« SERIA:髪留めゴム | トップページ | DAISO:ペットボトル取り付け鉛筆削り »

2016年5月12日 (木)

たいみち「古き良きアンティーク文房具の世界」

古文具コレクターのたいみちさんのコレクションの一部を紹介した「古き良きアンティーク文房具の世界: 明治・大正・昭和の文具デザインとその魅力」が5月9日に発売された。

早速、入手して読んでみた。きたきつねは自分と同時代の文房具に興味をもっていて、それ以前の文房具はまじめに集めようと思ったことがないので、随分昔の文房具が今でも手に入るものだと感心してしまった。

読み終わって、もちろん現在は使われていない文房具はあるけれど、多くの文房具が素材、機構の改良などはあるけれど、基本は大きく変わっていない。

当たり前だけれど、鉛筆のように全く変わらないものもある。

きたきつねは以前からたいみちさんのコレクションの中でステープラーと鉛筆削りは素晴らしいと思っていて、この本にも収録されていた。

中でもワイヤー式とムカデ針のステープラーは凄い!

巻末に古文具を扱っているお店と骨董市などの情報もあるので、古文具に興味のある人にはありがたいだろう。

|

« SERIA:髪留めゴム | トップページ | DAISO:ペットボトル取り付け鉛筆削り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たいみち「古き良きアンティーク文房具の世界」:

« SERIA:髪留めゴム | トップページ | DAISO:ペットボトル取り付け鉛筆削り »