« ガラスペンの佐瀬勇さん | トップページ | ショックガード・ケース »

2007年4月 2日 (月)

ワイヤレス・ペン

米国のベンチャー企業CandleDragon,Inc.は,普通の紙に文字を書くだけで,書いた情報がPDAやパソコンに転送される「ワイヤレス・ペン」を発表した。発表資料を見る限りは、ゼブラウイングから発売されている「手書きリンク」と非常に似ている。違いはペンの通信方式のようで、「ワイヤレス・ペン」は赤外線を使っているのに対して、「手書きリンク」は赤外線起動/超音波検知方式を使っていたと思う。

検出器とPDAやパソコン間は,Bluetoothで通信することができるので、ケーブルが不要になっている。

「手書きリンク」と違っているのは、ペンが充電式で、検出器に充電器が組み込まれていて、使わないときに充電できるというところのようだ。また、赤外線を使っているので、「手書きリンク」のペンのように、超音波をために先の方がカゴ状にする必要がないので、形状が普通のペンのようにできることだろう。

将来は、検出器を小型化してペンキャップのようにしたいということで、そこまで小さくなるとだいぶ面白い使い方ができるかもしれない。

でも、今のままでは、どこまで普及できるか疑問だ。

|

« ガラスペンの佐瀬勇さん | トップページ | ショックガード・ケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイヤレス・ペン:

« ガラスペンの佐瀬勇さん | トップページ | ショックガード・ケース »