2021年9月18日 (土)

ボールペンのチップの中身

Ballpoint_tip_1

ボールペンは1940年代に作られた筆記具で万年筆や鉛筆に比べると歴史は浅く、まだ進化が進んでいる。

チップと呼ばれる細い金属パイプの中のインクを先に入れたボールに移して、インクを紙に転写すことで文字や線を描くことになる。

インクは、油性、水性、ゲルと種類が増え、ボールのサイズも、1.6mmから0.28mmと多様なサイズまで広がっている。

ボールペンの本体も、キャップ式からノック式となりいいろな改良が加えられている。

実は見えないチップの中も変化してきている。ノック式になると、キャップ式と違いペン先が常時空気に触れることになるので、ペンチップとボールの隙間からインクに含まれる溶剤などが蒸発してインクの粘度上がってインクが出なくなったり、逆に低粘度のインクでは漏れ出したりする可能性があるのので、内側からボールを押さえて隙間をなくすためにバネが仕込まれるようになってきている。

ペンチップからボールを外してみると中からボールを押さえているバネの先が見えるようになる。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

ダイソー:プラチナ油性マーカー/ツイン 極細

Daiso_platinum_marker_1

散歩のついでに寄った近所のダイソーの筆記具売り場で細い油性マーカーがあったので買ってきた。

猫のエリザベス・カーラーを作るのにPPシートに印を付けるのにコンパスで使える直径9mm以下の油性マーカーが欲しかったので、偶然だったけれどうれしい。

早速、帰ってエリザベス・カーラーを作ることができた。小さな猫なので、手持ちのコンパスで十分だった。

プラチナ油性マーカー/ツイン 極細(CSW-120N)を調べてみると、Webサイトの商品情報には存在していなかった。

ネット検索で調べてみると黒軸で品番が同じものがあったけれど、白軸は見つからなかった。

プラチナ万年筆は、ダイソー向け商品を長い間供給していて、廃番でカタログにない万年筆が売られていたり、ゲルボールペンがあったりする。

多分この製品はプラチナ万年筆のカタログ上は廃番になっていて、色軸の在庫品が市場にでていて、白い軸のダイソー向けにだけ製造しているということではないだろうか。

ちなみにコンパスはフランス製のPAPEDのものだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

サンスター文具:かどまる

Sunstar_kadomaru_1

カードやラミネート角を丸くするのにサンスター文具の「かどまるPRO」を使っているけれど、少し厚いカードや厚みのあるラミネートを切れないことがあった。

クリアフォルダーや工作に使うポリプロピレンシートを切るのは無理なので、ハサミでかどを丸くしていた。

厚いものにも対応した「かどまるPRO-NEO」と「かどまるFit」がでたのは知っていたけれど、緊急性がなかったので買わずにいた。

比較的安く買えるというので「かどまるPRO-NEO」と「かどまるFit」の両方を買うことにした。

「かどまるPRO-NEO」と「かどまるFit」は、切ることのできる紙とラミネートの厚さが「かどまるPRO」の倍になっている。

「かどまるPRO-NEO」は、S(半径3mm)、M(半径5mm)、L(半径8mm)の3種類のサイズを切ることができる。

「かどまるFit」は、M(半径5mm)の1種類だけしか切れない。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

キャンドゥ:MASKING TAPE BOTTLE

Cando_maskingt_case_1

隣の市のキャンドゥに寄った時に見つけたのが瓶の形のマスキングテープの容器「マスキングテープ・ボトル(MASKING TAPE BOTTLE)」があった。

クリアーとスモークの2色あって、15mm幅のテープが6本収納できるものだ。

形は瓶の形になっているけれど、キャップを取ると容器が横に開いてテープを出し入れできるようになっている。

Cando_maskingt_case_3

デザインの良いテープを机の上に飾るために良いだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

低粘度油性ボールペンの経時による滲みの発生

Bp_test_1

Facebookの文房具のグループで、ほぼ日手帳を使っているひとから三菱鉛筆のジェットストリームで5年前に書いたものが裏に滲んできたという書き込みがあった。

写真もあって、はっきりと裏から見えるほど滲んでいた。書いた時には裏写りもなく普通だったということだ。

探してみると、きたきつねが2010年10月頃にボール径0.5mmの低粘度油性ボールペン4種でマルマンのニーモシネに試し書きしたものがあった。

約11年経過したものを裏から見てみると、確かにジェットストリームで書いたものが裏から読めるくらいに滲んでいた。

裏からスキャンしてみると、スキャンソフトの補正の影響なのか、あまりはっきりしない画像になった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

カール:一穴パンチ

Punch_01

先日の買い物で手に入れたカール事務器の「一穴パンチ」は、2種類の穴径3mmと5.5mmのもので、PPC用紙18枚、紙厚1.6mmに穴あけできる。

帰ってきてから5.5mmのものはいくつか持っていることに気がついて、勘違いして買ってしまったようだ。7mmのパンチにすればよかった。

手元にあるパンチは、5.5mm、3mm、6mm、13mmの穴径のものになった。

紙以外の硬いものには、革パンチが2mm、3mm、4mm,5mm、6mm、8mm、10mmがあるのだけれど、紙工作で穴を開けるには一穴パンチが扱いやすい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«BIC:インテンシティ 水性デュアルチップマーカー