« ISOT2008 消しゴムはシード | トップページ | ISOT2008 吸着と粘着の違い? »

2008年7月22日 (火)

ISOT2008 コーリン鉛筆

Colleen_1

今回のISOT初登場は、コーリン色鉛筆だ。1997年に倒産したコーリン鉛筆のタイとの合弁会社が「コーリン鉛筆タイランド」として生き残って、販売会社を作って日本に戻ってきたのだ。お帰り「コーリン鉛筆」!

コーリン鉛筆は、三菱鉛筆の「Uni」、トンボ鉛筆の「MONO」と並ぶ「COREHOMO」ブランドの高級鉛筆を作っていた。三角形の顔マークの鉛筆が、きたきつねの宝箱にも何本かあるはずだ。

Colleen_2_2

コーリン鉛筆のブースで、「コーリン鉛筆カタログ化計画」というブログを開設しているKero556さんにブースでお会いすることができた。

マニアックなコレクターなので男性だと想像していたけれど、妙齢の女性だったのでビックリした。

kero556さんはコーリン鉛筆をこよなく愛しているので、コーリン色鉛筆が「公認マニア」と印刷された名刺を作ってくれたということだ。三日間も仕事を休んでブースのお手伝いに関西から来ているということだった。

これから、日本国内で鉛筆と色鉛筆を販売していくということなので、頑張って欲しい。

|

« ISOT2008 消しゴムはシード | トップページ | ISOT2008 吸着と粘着の違い? »

コメント

にきちさん

間違い訂正しました。ありがとうございます。

ぐりぐりももんがさん

タイからありがとうございます。タイでブランドが生き残って、逆上陸でもうれしいですね。

投稿: きたきつね | 2008年9月21日 (日) 20時18分

きたきつねさん、はじめまして。

北海道のにきちです。
私もコーリン鉛筆はかなり集めていましたので今回の復活には感激してるひとりです。

さて、文中の「HOMO」ですがよくご存知と思いますがトンボさんのブランドですね。
以前、何かで大切に保管されていると拝見した記憶があり、私も苦労してようやく一ダース見つけることができました。生軸にニス塗りの味わいが懐かしくて好きな鉛筆のひとつです。

コーリンの「Hi-pierce」と「CORE」ですが当時ものを今使っていますがなかなか良い書き味です。もちろんコーリン色鉛筆さんの墨芯鉛筆も仕事に使っております。

投稿: nikichi | 2008年9月21日 (日) 19時31分

タイからです。
初めてのコメントをご容赦下さい。
昨日、バンコクの大手スーパーでコーリンブランドの鉛筆を見かけました。
そのあらましを次のブログで書きましたので、良かったら読んでください。
http://gurigurimomonga.blogspot.com/
60色の色鉛筆セットが昔と同じようなパッケージで売られているので、懐かしく感じました。
草々

投稿: ぐりぐりももんが | 2008年9月21日 (日) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/41942045

この記事へのトラックバック一覧です: ISOT2008 コーリン鉛筆:

« ISOT2008 消しゴムはシード | トップページ | ISOT2008 吸着と粘着の違い? »