« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

文具検定第7回模擬テスト実施中

書こうと思っていることが沢山あるし、何種類か文房具を買ってあるのだけれど、暑い日が続いて、頭がはたらかないので、文字を書いたり、写真を撮ったりする気力がわかない。

文具屋さんドットコムが運営している「文具知識能力検定(文具検定)」の模擬テストが8月10日から11月9日までの三ヶ月間実施されている。

一般問題と企業問題合わせて380問出題されているらしい。問題をつくるのは大変だろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

コクヨがiPad1500台を導入

コクヨはAppleのiPadを2011年末までに1500台導入すると発表した。

年内に経営層や営業部門、プロモーション部門などに約150台をテスト導入するということで、試行の効果を検証して、来年残りの台数を導入する予定ということだ。

iPadをプレゼンツールやシンクライアント端末として活用することを視野に入れているらしい。会議のペーパレス化も考えているらしい。

年齢は関係なく、この種のツールに拒絶反応を示すひとが必ず居るので、試行の結果を知りたいと思う。

続きを読む "コクヨがiPad1500台を導入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

コミックマーケットを初体験

Bungukamen

東京ビックサイトのコミックマーケットを初体験にいってきた。案内人がついてくれたので、迷わずに帰ってくることができた。

文房具のカテゴリーで、文具仮面の藤村阿智さんが本を売っていたので、新刊2冊を購入。表紙だけをオフセット印刷で、他はインクジェットプリンターで印刷して、自分で製本という手作りということだ。バックナンバーに売り切れた物がでたらしい。

隣の万年筆の本のところで、ちょっとだけ万年筆の話。

続きを読む "コミックマーケットを初体験"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

趣味の文具箱17

7月中旬に発売になった 「趣味の文具箱 17 」は、直ぐに注文して、届いていて読んでいたのだけれど、なかなか整理できなかった。

趣味の文具箱も17巻になった。毎回万年筆を中心によく続いているものだ。

今号の特集は「今すぐ使ってみたい!ペンとノート」。

面白かったのは、パイロットELABOのペン先の製造工程。クラフト好きにきたきつねとしては、このようなメーキングものには直ぐにくいついてしまう。

新たに万年筆生活・快適化計画」という連載が始まった。第1回は、インクを入れる洗うと、万年筆のスタート儀式から。

続きを読む "趣味の文具箱17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

ISOT2010 KALBASのコピー防止

今回のISOTから参加のKALBASは、旧社名ヒサゴレーベル(株)からわかるようにヒサゴのグループ会社で、帳票、ラベルなどを製造している企業だ。

面白いと思ったのは、コピー防止用紙・ラベル、偽造防止用紙、コピー判別用紙で、一般的に住民票などに使われているコピー防止用紙に比べると一段も二段もハイレベルなものだった。

特に面白いと思ったのは、「蛍光繊維配合セキュリティーペーパー」で、紙の中に蛍光繊維をランダムに漉き込んだ紙で、紫外線で見ると全く同じパターンのものがないから、それぞれの紙が唯一無二のものと証明できるというものだ。

きたきつねにとって現実に使うことは皆無だけれど、技術としては非常に面白いと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

ISOT2010 気になる海外メーカー

Multiline

ISOTへ参加の海外メーカーは年々チープで、アトラクティブな商品は見あたらなくなってきている。

今回気になったのは、韓国のデザイン雑貨メーカーの「Connect Design」だ。一定間隔にコンセントがついている「Multi Line」という電源の延長コードはなかなか面白いと思った。

普通の延長コード(テーブルタップ)は、コードの端に何口かのコンセントがついているけれど、電源を同じ場所で使うためには良いが、コードの途中で何カ所も電源を使いたいときには「Multi Line」は便利だろう。

続きを読む "ISOT2010 気になる海外メーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISOT2010 カールの切れ味

Carl_npunch

日本文具大賞機能部門のグランプリを受賞した新しい2穴パンチの「ALISYS」は、すばらしいの一言につきる。オフィスで地味な存在だし、もうデザイン以外に改良の余地がないかと思われていた2穴パンチを改良した功績は大きいだろう。

もう一つ気になる新製品は、「トリムギア 発泡スチレンボードカッター」は、B0長辺対応のTG-P1500とA1長辺対応のTG-P1000の2種類。

家庭や普通の会社ではこのように大きなボードカッターはまず使わないだろうけれど、つい引かれてしまう。
 

続きを読む "ISOT2010 カールの切れ味"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

Bun2 31号

Bun2_31

ちょっと遅くなったけれど、文房具のフリーペーパーBun2の最新号を貰ってきた。

特集は「文房具でデコを楽しむ」で、最近なんでもデコレーションするのが流行っていて、先日のISOT2010でも文房具用のデコ製品がでていたので、非常にタイムリー。

連載はそれぞれ安定した内容で、安心して読める。

今年も「2010 Bun2大賞」の投票がはじまる。今号に候補商品一覧が発表になっている。11月1日の締切りを忘れないように投票しよう。

Bun2にブログがあるのを知らなかった。ひっそり更新中のようだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »