google.com, pub-7269144570220091, DIRECT, f08c47fec0942fa0 SCOSでペンを買ってきた: きたきつねの文房具日記

« ダイソー:針のいらないステープラー | トップページ | uni PowerTank smartにストラップを付ける »

2015年11月11日 (水)

SCOSでペンを買ってきた

Scos2015_nov_1

久しぶりに東京に出掛けたので、帰りに本郷三丁目のSCOSに行ってきた。新製品がたくさん入荷していた。

欲しいものは沢山あったけれど、厳選して筆記具を8本買ってきた。

STEADLERの廃番のシャープペンシルMARS777 05SKP50があった。現在MARS777シリーズには消しゴムがついているシャープペンシルはない。これはちょっと掘り出し物だ。

Scos2015_nov_2

スペインのLiderpapelの2.0 mmシャープは、低価格の商品だ。どこかで見たことのあるシャープペンシルだと思ったので、記憶を辿ってみると、「ダイソー:ノック式色えんぴつ10色」と同じもののようだ。中国製恐るべし。

Scos2015_nov_3

エンドキャップに芯削りがついている。

Scos2015_nov_4

ドイツのSchneiderのFaveは、以前にも買った油性ボールペンで、替芯にSchneiderの替芯の他パーカーのボールペンと同じもの(ISO 12757-2)が使えるという面白いものだ。

Scos2015_nov_5

国産だとOHTOのプラ軸のNo.P80-07NPやPG-805NPPが使える。

Scos2015_nov_6

きたきつねは廉価版の万年筆を集めていてSCOSにはヨーロッパの学童用や学生用の万年筆が沢山あって全部欲しいのだけれど、デザインに奇妙なものが多いのが難点だ。

どうも日本人の美意識とかけ離れているような印象だ。

Scos2015_nov_7

ペンのグリップは三角形で正しい持ち方ができるようにエルゴノミックデザインになっている。ペン先は、もちろん鉄ペンだ。

Scos2015_nov_8

Schneiderの水性ボールペンOne Hybrid Cは顔料インクを使っていて耐水性になっている。

Scos2015_nov_9

軸の太さが11.4mmでグリップが10mmときたきつねにベストフィットだ。

Scos2015_nov_10

|

« ダイソー:針のいらないステープラー | トップページ | uni PowerTank smartにストラップを付ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SCOSでペンを買ってきた:

« ダイソー:針のいらないステープラー | トップページ | uni PowerTank smartにストラップを付ける »