« 銀座散歩 | トップページ | 第1回文具検定模擬テストの結果 »

2007年10月 9日 (火)

グッドデザイン賞2007

今年も10月1日にグッドデザイン賞が発表になった。合格率26%のようだ。

グッドデザイン賞(文具・オフィス雑貨・家具・設備)には61点選ばれ、コクヨ、キングジムなどの常連が並んでいる。きたきつねがISOT2007のレビューで紹介した、サニーの「ホワイトボードマーカー」やシャチハタの「スタンプ台」などがならんでいる。

ロングライフデザイン賞にも、オルファのカッターナイフや、ぺんてるの「ハイブリッド」などの文房具類がいくつも選ばれている。

以前も書いたのだけれど、グッドデザイン賞はお金を払ってエントリーしたものだけが対象になるので、Gマークが無くても良いデザインのものは沢山あるということだ。Gマークがついていても売れずに、消えてゆく商品も多い。

グッドデザイン賞の1次審査は応募対象1件につき税込み10,500円だけれども、2次審査には展示料など相当な金額が必要で、さらにGマークを商品に付けるにもお金が必要になる。

Gマークが付くと商品価値があがるので、メーカーとしては投資と考えているのだろう。

|

« 銀座散歩 | トップページ | 第1回文具検定模擬テストの結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッドデザイン賞2007:

« 銀座散歩 | トップページ | 第1回文具検定模擬テストの結果 »