google.com, pub-7269144570220091, DIRECT, f08c47fec0942fa0 きたきつねの文房具日記

2024年7月12日 (金)

LED照明の色温度

文房具などの写真を撮影する時に室内なので照明を使っていて、以前は昼白色の蛍光灯を使っていた。蛍光灯の光は自然光と違うので、ホワイトバランスはデジカメはホワイトバランスを自動調節できる機能(AWB)に頼っていた。

きちんとした撮影には自然光に近いスペクトルの高演色性蛍光管を使わなければいけないのだけれど、値段も高いしブログ用だからと使わずにいた。

そうこうしているうちに、寿命も長いし、消費電力の小さいLED照明器具が安く手に入るようになってきたので、取り替えることにして、ダイソーの蛍光管型のLEDに交換して使ってきた。

特に不便を感じていなかったけれど、簡易なカラーチャートを撮影してみると、カメラのオート・ホワイト・バランス(AWB)を使っていてもやはり色の再現性が悪いことがわかった。

調べてみると、LEDも光源によって色温度や光のスペクトル分布の違いがあって、照明器具の光の質を表す指標としてRaが使われていることが分かった。

Raというのは、平均演色評価数のことで、照明で物体を照らすときに、自然光(太陽光)が当たったときの色をどの程度再現しているかを示す指標だ。

LEDは、光の三原色のLEDを使って色を調節しているので、同じ昼白色でも色温度とスペクトルによって違っているということになる。Ra100は、太陽光と同じということになる。

家庭用の一般的な蛍光灯のRaは60程度で、LED照明では、Ra85前後の値になるらしい。

高演色の蛍光管型のLEDは高価なので、探してみてRa98という電球型LEDがあったので使うことにした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年6月13日 (木)

三菱鉛筆:JETSTREAM Lite Touch ink

Jetstream_lite_1


2024年3月中旬に三菱鉛筆から油性インクのボールペンとしては一番滑らかな書き味のジェットストリーム・インクにさらに軽い書き味の新しいインクのJETSTREAM Lite touch inkが加わった。

新しいインクを搭載した新しい軸のモデルも発売された。

新しいインクを試してみたけれど、ゲルボールというよりローラーボールに近い書き味という印象だった。

インクを使う筆記具は、万年筆の書き味を追求しているということのだろうか。

ここまでくるとJETSTREAM Lite Touch inkは油性インクというよりもゲルインクに近くなってしまったのではないかと妄想している。

2006年に日本で発売されたときに、ジェットストリームのリフィルを見たときに、三菱鉛筆は新しい挑戦を企画していると思ったけれど、違ったようだった。

それはジェットストリームのリフィルのスプリング受けの部分が外径6mmとゲルボールペンのリフィルと同じだったので、JIS S 6061-Kを採用している多様なゲルインクボールペンの軸に使えることを訴求していくのかと思ったのだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年6月10日 (月)

DAISO:セーフティカッター

Daiso_ceramic_cutter_1

2年前にセリアのノック式の「セラミック・セーフティー・カッター」を紹介したけれど、その後ダイソーからも類似したノック式の「セーフティーカッター」がでていたのに紹介するのを忘れていた。

外観はノック部分以外は似ている。

明らかな違いは、セラミックスの刃先の出る長さで、ダイソーの方が0.9mm、セリアが1.4mmと、ダイソーの方が0.5mm短くなっている。

この刃先の出る長さは僅かだけれど、実用上はハッキリと差が出る寸法だ。

Daiso_ceramic_cutter_2

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年4月24日 (水)

Seria;ポケット布テープ

Seria_pocket_duct_tape_1

セリア・パトロールに行った時に「ポケット布テープ」という、2020年に発売されたヤマトの「アウトドア・テープ OUTDOOR TAPE」と類似のテープだ。

「OUTDOOR TAPE」(税込み649円)は幅50mmの布テープを3m巻いたものを潰した感じのもで、「ポケット布テープ」は幅40mmで2.5m巻でプラダンを芯にしていて110円となっている。

「OUTDOOR TAPE」は前にも書いたように先行商品があるので、実用新案もないのと思うので類似商品がでても問題がないだろう。

きたきつねは、布テープではなく仮止めテープをプラスチックの板に巻いて同様のものを作ってディパックに常備している。

海に出た時にカメラとレンズに潮がかからないようにポリシートを止めたり、ダウンジャケットの穴を塞いだり、何かを仮止めするのに使っている。布テープも良いのだけれど、粘着力が強すぎて剥がす時に大変だし、粘着剤が残ったりするので、仮止めテープにしている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年4月18日 (木)

Seria:折りたたみ式レフ板

Seria_folding_ref_1

いつものように近所のセリアの店内をパトロールしていたら、フリマ用品コーナーに写真撮影に使う「折りたたみ式レフ板」があった。

レフ板は写真を撮る時に照明の当て方で影出る時に照明を反射させて影を消したり、ハイライトを当てたりするために使う反射板だ。

普通の白い板を使うことがあるけれど、保管に場所を取ったり、持ち運びに不便なので、バネ鋼を使って折り畳める丸いレフ板が良く使われる。

折りたたみできるレフ板は、一般に市販されていて、大きさも小物や花などを撮る時に使う30cmから人や大きなものを撮る時につかう1m以上のものまで色々なサイズのものがある。

きたきつねは30cmと60cmで、白と銀、銀と金、黒と白、真ん中に穴の空いたレフ板を使っている。

セリアの「折りたたみ式レフ板」は、直径30センチのものになる。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

白を白く、黒を黒く撮影するための「18%の標準反射板」

Black_white_1

文房具を背景が白や黒にしてデジカメで普通に撮影すると、背景がきれいな白や黒にならないので、撮影した画像を画像処理ソフトで明るさやコントラストを調整することになるけれど、きれいなきれいな白や黒にはならない。

それは、カメラの適正露出は、画面全体を18%の灰色になるようにシャッタースピードと絞りの値を決めるようになっているためで、白でも黒でも灰色に撮れてしまうからだ。

白を白に、黒を黒に撮るためには、背景と関係なく撮影する場所の明るさを測ることが必要になる。

そのためには入射光式露出計を使うのが普通で、便利なのだけれど専用の入射光式露出計はアマチュアが使うには値段が高いのが欠点だ。

Black_white_2

» 続きを読む

| | コメント (0)

«シャープペンシルの芯の太さ