« ISOT2006 ノック式マーカー | トップページ | ISOT2006 消しゴムはんこ »

2006年7月 8日 (土)

ISOT2006 消しゴムはSEED?

Seedanatasきたきつねの好きな大阪のメーカーの一つSEEDは、アイデアのある商品を作っていると思う。消しゴムの製造技術も、コクヨの「カドケシ」のOEMメーカーとして、あの複雑な形と、堅さを実現したことからも判るだろう。

横道にそれるけれど、「カドケシ」は売れすぎて、一社では生産が間に合わなくなって、他メーカーにOEMされたらしいので、パッケージに製造メーカーを識別できる記号があるかもしれない。

今回面白いと思ったのは、「ANATAS」という穴が沢山あいて、外側に四角い溝がついている消しゴムだ。丸くなっても、この穴と溝が角を作って摩擦を強くして字を消すことができるという特徴がある。非常に実用的な感じがした。

Seedharidama 昔、コクヨに「ヒッツキ虫」という、ピンク色の粘着ゴムがあったけれど、今回「ハリ玉」という粘着ゴムが新製品としてでていた。サンプルをもらってきた。練りケシと同じような感じがしたので、比較してみると、「ハリ玉」のほうがわずかに硬く、粘着力は少し強いけれど、紙に貼った場合きれいに剥がれた。それと引っ張ったときに練りケシのように糸を引かない。

そのままだと粘着力が無い感じだけれど、よく練ると粘着力が出てくる。「ヒッツキ虫」は長時間使ったときに貼り跡が残ったけれど、「ハリ玉」ではどうだろう。実際使ってみなければ判らないだろう。

きたきつねは、文房具を撮影するときに固定するために、イギリス製の青色の粘着ゴムを使っている。こちらの方が「ハリ玉」よりも粘着力が強く、きれいに剥がれる。これもサンプルでもらってきたもので、何度でも使えるので、ずっと使い続けている。問題は、メーカーが判らないことだ。

粘着ゴムは、画鋲のように壁にキズを付けずにポスター等を貼ることができて便利だ。その他、不安定な置物の仮止めにも使える。使うときには、汚い手で練ると、手の汚れで汚くなるので、手を洗ってからがいいだろう。

|

« ISOT2006 ノック式マーカー | トップページ | ISOT2006 消しゴムはんこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISOT2006 消しゴムはSEED?:

« ISOT2006 ノック式マーカー | トップページ | ISOT2006 消しゴムはんこ »