google.com, pub-7269144570220091, DIRECT, f08c47fec0942fa0 Bun2 51号: きたきつねの文房具日記

« 故紙を処理できる小型製紙装置 | トップページ | トンボ鉛筆:ピット リトライ-C »

2013年12月13日 (金)

Bun2 51号

Bun2_51

田舎に引きこもっていると、Bun2をおいているところが近くにないので、発行日に入手するのは困難だ。ようやく、東京に出たついでに、秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの有隣堂で貰ってきた。

今号は、50号で募集のあった読者の投票によるベスト文具30とBun2大賞の発表。

大賞は、ニチバンの「tenori はんこのり」、準大賞はコクヨの「エアロフィットサクサ」、3位はシャチハタの「シクオス」となっている。

残りの4位から30位までを見て、きたきつねの予想と随分と違うのもたのしい。ブングジャムが大賞について語っているが、これもまたきたきつねと視点が違っていて面白かった。

ISOT2013でもステーショナリー・オブ・ザ・イヤーを選んでいるけれど、選考対象の範囲が狭いので、Bun2大賞が真のステーショナリー・オブ・ザ・イヤーではないだろうか。

|

« 故紙を処理できる小型製紙装置 | トップページ | トンボ鉛筆:ピット リトライ-C »

コメント

きたきつねさん、

こういう受けねらいだけのあざといものは買わないほうが正解です。僕は職業柄チェックしましが、、
他のブログでも指摘されていましたが、連続転写の不完全さとは別に、のりのついたテープを無駄に巻き込んでしまうのも??

Loftだかハンズだかの商品陳列棚で”話題品”のタグがつけられていましたが、その後、先達のコクヨのドットライナースタンプにも付けられていました(笑)

投稿: かんてつ | 2013年12月15日 (日) 15時24分

かんてつさん

わたしはこのテープのりは最初から買いもしませんでしたので、使ったことはありません。

投稿: きたきつね | 2013年12月14日 (土) 22時38分

きたきつねさん、

コメント、やっぱり書きコします。
1位のはんこのり、これネーミングが全て。
連続転写ではまともに使いきれません。
テープ事業部のマネージャーが
”試作を何千台も作って、、”と豪語しているのをみて、
企業体質は相変わらず(というか酷くなっている)
と感じました。

投稿: かんてつ | 2013年12月14日 (土) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bun2 51号:

« 故紙を処理できる小型製紙装置 | トップページ | トンボ鉛筆:ピット リトライ-C »