« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月29日 (水)

最近のお買い物

Shimojima201606_1

先週東京に出たついでに寄った浅草橋のシモジマ本店でいくつか気になったものを買ってきた。

ノートは、コクヨの「大人向けキャンパスノート」の「方眼罫」と新発売の「ドット入り罫線」。「無地」も新製品だけれど、現時点で使わないのでパス。いずれもA5サイズ。

表紙が落ち着いた感じでいい感じ。確かに大人向けだ。

戦前は日本でも大学の授業ノートをカバーノートに清書していたのに、その習慣が全くなくなってしまったのはどうしてなのか以前から考えているけれど分からない。謎だ。

続きを読む "最近のお買い物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

ZEBRA:サラサ ドライ(SARASA dry)

Sarasa_dry_1

ゼブラのゲルボールペンのサラサに超速乾性インクの「サラサ ドライ」が加わった。

「書いて直ぐ触れても汚れない」というキャッチフレーズなので、先日入手した三菱鉛筆の「シグノ 307」と比較してみた。

同じボール径の「サラサ ドライ」と「シグノ 307」で同時に線を引いて、直後に線の上を指でこすってみた。「サラサ ドライ」のほうが早く触っているのに、「シグノ 307」の方の線に汚れがでた。

新しいインクは、紙に浸透し易くなる成分が添加されているらしい。

続きを読む "ZEBRA:サラサ ドライ(SARASA dry)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

きだてたく著「日本懐かし文房具大全」

辰巳出版から文房具ライターのきだてたく氏の「日本懐かし文房具大全」というムックが6月11日に発売された。予約しておいた本が今日届いた。

辰巳出版というのは「日本懐かし○○大全」という昭和のモノを集めたムックをシーリズ化していいるらしく、「日本懐かし文房具大全」はそのシリーズの最新刊になる。

収録された文房具類は、古いものもあるけれど、団塊ジュニア世代の著者のきだて氏が懐かしと思っているものが集められている。

現在40歳代のひとたちにとってノスタルジーを感じる内容といっても良いかもしれない。

より若い人たちにとっては、「へー」といことで、現在も売られている息の長い製品もあることにも驚くことだろう。

 

続きを読む "きだてたく著「日本懐かし文房具大全」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

3M:机deスプレー

3m_spray_de_1

3Mにスプレーのりの55や77を塗布する時に使うスプレーブースという製品がある。これはもうずい分昔からある製品で、オフィスなどの室内でA4サイズまでの紙の裏にスプレーのりを塗布する時に使うことができるものだ。

内部にハニカムのシートが入っていて、余分なのりが周囲に飛散しないような構造になっている。

そのスプレーブースを小型にして、机の上で小物にスプレーのりを塗布するために作られたのが「机deスプレー」というA4サイズのスプレーブースだった。少なくとも15年以上前に発売された製品だと思われる。

本棚を整理していたら、この「机deスプレー」がでてきた。発売後短期間で廃番になってしまったと記憶している。持っているひとはそれほど多くないのではないだろうか。

続きを読む "3M:机deスプレー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

バッテリーにポリ袋

Battery_cover

きたきつねはデジカメを複数台使っていて、バッテリーも多い。

撮影している途中でバッテリーがなくなると困るので、交換用のバッテリーを持って歩いていて、水没や雨で濡れる心配があるので、ジップ付きのポリ袋に入れている。

冷房が効いた部屋から湿度の高い屋外にでたり、寒い季節に屋外から室内入った時には結露することもあるので、こちらも用心が必要だ。

もちろんカメラの濡れ対策に、ポリ袋を持って歩くのは必須だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

uni POWER TANK Smartにストラップを付ける

Power_tank_strap_4

三菱鉛筆の加圧式ボールペン「パワータンク」シリーズはアウトドアでの利用を考えていないのでストラップを付けるようになっていない。

これまでも「パワータンク スタンダード」にOリングを使ってストラップを付けたり、紫外線硬化樹脂でストラップホールを作ったりしてきた。

今回は「パワータンク スマート」にもっと簡単にストラップを付けることにした。クリップに穴をあけてしまうという安易な方法だ。

用意するのは「パワータンク スマート」、ストラップ、2.0 mmのドリルだ。ストラップとドリルはダイソーで買ってきた。

続きを読む "uni POWER TANK Smartにストラップを付ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

三菱鉛筆:ユニボール シグノ 307

Uni_signo307_1

「伊勢志摩サミット」でG7首脳・代表団をはじめとした世界各国のサミット来訪者に提供されて話題になった三菱鉛筆の「ユニボール シグノ 307」が発売された。

「ユニボール シグノ 307」は、昨年の秋から欧米で先行発売されていて、随分遅れての国内販売だった。

昨年11月に発売された「ユニボール エア」と同じナノセルロースファイバーをインクの増粘剤として利用した速書きに対応した滑らかな書き味にしたということだ。

続きを読む "三菱鉛筆:ユニボール シグノ 307"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

DAISO:静電気でつくふせん

Daiso_seidenfusen_1

ダイソーの新製品の「静電気でつくふせん」を買ってきた。

昨年のISOT2015で、文具大賞をとったmagneticの「魔法のふせん」など何種類かの静電吸着をつかった付せんが紹介されていたけれど、文具店の店頭であまり見ないので、普及に時間がかかっているのかと思っていた。

100円ショップのダイソーで売りだされたということは、売れ筋になってきたということなのだろうか。

それにしてもmagneticの「魔法のふせん」がMサイズ100枚が864円というのは随分強気だ。

続きを読む "DAISO:静電気でつくふせん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

「REPORTER 4」のクリップが壊れた

Repair_reporter_1

愛用のトンボの4色ボールペン「REPORTER 4」のクリップが壊れた。

筆箱採集帳 増補・新装版にも掲載れているように、きたきつねは筆箱としてこの4色ボールペン「REPORTER 4」を使っている。それも緑の部分にパイロットのコレトのシャープ・メカを加工して入れていて、黒、赤、青、シャープになっている。

クリップの着いた部分が割れていた。長年の使用で歪がたまったのだろう。

クリップの部分のピンを外してみると、バラバラになっていて、紫外線硬化樹脂のBONDICで修理しようとしたが上手く接着できなかった。

続きを読む "「REPORTER 4」のクリップが壊れた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »