« ミス・ポターの鉛筆 | トップページ | スイスのお土産 »

2007年10月 2日 (火)

BUN2 10月号

Bu2_14BUN2の10月号が出たので貰いに行ってきた。

8月号の巻頭で津久井さんの文具コラムがでていたので、連載になるのかと思っていたけれど、今回の文具コラムは、イロブンのきだてさんになっていた。毎号違った人が書くのだろうか。

これから年末にかけては、来年の手帳とか日記、スケジュール帳が文具店の店頭をにぎわせるから、「手帳活用術」の特集となっている。ベタベタのカタログではなく、文具業界の関係者の手帳の使いこなしを紹介しているのは、好感が持てる。

「ニューヨーク発文具レポート」は、どんどんニューヨーク風俗レポートになってきている。文房具はどこにいってしまったのだろう。

文具王の「違いがわかる男の文具講座」の13時間目は色鉛筆。水彩色鉛筆に使われている水筆ペンは日本で1991年に実用新案がでていたけれど、権利の存続期間6年を過ぎているので、現在はどこのメーカーが作っても良いはず。

|

« ミス・ポターの鉛筆 | トップページ | スイスのお土産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BUN2 10月号:

» BUN2 Vol.14 [どーむの出張日記 &○欲日記]
ようやく入手して来ました、今回は京都府福知山市の「プレザたいち」というお店で頂いてきました。今月は配布店と書いてある店なのに置いてなかったり、配布店のないところばかり移動していたりで随分入手が遅れちゃいました。 今回の特集は = 2008年版手帳活用術 = ただの手帳紹介だけでなく、文具メーカーの方や文具店の方の手帳の使い方を紹介、ちょっと写真が小さいのは残念ですがとても面白い特集だと思います。 昨年からの傾向としてバーチカルタイプ(縦時間軸)が人気なんだそうですよ。 そし..... [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 23時20分

« ミス・ポターの鉛筆 | トップページ | スイスのお土産 »