« Bun2 36号 | トップページ | 第20回日本文具大賞決定 »

2011年6月 6日 (月)

ミドリ「CLステーショナリーキット」を触って

Midori_st_kit_1

5月20日にミドリの新製品「CLステーショナリーキット」について書いたけれど、ようやく実物に触れることができた。

初めて手にした印象は、重いということだ。ケースの素材がシリコンゴムを使ったことが裏目にでてしまっている。

ケースは、柔らかいので、ミニ文具を納める部分は、仕切りとリブをつけていてそれがある程度の厚さが必要なので、その分重量が増してしまったということだろう。

Midori_st_kit_3

シリコンゴムを使ったということは、化学的に強いので、劣化しにくいし、汚れが付きにくいという長所があるけれど、それが逆に、シリコンゴムにはシールやビーズなどが着かないし、ペイントしても剥がれてしまうので、デコレーションを楽しむことはできないという欠点になっている。

Midori_st_kit_2

中には修正テープ、スティックのり、ホッチキス、折りたたみ定規、カッター、メジャー、クリップがセットされているが、本当にこのセレクションがいいのだろうか。

PLUSのチームデミのように、定規、カッター、メージャー、ハサミ、糊、ホッチキス、テープ、小物入れと比較すると、ハサミ、テープは欲しかった。

新製品情報を見たときの印象では、非常に面白いと思ったけれど、実際に手にして見ると、ちょっと微妙な文房具セットという印象に変わってしまった。

「チームデミ」と比較して見ると、「チームデミ」は良くできた文房具セットだったと感心することしきりだ。

|

« Bun2 36号 | トップページ | 第20回日本文具大賞決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミドリ「CLステーショナリーキット」を触って:

« Bun2 36号 | トップページ | 第20回日本文具大賞決定 »