« ダイソーのチタンコーティングのはさみ | トップページ | 綴りや文法を間違うと振動で教えてくれるペン »

2013年2月13日 (水)

前世紀のCM?

朝日新聞の天野祐吉さんのコラム「CM天気図」はいつも示唆に富んだ広告批評で勉強になる。

今日の「所さん VS. ザ・ビートル」も優れた広告について、「もともとすぐれた広告は、商品への批評を含んでいる」、「商品をろくに使いもせずにべたべたほめるだけの前世紀のCMはもういいよね、所さん」という文は、広告のポイントを示している。

ほめるだけなら、誰でもできる。口からでまかせ、適当でもいいのだ。

商品を少しでも良いものにしようとするなら、批判することも必要なのだ。メーカーも、口当たりの良いほめことばばかりではなく、批評に耳を傾けるべきだろう。

|

« ダイソーのチタンコーティングのはさみ | トップページ | 綴りや文法を間違うと振動で教えてくれるペン »

コメント

きたきつねさん
”ほめるだけなら誰でも出来る、口からでまかせでよいのだ”
その通りです。ネットではネガティブなことを書くのはマナー違反とされているようですが、名の知れた大手は、ネットを商売に利用しています。これが許されて、批判がダメというのは、本末転倒です。

投稿: かんてつ | 2013年2月14日 (木) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前世紀のCM?:

« ダイソーのチタンコーティングのはさみ | トップページ | 綴りや文法を間違うと振動で教えてくれるペン »