google.com, pub-7269144570220091, DIRECT, f08c47fec0942fa0 フリクションインクの秘密2: きたきつねの文房具日記

« 丸善日本橋店 | トップページ | 萬年筆物語 »

2007年7月 1日 (日)

フリクションインクの秘密2

6月16日のに書いた「フリクションインクの秘密」の続きが日経BPネットにでていた。今回は、『「消える」秘密は、”温度を記憶する”インクにあり』で、「メタモインク」の開発秘話というか、改良のプロセスが紹介されている。

2002年に発売された「イリュージョン」は、メタモインクの試作品で、「寒い地域で冬に限定して販売」ということが判った。

メタモインクの変色は、温度にあるので、発色と無色化の温度幅を大きくする改良に時間がかかったという。

文房具の開発については、なかなか判らないことがおおいので、この記事は読む価値がある。まだ、続くようだ。

|

« 丸善日本橋店 | トップページ | 萬年筆物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリクションインクの秘密2:

« 丸善日本橋店 | トップページ | 萬年筆物語 »