« 「PRIME TIME」オリジナル万年筆 | トップページ | 銀座に赤いクリップが戻ってきた »

2015年6月15日 (月)

STEADTLER:マルスプラスチック販売50周年を記念モデル

Steadtler50

偶然、千葉ニュータウンのジョイフル2の近くを通ったので、初めてだったので寄ってみた。話に聞いていたが、広いので驚いた。売り場面積が、いつも買い物にいくジョイフル2荒川沖店の軽く2倍以上あるようだ。

文房具ばかりではないけれど、見て回るだけで大変だった。

記念に、ステッドラーの「マルスプラスチック販売50周年を記念モデル」と「ステッドラーシャープナー 限定ゴールド」を買ってきた。

ステッドラーのマルスプラスチックが発売になって50年になるということは、きたきつねは50年近く使ってきたということになる。

マルスプラスチックは、よく消えて、軟化剤が良いのでケーシングなしでもプラスチックや塗料を溶かすことがほとんど無いので、お気に入りでつかってきた。

それと、マルスプラスチックの硬さが、消しゴムはんこにちょうど良かったので、消しゴムはんこを彫るのにも使っていた。確か、故ナンシー関さんも初期はマルスプラスチックを使っていたのではないだろうか。

|

« 「PRIME TIME」オリジナル万年筆 | トップページ | 銀座に赤いクリップが戻ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STEADTLER:マルスプラスチック販売50周年を記念モデル:

« 「PRIME TIME」オリジナル万年筆 | トップページ | 銀座に赤いクリップが戻ってきた »