« おもしろ消しゴムの株式会社イワコーの工場見学 | トップページ | グッとくる文房具 2014 »

2013年11月17日 (日)

ブングテン13でワークショップ「テープ剥がし講座」

Bunguten13_1

雑司ヶ谷の鬼子母神近くの旧高田小学校で開催された「ブングテン13」に参加してワークショップ「テープ剥がし講座」を実施してきた。何度か、見にいったことはあるけれど、ワークショップを開催するのは初めて。

天気が良く暖かかったためか、雨の前回よりも参加者は少なかったらしい。

ワークショップは、「ペーパーナイフ PEEL & CUT」を使ったテープ剥がしのテクニック講座で、参加者の多くは満足してくれたようだ。

色々なテープ、シール、インデックスなどを貼ったシート、紙切り用の小冊子を入れてあるテープ付けした封筒を用意して、「ペーパーナイフ PEEL & CUT」で封筒のテープを剥がして、講座スタート。

素材、粘着剤の違う色々なテープを次々と剥がしていくと、スルリとテープが剥がれると「非常に気持ちがよい」という反応だった。

「ペーパーナイフ PEEL & CUT」でテープを剥がすことができるのを知らずに、紙切りだけに使っている人もいて、やはり使い方を知ってもらわなければ、売れない商品なのだと再確認。

定員は30名だったけれど、16名参加と適当な人数だったのではないかと思う。

 

Bunguten13_2

展示で参加していた中村文具店の中島さんのお母さんが、「ペーパーナイフ PEEL & CUT」の原型ともいうべき「アピールカッター」のファンで、今でも愛用されているということで、いまでも欲しいという人がいるらしい。

|

« おもしろ消しゴムの株式会社イワコーの工場見学 | トップページ | グッとくる文房具 2014 »

コメント

きたきつねさん、

レスありがとうございました。
粘着、接着の原理は諸論あって難しいですね。
とくに化学に疎い僕は、聞きかじりばかりです。

因みに、KGK/共同技研化学のHPはわかりやすかったです。

ニッケンのPEEL $ CUTの刃は細かいギザギザになっているのですか、、納得です。

投稿: かんてつ | 2013年11月19日 (火) 15時21分

かんてつさん

粘着でもセロテープやメンディンテープ以外は、時間が経つと剥がすのが難しくなります。テプラなどは、1年も経つと表面の透明テープしか剥がせません。

界面をギザギザにして、粘着面を少なくして粘着力を弱くしていることになります。

それには刃に細かくギザギザが付いています。

投稿: きたきつね | 2013年11月18日 (月) 21時31分

きたきつねさん、

剥がし、、確かにペーパーナイフの主用途のような気がしてきました。
接着は重合してしまうときれいに剥がせなくなりますが、粘着なら界面の濡れ(密着)を離してめくるようにする、
ということでしょうか、、

投稿: かんてつ | 2013年11月18日 (月) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブングテン13でワークショップ「テープ剥がし講座」:

« おもしろ消しゴムの株式会社イワコーの工場見学 | トップページ | グッとくる文房具 2014 »