« uni ナノダイヤ | トップページ | 低粘度油性インク戦争勃発か »

2008年9月15日 (月)

セロテープ(R)誕生60年記念 瀬畑 亮 セロテープアート(R)展

ニチバンのセロテープ誕生60周年を記念して、「セロテープ(R)誕生60年記念 瀬畑 亮 セロテープアート(R)展」が12月に練馬区立美術館で開催される。

きたきつねは、セロテープアートというものを知らなかったけれど、先日の「書く・貼る・捺す・綴じる」展2008で初めて瀬畑氏の作品と出会った。セロテープでできていると聞かなければ、素材が不明の不思議な造形作品だ。一見の価値はあると思う。

【開催日】 2008年12月18日~2009年2月15日(月曜、年末年始休館)
【会 場】 練馬区立美術館
【観覧料】無料

アーティストトーク&デモンストレーション
セロテープアート作家瀬畑 亮氏によるトークとデモがあります。参加者もセロテープアートを体験できる。
【開催日時】会期中の毎週土曜日 14:00~15:30
【参加費】無料

【主 催】練馬区立美術館、セロテープアート実行委員会
【協 賛】ニチバン株式会社

|

« uni ナノダイヤ | トップページ | 低粘度油性インク戦争勃発か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セロテープ(R)誕生60年記念 瀬畑 亮 セロテープアート(R)展:

« uni ナノダイヤ | トップページ | 低粘度油性インク戦争勃発か »