« ISOT2007 マルマンスケッチブック50周年記念 | トップページ | ISOT2007 ミドリの紙へのこだわり »

2007年7月 6日 (金)

ISOT2007 シャチハタが・・・・

Shachi_0707シャチハタのブースの前を通ったとき、大きな変化がないような気がしていたが、今年は少し違っていた。

まず目に入ったのはビビッドな色のスタンプ台で、これだとおしゃれなオフィスの机に置いてもいいし、色を間違える心配もない。スタンプインクは、乾燥時間が早いもので、色もクリアーだ。

隣には、シリコンゴムでできた顔のスタンプ「FACE STAMP」で、柔らかく変形するので、怒った顔や笑った顔など気分に合わせた顔を作って押すことができる。

こんな遊びもあるのがいい。ただ、スタンプの色がもっとバラエティーがあっても良いと思う。9月発売の予定ということで、ちょっと楽しみにしておこう。

きたきつねは、毎回シャチハタを酷評しているけれど、今回はチョット見直してしまった。

ちょっと面白いものとしては、「Long Nib Marker」という変な形の油性マーカーで、キャップを取ると、長いペン先が現れた。ペン先の長さが3cmくらいあって、小さな穴の奥や、狭い溝の中に字を書くことができるという。

普通のオフィスなどで使うことはないと思うけれど、工場などの現場の業務用として便利だと思う。だから、替え芯と補充インクが用意されているのだろう。

Longnib



Longnib2

|

« ISOT2007 マルマンスケッチブック50周年記念 | トップページ | ISOT2007 ミドリの紙へのこだわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISOT2007 シャチハタが・・・・:

« ISOT2007 マルマンスケッチブック50周年記念 | トップページ | ISOT2007 ミドリの紙へのこだわり »