« SCOS:シュナイダー FAVE ボールペン | トップページ | SCOS:お得な芯ホールダーセット »

2012年9月26日 (水)

デジカメ「QV-10」が「未来技術遺産」に

Casio_qv10_1

カシオ計算機の液晶デジタルカメラ「QV-10」が、国立科学博物館が決める今年度の「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に選ばれた。

 未来技術遺産は「科学技術の発達上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つもの」「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えたもの」ということで、1995年に発売された「QV-10」はデジタルカメラの歴史の中で大きな位置づけが認められたということだ。過去に選ばれた未来技術遺産113件のなかで、一番時代が新しいものになる。

「QV-10」がなければ、今のデジタルカメラの普及はなかったといえるだろう。それほどインパクトがある製品だった。

きたきつねの手元にはマイナーバージョン版の「QV-10A」しかないが、「QV-10」の発売直後に職場で購入して使っていた。

実用性という意味では、汎用品を使った非常に割り切りの良い設計と仕様の製品だと思う。

Casio_qv10_2

|

« SCOS:シュナイダー FAVE ボールペン | トップページ | SCOS:お得な芯ホールダーセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ「QV-10」が「未来技術遺産」に:

« SCOS:シュナイダー FAVE ボールペン | トップページ | SCOS:お得な芯ホールダーセット »