« バンダイ「デコエン」 | トップページ | インク用の消しゴム »

2009年12月23日 (水)

竹の紙のノート

Take_paper

先日のエコプロダクツ2009での拾いもの。竹の紙のノート。

今、竹の利用がなくなったので、竹林が放置されていて、竹林が密林のようになっているだけでなく、周辺に広がり、里山の林を破壊するようになっている。また、九州などの筍の産地では、間伐した竹の処理が困っている。

そこで中越パルプ工業が竹を100%使った紙を開発したということだ。

竹のパルプは、現在主流の広葉樹のパルプよりも繊維が短いけれど、針葉樹のパルプよりも繊維が長いし、繊維が強靱なので強くしなやかな紙ができるようだ。

印刷インクののりも良いし、万年筆や水性ボールペンで文字を書いてみたけれど、インクを弾くこともなく、ペンの滑りも良かった。

竹の紙は、いくら竹があるからといって、それほど大量に生産することはできないけれど、エコをうたいたい企業が使う分にはいいだろう。

コクヨの琵琶湖のヨシを活用したエコ用紙「ReEDEN」と同じような位置づけの紙となるだろう。


|

« バンダイ「デコエン」 | トップページ | インク用の消しゴム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹の紙のノート:

« バンダイ「デコエン」 | トップページ | インク用の消しゴム »