« ISOT2007 字消し | トップページ | ISOT2007 ボールペン »

2007年7月10日 (火)

ISOT2007 マーカー

Pencle 今回は、マーカー類にインパクトの強いものは少なかった。きたきつねのアンテナに引っかかったものを幾つか紹介したい。

ステーショナリーオブザイヤー機能部門のグランプリとなったサニーの「ペンクル」は、キャップにネオジウム磁石を組み込んだホワイトボードマーカーだ。

キャップの磁石が、鉄製のホワイトボードの表面に、20度の角度で固定できるので、使うときに片手で簡単に取ることができる。そして、キャップをホワイト ボードに付けておけるので、キャップをなくすことがない。インクも水で消える特殊インクを使っている。なかなか良くできている。

ゼブラのブースでは、水性顔料マーカー「紙用マッキー」があった。従来の油性のマッキーだた、模造紙などでは裏うつりしてしまったが、水性顔料インクと使っているので、裏うつりがない。

顔料インクなので、発色も良い。インクカートリッジと替え芯もあって、詰め替えができるようになっている。「マッキー」シリーズが充実してきた。

最後は、ぺんてるブースで見つけた「キッチン用マーカー」で、ラップや食品保存袋に消費期限や購入日を書き込むためのマーカーだ。キャップに磁石を組み込んであるので、冷蔵庫の扉に着けておくことができる。

インクに食用色素とエタノールなどの食品添加できるものを使っているので、安全・安心というところだろう。磁石が、ネオジウムではなくフェライト磁石を使っているので、磁力が弱い。冷蔵庫のドアを強く閉めると、ショックで落ちるような気がする。

その他、東海の持っていた特許が切れたためか、BICやシャチハタからも、ノック式マーカーがでるようだ。

|

« ISOT2007 字消し | トップページ | ISOT2007 ボールペン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISOT2007 マーカー:

« ISOT2007 字消し | トップページ | ISOT2007 ボールペン »