« 伊東屋 羽田新国際線ターミナル店 | トップページ | 建築用シャープペンシル »

2010年11月11日 (木)

ニッケン刃物の「ペーパーナイフ」

Nikken_pknif_2

今、仕事に行っているところで、セロテープを剥がすのに苦労していたので、きたきつねの愛用のニッケン刃物の「ペーパーナイフ」を貸してあげた。一度、実演をして見せたら一同驚いて、一気に大量導入ということになった。

きたきつねは、一番安いUP-400(定価400円)を使っているけれど、大量導入になったのはUP-600(定価600円)というしっかりとしたカバー付きの「ペーパーナイフ」だ。

ちょっと悔しいけれど、カバーだけが違うだけのようだから、実用上は問題ないから、いいか。

Nikken_pknif_1

いつもいっているのだけれど、このペーパーナイフのように、非常に良い商品なのだけれど、商品名を聞いただけや、店頭においてあるだけでは、売れない商品というものがある。

ボールペンなどのように使った経験があったり、直感的に使い方が判る商品とちがって、説明を聞いたり、実演を見ることで、初めて使い方と価値が判る商品なのだ。

昔、秋葉原デパート前で実演販売をしていたけれど、あそこで売っていた商品はほとんど、このような商品で、実演をみせることで初めて売れるものだ。

きたきつねが伊東屋や東急ハンズの店頭で実演したらどれくらい売れるのか、試してみたい気持ちがわいてくる。

|

« 伊東屋 羽田新国際線ターミナル店 | トップページ | 建築用シャープペンシル »

コメント

アンジェイ和田さん

お久しぶりです。多故隊長とは時々会っています。

お礼などいわれると面映い限りです。お役に立てて本当に良かった。

ニッケンのペーパーナイフは最近置いているところが多くなってきました。

メーカーのWebページを見ても判りにくいのですが、使い方の映像を入れるようになっています。Macでは見えませんけどね。

投稿: きたきつね | 2010年11月13日 (土) 17時34分

横浜の小学校で事務職員をしていた和田と申します。
ニッケンのペーパーナイフ……自分の職場でも10本の箱単位で購入したことがあり(箱単位でないと取り寄せられなかったのです)、なかなか流通していないことを実感しました。
その時は確か給食室からの要望だったのですが、具体的な用途を忘れてしまいました(確か何かを剥がす用途ではなかったと思います)。その節はきたきつねさんのブログでアピールカッターを知り、そうまく要求に応えられる物品を調達できました。
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

投稿: アンジェイ和田 | 2010年11月12日 (金) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッケン刃物の「ペーパーナイフ」:

« 伊東屋 羽田新国際線ターミナル店 | トップページ | 建築用シャープペンシル »