« 消しゴムの未来を切り開いた男 | トップページ | キッズデザイン賞 »

2007年8月 9日 (木)

フリクションラインで遊ぶ

Flixonfreezこのところ仕事が詰まっているので、よそ見をする余裕がない。窓際なので部下もいないし、全部一人ですることになるから、なおさらきつくなってしまう。

そんなわけで、出張の帰りに買った文房具がどんどん溜まるいっぽうだ。

机の上を見ていたら、パイロットの「フリクションライン」が目にとまった。「そういえば、消えるといっても、摩擦で高温になってインク透明になっているだけだから、冷えると元に戻るはずだから、やってみよう」ということに。

まず、紙にボールペンで字を書いて、「フリクションライン」でマーキングして、色の付いたところをペンの尻にあるプラスチックで擦って消した。これで準備完了。

この紙を、冷凍庫に入れて数分、扉を開けてみるとちゃんと色が戻っていた。紙は薄くて熱容量が小さいので、すぐに冷凍庫内の温度と同じになるから、結果はすぐに判る。

写真を撮って気がついたのだけれど、写真を見ただけではプロセスが全く判らないから、見た人は「何で冷凍庫に紙が入っているのと感じることだろう。

でも、きたきつねは楽しかった。

|

« 消しゴムの未来を切り開いた男 | トップページ | キッズデザイン賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリクションラインで遊ぶ:

« 消しゴムの未来を切り開いた男 | トップページ | キッズデザイン賞 »