« Bun2 51号 | トップページ | 「ペーパーナイフ PEEL & CUT」で段ボール箱を開ける »

2013年12月14日 (土)

トンボ鉛筆:ピット リトライ-C

Pit_retryc_0

エコプロダクツ2013の会場で、トンボ鉛筆のテープのり「PiT Retry-C」の実演をしていたので、見てきた。このテープのりは、貼ってから1分以内だと貼り直しができるというものだ。

のりの接着面に接着速度をコントロールできるバリア層を設けることで、貼付けて直ぐに強い接着力が出ないようになっている。

実際に使ってみると、のりが紙にしっかり着かないために、のり切れが非常に悪い。もちろん、最後にヘッドを押し付けて、横にピッと切ると奇麗にのりは切れる。でも、そのようなテクニックを誰もが使える訳でもない。

このテープのりの問題は、のり切れ以上に、形状の悪さだと思う。ヘッドは位置が非対称なのだけれど、本体が対象で、どちらを持てばのりを貼ることができるのかが迷ってしまう。

文字が印刷している方向だということだろうけれど、それは直感的にはわからない。

その点を、説明員に指摘すると、今回試した人の多くは、使う方向を迷っていたらしいし、その点についての指摘が多かったようだ。

設計者は、見た目や作り易さではなく、道具としてのルールを外さないようにしてほしいものだ。特に、一般の人が使うものは考えて欲しいものだ。

Pit_retryc_1

このテープのりの開発動機は、聞くところによると、小中学校でノートにプリントを貼ることが多く、水のりだと紙が奇麗に貼れないのでテープのりを使うのだけれど、貼り直しができないので、貼り直しのできるテープのりが欲しいという要望があったからということだ。

|

« Bun2 51号 | トップページ | 「ペーパーナイフ PEEL & CUT」で段ボール箱を開ける »

コメント

きたきつねさん、

私は、同時発売のピットパワーを試しましたが、こちらは従来から指摘されていた切れの悪さが、気にならない程度には改善されていました。
トンボは一時、のりを薄くして切れの悪さに対処する方向でしたが、フィラー含有に方針転換したようです。

またテープ送りのメカも満足できるものでしたが、形状の対称性によるわかりにくさは、特にリフィルを交換する際に気になりました。

使い勝手よりコンセプト、デザインが優先されるのは、最近、色んなところで目につきます。
トンボの場合、液体のりも同形状で、シリーズとしての統一感(アイデンティティ)を訴えたかったのでしょうが、道具の本質を外しては本末転倒ですね。

投稿: かんてつ | 2013年12月15日 (日) 04時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンボ鉛筆:ピット リトライ-C:

« Bun2 51号 | トップページ | 「ペーパーナイフ PEEL & CUT」で段ボール箱を開ける »