2020年1月18日 (土)

新春文紙フェア2020 プラチナ万年筆「CURIDAS」

Curidas0

プラチナ万年筆は新製品のノック式万年筆の「キュリダス(CURIDAS)」を紹介していた。発売予定日は2020年2月28日で定価は7,700円ということだ。

ノック式万年筆といえばパイロットの「キャップレス」だったので、プラチナ万年筆としては初めてのノック式になる。発売前なので写真の撮影はできなかったので、プレス資料を拝借した。

ノック式の万年筆では一番問題となるペン先収納時のドライアップを、収納空間を極力狭く、気密性を高めることのできるシールの素材を採用しているとうことだ。

調べてみると発売前だけれど神戸のナガサワ文具センターに「キュリダス」の詳細な紹介記事があるので、そちらを参照して欲しい。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

新春文紙フェア2020 寺西科学工業「Magic Knock」

Magic_knock

寺西科学工業では、ノック式油性マーカーの「マジックノック(Magic Knock)」を紹介していた。

ノック式油性マーカーは既存の製品もあって特に目新しいものではないけれど、油性マーカーのマジックブランドの製品のラインナップに是非ということなのだろう。

アルコール系のインクを使っていて、カートリッジが二本入というところが売りといえるくらいかなと思う。

最近、シャッター機構のない水性マーカーがゼブラから発売されているけれど、油性の場合はドライアップが避けられないのでシャッタ機構が必須だろう。

シャッター機構の付いたノック式マーカーは、100円ライターやチャッカマンを製造している株式会社東海が1989年に発売したノック式サインペン、ラインマーカー「ベスタオスト」が世界初の製品だった。

その後、特許が切れてノック式マーカーやラインマーカー(蛍光ペン)が発売され、更にシャッター機構の改良も進められてきている。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

新春文紙フェア2020 アスカ「Asmix デッサンメート」

Asmix_dessin_mate_1

アスカでは新製品としてデッサン向け鉛筆削りの「Asmix デッサンメート」を紹介していた。

色はマットブラックで形も落ち着いたデザインとなっている。

「Asmix デッサンメート」はデッサン用に芯を長く削ることができる専用鉛筆削りで、芯先の長さは最大19mmと非常に長く、太さは0.9mmから1.6mmまで7段階に削ることができる。

無駄削り防止機構も付いていて鉛筆を無駄にすることがないということだ。

デッサンでは芯を長く削ることが必要で、普通はナイフで削るのだけれど、安定した長さと太さに削るのは時間がかかる。

それが鉛筆削りで簡単に、素早く削ることができれば、デッサンに集中できるということだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

新春文紙フェア2020 北星鉛筆「大人の色鉛筆 13」

Kitaboshi_otona_colorp

北星鉛筆では、企画中と聞いていた大人の鉛筆シリーズの創業70年を記念して開発した「大人の色鉛筆 13」を紹介していた。

2mm芯のシャープペンシルの大人の鉛筆の色鉛筆版で、重ね塗りができる柔らかい芯を採用した12色に白を加えた13色の色鉛筆シャープペンシルになっている。

定価が7,777円ということで、大人の鉛筆が一本748円なのでお得になっている。

「大人の色鉛筆 13」は今回のフェアで文紙フェア大賞金賞を受賞している。

同時に、替芯と専用芯削り器も発売される。

専用芯削り器は、「日本式鉛筆削り634」に取り付けることができるようになっているということだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

新春文紙フェア2020

1月8、9日浅草橋・共和フォーラムで開催されたステーショナリー情報委員会主催の文具メーカー共同見本市「夏の文紙フェア2019」に行ってきた。

テーマは、オリンピックを契機に世界に日本の文房具をアピールしようということで「Something New! 新しさの創造 世界に届け! NIPP〇Nの文具」ということで力が入っていた。

今回は55社が参加していて、コンパクトだけれど各社ポイントを絞った商品を展示していた。今回も各社のアイデアのある製品を見ることができた。

来場者の投票で、文紙フェア大賞を決めていて、金賞を受賞したのは北星鉛筆の「大人の色鉛筆 13」だった。銀賞は、スリーエムジャパン「ポスト・イット エクスリームノート」とマグエックスの「ぴたえもん ホワイトボードキット(A4)」、銅賞はデビカの「鉛筆削り ツーバイツー」とアスカの「デッザン向け鉛筆削り デッサンメイト」だった。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

100円ショップの文房具

Seria_stationery

100円ショップの文房具売場では、中国や東南アジア製の製品だけでなく国産の主要メーカーの製品が見られるようになってきた。

以前は、国内のメーカーといえば、プラチナとセーラーか、スポット的に他メーカーの在庫処分品だったのが、ここ数年一気に増えて来ているようだ。

100円ショップ向けに内容量を減らした専用品や、コラボブランドの商品なども出てきている。

特に筆記具は、パイロットを除いてトップメーカーの製品が並んでいる。

以前もこのブログで買いたけれど、最大手のダイソーは国内3,367店舗、海外2,175店舗と巨大な売り場を持っていて、国内のダイソーに限っても1店舗で100個売れると全体では34万個近くなる。1,000個だと340万個と取扱量は膨大になる。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ZEBRA:KnockSign