« モンブランの古いインク | トップページ | 鉛筆記念日 »

2007年4月29日 (日)

趣味の文具箱 vol.7

先週23日に発売になった『趣味の文具箱 vol.7』がamazonから届いた。

文具箱といっても万年筆が中心で、駄文具が好きなきたきつねにとっては、もう少し他の文房具も出して欲しいと思ってしまう。

万年筆の方が単価が高いので、カタログとしては広告が取りやすいのだろう。でも、内容がいつも一定の水準をクリアーしているところがすばらしい。

「ペンの道楽・人生の悦楽」ということで、色々な人の万年筆への思い入れが特集されている。中でも、C.W.ニコルさんの探検日記は興味深かった。

ブルーブラックインクで書かれた17歳の北極探検日記は、ちゃんと清書されている。

記念館や博物館に、昔の学生のノートが展示されているけれど、みんなカバーノートに清書してある。去年糸魚川のフォッサマグナミュージアムで見たナウマンのノートもそうだった。

以前、北大植物園の博物館で見た、佐藤昌介先生や宮部金吾先生のノートを見たことがあるけれど、これはすばらしいノートだった。昔は、教科書ではなく先生の板書と講義を筆記してノートを作って、それを教科書として使い続けるので、講義が終わった後、清書したのだ。

川口ペンドクターのインタビューと「石川金ペン物語」も良かった。

|

« モンブランの古いインク | トップページ | 鉛筆記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/14889908

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の文具箱 vol.7:

« モンブランの古いインク | トップページ | 鉛筆記念日 »