« 特選街4月号「この文房具がすごい!今すぐ欲しい絶品図鑑」 | トップページ | グレープフルーツの勝ち »

2011年3月10日 (木)

文房具の撮影にデジカメの斜め補正を使う

Angle_sift_2

文房具の写真を撮る時に、フォトキューブを使っているけれど、どうしても斜めに撮影することになってしまう。補正が必要な時には、PhotoShopの「イメージ」>「変形」を使っているけれど、とても面倒だった。

先日、キングジムのショットノートを見ていて、ふとコンパクトデジカメについている斜め補正を使えばいいじゃないと思いついた。

黒の厚紙を切り抜いて、枠を作って撮影してみたが、意外と上手く補正できた。

Angle_sift_1

黒枠の形を、コンパクトデジカメの4:3と紙のサイズの1:1.4142の2種類作って、正方形のサンプルで試してみたが、1:1.4142の方が再現性が良いようだ。

Angle_sift_3

撮影した画像

Angle_sift_4

斜め補正した画像。今使っているコンパクトデジカメ(リコーCX2)の斜め補正は、CPUの関係か計算が遅く、それほど良くないけれど、ブログに使う程度であれば問題ないだろう。

昔使っていた、カシオのEXLIMは補正が早くて、画像も奇麗だったけれど、今はどうなんだろう。

|

« 特選街4月号「この文房具がすごい!今すぐ欲しい絶品図鑑」 | トップページ | グレープフルーツの勝ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文房具の撮影にデジカメの斜め補正を使う:

« 特選街4月号「この文房具がすごい!今すぐ欲しい絶品図鑑」 | トップページ | グレープフルーツの勝ち »