« ISOT2016全体の印象 | トップページ | EPOCH CEMICAL「ラップに書けるペン」 »

2016年7月14日 (木)

ISOT2016:鉛筆彫刻家の山崎利幸さん

Isot2016_yamaz_1

文房具屋さんドットコムのブースでは、鉛筆彫刻家の「けずらー・っ・つーこんずら」の山崎利幸さんの実演がおこなわれていた。

以前から作品を見て凄いと思っていたが、実際に制作過程を見るとさらに凄さが実感できた。

アートナイフの刃や木綿針を加工した道具も使って、簡単そうに鉛筆の芯を削っていくのだけれど、とんでもない集中力が必要なのだろう。

NTやオルファのどちらかのナイフメーカーが後援するといい宣伝になると思うのだけれど、日本のメーカーは意外と動きが悪いだろう。

Isot2016_yamaz_2

|

« ISOT2016全体の印象 | トップページ | EPOCH CEMICAL「ラップに書けるペン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISOT2016:鉛筆彫刻家の山崎利幸さん:

« ISOT2016全体の印象 | トップページ | EPOCH CEMICAL「ラップに書けるペン」 »