« 測量野帳を木目の表紙にしてみた | トップページ | 廉価版ヨーロッパスタンダードのコンバーター »

2015年10月22日 (木)

補修補強テープ フィルムプラストP

Filimoplast_p

最近、まごぎつねが図鑑を見るようになって、何度も繰り返し見るので、折り返しの部分が破けるので、補修が多くなってきた。

10年以上前からつかってきた補修補強テープのフィルムルックス「フィルムプラストP(Filimoplast P)」をとうとう使いきってしまった。

急いでAmazonに頼んで、今日届いた。これでまた10年以上は使えるだろう。

補修補強テープとしては、3Mのスコッチ メンディングテープがあるけれど、アセテート・フィルムを使っている紙の破れの補修用で厚さ(58マイクロメートル)があるので、本のように何度も開いたり閉じたりする用途では、切れてしまう。

その点、フィルムプラストPは紙ベースで、薄く(23マイクロメートル)透明なので、書籍の補修や補強に向いていると思う。ただ、値段がメンディングテープの4倍くらいするのが難点だろう。

|

« 測量野帳を木目の表紙にしてみた | トップページ | 廉価版ヨーロッパスタンダードのコンバーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 補修補強テープ フィルムプラストP:

« 測量野帳を木目の表紙にしてみた | トップページ | 廉価版ヨーロッパスタンダードのコンバーター »