄の日」、「上水道の日」、「沖縄そばの日」。

少し気温が上がって、雨も午後には止んだので、動かなければということで、ゆっくりと近所を少し歩いてきた。

ジョロウグモが巣の修理をしていた。近づいても気が付かなようだったので、糸を出すところを撮ってみた。なかなかピントが合わないので大変だった。

ジョロウグモの巣にシロカネイソウロウグモがいたので、これも迫ってみた。2〜3mm位なのでピントが合わないので、指でピントを合わせる置きピンでなんとか撮れた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/16

氷雨の一日

1710016_1

今日は「世界食糧デー」、「閻魔縁日」。

氷雨の一日。冬が駆け足できたようだ。暖房を点けてしまった。

足不調なのに、ちょっと無理をして夏物を秋冬物に入れ替えをしたところ、腰の調子が悪くなってしまった。困ったことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

霞ヶ浦環境科学センターで講演会

1710015_1

今日は「グレゴリオ暦制定記念日」、「新聞週間」、「新聞少年の日」。

午後、霞ヶ浦環境科学センターであった来年秋に開催予定の世界湖沼会議開催のプレイベントの記念講演会で「霞ヶ浦の漁業史と魚食文化ー霞ヶ浦と人との関わりー」を聞きに行ってきた。

講師は、かすみがうら市歴史博物館学芸員の千葉隆司さんで、縄文時代から現代までの漁業について分かりやすく概説してくれた。

製塩は霞ヶ浦流域で始まったこと、ワカサギで魚油を作ったこと、水戸藩や幕府が霞ヶ浦の一部を御留側川として直轄で漁場を管理していたことなど初めて知ることが多く勉強になった。

常磐線の土浦駅と高浜駅は水運との連携のために、計画を変更して軟弱な地盤の霞ヶ浦湖岸に作られたということも全く知らなかった。以前から常磐線が神立から石岡まで直線コースを取らずに高浜に迂回しているので不思議に思っていたが、霞ヶ浦水運との関係があったなど気が付かなかった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日の飛びもの 新中央航空のFairchild Dornier 228-212(JA34CA)