« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月28日 (水)

「書く・貼る・捺す・デジる」展2013

Kaku_haru_osu2013

有楽町の東京交通会館で開催された第9回「書く・貼る・捺す・デジる」展2013に行ってきた。早い時間だったので、入り口では、各社の幹部が出迎えていた。

昨年の第8回までは、「書く・貼る・捺す・綴じる」展だったけれど、今年から「綴じる」を「デジる」に変えて、デジタル文具を強く前に出してきたということになる。

キングジム、シヤチハタ、ゼブラ、ニチバン、ぺんてる、ヤマトの6社の合同開催する数少ないユーザーを対象にした展示会だ。ユーザーといっても、大手の販売店が招待状を配布した企業ユーザーが中心だ。

続きを読む "「書く・貼る・捺す・デジる」展2013"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

河口湖北原ミュージアムで文房具

Kitahara_van_1

河口湖にでかけたついでに、「開運!何でも鑑定団」でおもちゃの鑑定で有名になった北原照久氏のコレクションを展示している「河口湖北原ミュージアム」を見てきた。

展示を見ていたら、石津健介さんのVANのノベルティグッズの中に文房具が意外とあった。

VANの服は、きたきつねが高校生の時に流行ったけれど、貧乏な高校生には高嶺の花だったから、ノベルティグッズなどはもっと無縁だった。

続きを読む "河口湖北原ミュージアムで文房具"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

文具知識能力検定-第13回模擬試験開始

8月20日から文具屋さんドットコム主催の「文具知識能力検定第13回模擬試験」が始まった。

一般編問題と企業編問題の二分野での出題で、文房具の知識を確認するためと、文具知識能力検定本試験に向けての準備のために頑張ってみてはどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

「エアロフィット サクサ」vs「メガサク PRO」vs「フィットカーブ」

Saxa_fitcurve

「エアロフィット サクサ」、「メガサク PRO」、「フィットカーブ」のハサミを日常的に使って見ている。

この3種のハサミを良く見てみると、刃の角度が違っていることに気がついた。

「エアロフィット サクサ」の刃の角度は38.5度、「フィットカーブ」は45度、「メガサク PRO」は2段の刃付けになっていて、28.5度と44.5度になっている。

実際にものを切る刃の角度は、「フィットカーブ」と「メガサク PRO」はほぼ同じになっている。

続きを読む "「エアロフィット サクサ」vs「メガサク PRO」vs「フィットカーブ」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

Bun2 49

Bun2_49

文房具のフリーペーパーBun2は、電子書籍サイト「wook」でバックナンバーが配信されているので、最初の頃を知らなかった人やBun2空白の滋賀県などの人も読めるようになったのは非常に良い。

配信が遅いのが難点で、フリーペーパーだから発刊と同時に配信してもいいだろう。

今号の特集は、夏休みに合わせて「夏は文具で手作りホビー! !!」。本誌とは関係ないけれど、シヤチハタがどうして泥だんごなのかまだよく判らない。泥だんごは、制作キットを買わなければできない環境になってしまったということなのだろうか。今の子供はかわいそう。

消しゴムはんこの津久井智子さんもデビュー10周年になるらしい。ありが10感謝祭が開催されるらしい。

続きを読む "Bun2 49"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

国立歴史民族博物館の文房具の展示

Rekihaku_1

佐倉の国立歴史民族博物館にいったので、文房具の展示を探してみた。

13世紀の奈良時代の平安京で働いていた役人の使っていた文房具、筆、硯、墨、刀子。

紙は別として、この他、物差し、活字、寺子屋の文房具、版木くらいしかなかった。

続きを読む "国立歴史民族博物館の文房具の展示"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

三菱鉛筆「パワータンク スマート 0.7mm 細軸」

Powertank_spik_2

2009年11月に発売された三菱鉛筆「パワータンク スマート」のアルミ軸のハイグレードモデル「パワータンク スマート 0.7mm 細軸」をようやく買うことができた。

予想していた通りの製品だった。1,050円のクオリティーはない。多分、売れていないから、市場に出ている量が少ないので、買えなかったのだろう。

三菱鉛筆の加圧式油性ボールペンの「パワータンク」をどのようなコンセプトで作り、ターゲットがどこにあるのか理解できない。

続きを読む "三菱鉛筆「パワータンク スマート 0.7mm 細軸」"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2013年8月 8日 (木)

コクヨ「エアロフィット サクサ」

Kokuyo_airofit_saxa_1

7月下旬に新発売のコクヨのハサミ「AIRROFIT SAXA」が多慶屋にあったので買ってきた。

写真の下がスタンダード刃(315円)、上がグレース刃(420円)でさや付き。

このハサミの特徴は、刃と刃の角度が刃先にかけて徐々に広がる「ハイブリッドアーチ刃」で、刃先から軽い力で切ることができるということだ。

刃先で従来の4倍の切れ味で、段ボールから薄いポリフィルムまでまで楽に切ることができるということだ。

続きを読む "コクヨ「エアロフィット サクサ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

ワタシの一行付せん

Shinchoubunko_1

新潮社文庫の100冊の1冊を買うと、「ワタシの一行」という文字が印刷されたフィルムふせんが貰えるキャンペーン中。数量限定らしい。

ふと買ってしまった。

新潮社文庫の100冊を読んで、お気に入りの一行を投稿すると、その中から「ワタシの一行アワード」が選定されて、受賞者の方のイラストを描き、オリジナルの書籍帯をプレゼントしてもらえるらしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

きたきつねの文具館更新

ニチマの文具と事務機に連載していた「きたきつねの文具批評」が先月末に終了した。

2005年から100回の連載で、折角長期間書いたものなので、きたきつねの文具館で再録することにして、ようやく2007年までの分を掲載することができた。

できるだけ早く全部をアップしたいと思っている。作業しながら読み直していて、短いコラムだけれど、今も昔もブレていないことに安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

夏の文紙フェア2013:その他

残りはまとめて。

ビック

Big_2in1_bp

ここ数年、ビックが日本市場に力を入れているようだ。今回はネーミングの面白さで「ボールペン付きタッチペン」(497円)をピックアップした。

タッチペンのオマケにボールペンが付いているということで、あくまでもタッチペン。

日本理化学工業

Rika_folding_blackb

色々な家庭用の黒板を作っているけれど新製品は、黒板を二つ折りにした「ノート黒板」。

テーブルの上に立てて置くこともできて、喫茶店のメニューにも使えそう。

続きを読む "夏の文紙フェア2013:その他"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

夏の文紙フェア2013:オートの新製品

Ohto_sharp20

オートのブースで、興味を持ったのは、太軸の2mmシャープペンシル「木軸シャープ 消しゴム付2.0」(714円)と金属軸の水性ボールペン「マジェスティック(Majestic)」(1,050円)。

「木軸シャープ 消しゴム付2.0」は、消しゴム付き鉛筆をイメージして、太軸に仕上げたもので、書き味もいい。文字を書くというよりも、デザイン画やデッサンに向いているような感じがする。軸の色は6色で、黄色が一番鉛筆らしい。

軸が短いので、専用芯が用意されている。市販の芯ホールダー用の替芯は、切り縮めないとそのままでは使えない。好みの芯を使いたいときにはちょっと不便かな?

続きを読む "夏の文紙フェア2013:オートの新製品"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

夏の文紙フェア2013:北星鉛筆「消しゴム付き大人の鉛筆」

Kitabosi_otona_short

北星鉛筆の大人の鉛筆シリーズに、消しゴム付きの「大人の鉛筆に、消しゴム。」(819円)が増えた。軸が短めの三角軸になっている。

予備の消しゴムと芯削りがついたセットになったパッケージで販売予定らしい。

消しゴムを付けている部分は、「大人の鉛筆に、タッチペン。」と同じものを使っているので、消しゴムを外して、タッチペン用の替えフェルトを付けると、「大人の鉛筆に、タッチペン。ショート」になる。

続きを読む "夏の文紙フェア2013:北星鉛筆「消しゴム付き大人の鉛筆」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »