« thumbthing | トップページ | HARCO »

2006年5月19日 (金)

キャンドゥのミニ万年筆

Candomp_1 用事で駅前に出たので、待ち合わせ時間まで駅前通の角のビルに入っている100円ショップ「キャンドゥ」に寄った。デジタル温度計を探していたら、文具売り場に『ミニ万年筆』があった。

黒、赤、青、緑の4色あったようだけれど、青がなかった。売り場の3色を買ってみた。

インクを入れて使ってみたけれど、太さはMくらいで、国産の使い捨て万年筆と同じくらいの書き味だと思う。

製品としては、黒はキャップの嵌合が悪くてガタガタで、インクが直ぐにドライアップしてしまうだろう。赤はキャップが割れていた。緑はキャップの嵌合がきつめと、さすが中国製という感じ。たぶんどれも同じではないのだろう。

Candomp_2 インクは、黒がなくて青が残っていた。どんな組み合わせで売れているのだろう。

それしても、中国の商品作りのスピードには驚いてしまう。見本市が終わると2、3週間でコピーが出てくるらしい。この万年筆も、PILOTの『ペチットワン』を意識したものだろう。

キャンドゥは、時々面白い物が100円というビックリがあって面白い。それに比べてダイソーは面白みがなくなってしまったような気がする。

|

« thumbthing | トップページ | HARCO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンドゥのミニ万年筆:

« thumbthing | トップページ | HARCO »