« ISOT2007 ボールペン | トップページ | ISOT2007 プリンター用紙 »

2007年7月13日 (金)

ISOT2007 シャープペンシル

Tec2way
今回シャープペンシルで注目したのは、振るだけで芯が出る「フリッシャ機能」とノック式の2wayで使えるゼブラの「Tect 2way」だ。

この「Tect 2way」の目玉は、「フリッシャ機能」をロックする機構が付いたところだ。軸の中程にあるリングを回すと、「フリッシャ機能」がロックされて働かなくなる。

従来の振るだけで芯が出るシャープペンシルは、鞄に入れ持って歩くと、震動で芯が出てしまうといったことがあったけれど、ロックできるので、芯が飛び出すことが無くなった。

「フリッシャ機能」をロックしておくと、錘が軸の下の方に固定されるので、ペン先の方が重心となるので、安定した筆記ができる。

メタリックな軸と、オーリングの滑り止めのデザインがなかなか良い。

シャープペンシルについては、ぺんてるブースで力を入れていた、シャープで書いた文字や線が香るシャープ芯「アイン サプリオ」が面白かった。

香りと感情の結びつきが深いので、香りでやる気をだしたり、ストレスに対処するためにシャープ芯に香りを付けたということだ。でも、今まで香りのでるボールペンなどもあったけれど、成功したとは聞かない。

どちらかというと、「サプリオ」は、お菓子の香りの文房具をだしているサカモトのラインの商品のような気がする。

それよりも、焼成して作るシャープ芯に、ナノカプセルに入れた香りを入れる技術の方に興味がある。すごい技術だと思う。このカプセルに油分を閉じこめて、筆記の改善に役立てるとか、他に使い方があったのではないだろうか。


 


 

|

« ISOT2007 ボールペン | トップページ | ISOT2007 プリンター用紙 »

コメント

三菱鉛筆は、ISOTから離脱しただけで、別に展示会を開いたりしています。

投稿: きたきつね | 2008年6月11日 (水) 22時14分

三菱鉛筆さんは今年も出展社リストに載ってませんね。まあいつも定期的に新製品をリリースされてますから、こういう催しに改めて参加する必要は特に無い、と考えてられるんでしょうね。

投稿: 通りすがり | 2008年6月11日 (水) 09時23分

通りすがりさん

三菱鉛筆は去年出展しませんでした。今年は出てくるのでしょうか。PILOTと一緒に出展してくれると良いのですが・・・・

投稿: きたきつね | 2008年6月 9日 (月) 22時52分

もうじきISOT2008。去年は全般的に不作でしたね。ゼブラさんは頑張ってたみたいだけど…

ぺんてるさんや三菱鉛筆さんに、今年は奮起してもらいたい所です。

投稿: 通りすがり | 2008年6月 8日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISOT2007 シャープペンシル:

« ISOT2007 ボールペン | トップページ | ISOT2007 プリンター用紙 »