« グッとくる文房具 | トップページ | 中国・北京から見た日本の文房具 »

2013年3月25日 (月)

DIME5月号の付録の万年筆

Dime_fount_1

B級万年筆を集めているので、3月16日発売のDIME5月号に付録の万年筆が付いているというのは見逃すことはできない。

月刊化を記念しての企画ということで、特別定価680円だった。

見た目はいいし、ある程度の重さもある。胴とキャップはアルミだけれど、首軸はプラスチックの成型品で、金型の精度はそれほど良くない。といっても、値段が値段だけに、良く作ったといったところだろう。

ペン先はステンレスで、ペンポイントにインジウムが使われている訳はない。

Dime_fount_2

クリップにDIMEの文字が刻印されている。

Dime_fount_3

キャップをとるとレトロなペン先がでてくる。

Dime_fount_4

ペン先を見るとHEROの文字刻印されていて、中国のHERO(上海英雄金筆廠有限公司)の製品だった。

きたきつねのような年寄りには、HEROといえば1960年代にブレークしたパーカーのコピーの廉価万年筆を思い出す。

|

« グッとくる文房具 | トップページ | 中国・北京から見た日本の文房具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DIME5月号の付録の万年筆:

« グッとくる文房具 | トップページ | 中国・北京から見た日本の文房具 »