« テープディスペンサー「ノッチレス」 | トップページ | みちくさ市ブングテン9 »

2012年11月17日 (土)

メーカーとユーザーの間

朝日新聞の11月17日のBe on Saturdayのフロントランナーは、ハローキティー3代目デザイナーでサンリオ取締役の山口裕子さん。

山口さんは、人気が低迷していたハローキティーを押しも押されもしない大スターに成長させた「敏腕プロデューサー」だ。

サイン会を一千回以上開催している理由に答えて、次のように答えている。

 調査会社や社内のマーケッティン部署がどんなに頑張っても、データではとれない部分ってあるんです。例えば、ほんの少しの色が違うだけで、全く売れないことがある。答えはイエスかノーだけではないんです。サイン会では、新しいアイデアを見せたり、プランを話したりして、ファンの反応を見ます。

 全国にサンリオショップがあるんですけれど、売れ筋はどこの店も不思議と同じ。それはお客さんに一番見る目があるということなんです。いいものだから買う、欲しいものだから買う。だから、自分だけの世界に閉じこもっていてもわからない。デザイナーたちには「自分の欲しいものを作るな、とにかくみんなの意見を聞きなさいといっています。

メーカーが卸や小売店を相手に見本市や商談会をしているが、ユーザーとの対話をする機会が非常に少ないと思っている。

卸や小売店は、販売のプロかもしれないけれど、商品の実際に使うユーザーであることはすくない。それは、扱う商品は多岐にわたるので、全てを使うことができないからだ。

また、ユーザーが小売店に直接商品に関する感想を伝えることは少ないだろう。

ユーザーのマスは大きいので、色々な商品を実際に使っている人が必ず存在して、色々なアイデアを持っている人が必ずいるものだ。だから、それをくみ上げる場を考える必要があるだろう。

ISOTも、初期は一般公開日が設定されていて、メーカーと一般ユーザーが接する場があった。復活して欲しいものだ。

最近、関西では見本市を一般ユーザーにも公開する試みを始めているが、効果はどうなのだろう。

|

« テープディスペンサー「ノッチレス」 | トップページ | みちくさ市ブングテン9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メーカーとユーザーの間:

« テープディスペンサー「ノッチレス」 | トップページ | みちくさ市ブングテン9 »