google.com, pub-7269144570220091, DIRECT, f08c47fec0942fa0 廉価版ヨーロッパスタンダードのコンバーター: きたきつねの文房具日記

« 補修補強テープ フィルムプラストP | トップページ | ナカバヤシの鉛筆削り「楽らっち6」 »

2015年10月23日 (金)

廉価版ヨーロッパスタンダードのコンバーター

Eu_st_converter_4

FBにAmazonでヨーロッパスタンダードの万年筆用のコンバーターが10本送料無料で350円で売られているというのが紹介されていた。

雑誌の付録の万年筆やヨーロッパ製の学童用の廉価版万年筆に使うのにいいかと思い、早速注文してみた。

注文した次の日に発送の連絡があり、4日目に中国の東莞市から航空便で届いた。申告書には1.46USドル(約177円)とあって、中国から小形包装物の航空便は14人民元(約245円)だから、儲けは約422円になるようだ。

封書の航空郵便だと20gまで5人民元なのにわざわざ小形包装物というのも不思議だ。

以前、AcerのノートPCの電源コネクターを修理するのに65円(送料無料)でAmazonから買ったことがある。その時は船便だったけれど、どういうシステムなのか不思議だ。

Eu_st_converter_1

プチプチ付き封筒の中からポリ袋に入ったコンバーターがでてきた。

Eu_st_converter_2

確かに10本あって、総プラだけれど、粗悪な感じは全く無い。

Eu_st_converter_3

万年筆にコンバーターを差し込んでみたが、きっちりと嵌った。もちろん、万年筆との相性があるかもしれない。

Eu_st_converter_6

コンバーターの中にはガラスの玉が入っていて、インクが内部の壁に残らないようになっているようだ。

Eu_st_converter_5

インクの代わりに水を入れてみたところ、玉がある分空気が残る。インクの量が少なくなるけれど、無くなれば入れればいいだけだろう。

Eu_st_converter_7

セーラー万年筆のコンバーターには、金属製の樽状のパーツが入っているものもある。

Eu_st_converter_8

|

« 補修補強テープ フィルムプラストP | トップページ | ナカバヤシの鉛筆削り「楽らっち6」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廉価版ヨーロッパスタンダードのコンバーター:

« 補修補強テープ フィルムプラストP | トップページ | ナカバヤシの鉛筆削り「楽らっち6」 »