« 100円ショップの文房具考 | トップページ | 文房具レスキュー:uni クルトガ0.3 »

2016年10月 8日 (土)

漫画家浦沢直樹さんのシャープペンシル

漫画家の浦沢直樹さんが企画したNHKのEテレの番組「浦沢直樹の漫勉」は、現役の漫画家の仕事場での制作の様子を紹介して、その後、技術や考え方について対談するというもので、非常に面白いし、制作に使う道具類も興味深い。

10月6日の放送は言い出しっぺの浦沢直樹さんの回だった。最初にでてくる筆記具はシャープペンシルで「ステッドラー 925」の0.7 mm。描線速度を見ていて、芯はBか2Bではないだろうか。

ペンは付けペンのカブラペンと丸ペンで軸はわからない。修正インクはライオンの「ミスノン」だろう、消しゴムはトンボの「MONO」。

その他、修正インクの上に書き込む当たりの線は、青色のシャープを使っていた。青色のシャープ芯は、パイロットの「カラーイーノ」のライトブルーのような気がする。

ちなみに、先週の高橋ツトムさんの使っていたボールペンは、ぺんてるの「ハイブリッド」、筆ペン、修正ペンはコクヨらしい。

シャープペンシルはメーカー不明の0.5mmで、グリップは別のものを着けているようだ。一見すると、パイロットの「ドクターグリップ」に似ているのだけれど、違っていて、何処かで見たことがあるのだけれど思いさせない。

NHKのサイトに他の漫画家の仕事風景があって、それぞれ使っている道具にこだわりがあるのがわかる。

|

« 100円ショップの文房具考 | トップページ | 文房具レスキュー:uni クルトガ0.3 »

コメント

戌さん

ピンポンです。ありがとうございました。

ブラのフルストは候補に入れたのですが、高橋ツトムさんシャーペンには文字が印刷されてなかったので、?にしました。

NHKだから印刷を消したのでしょうかね。

投稿: きたきつね | 2016年11月 4日 (金) 22時07分

本体はゼブラのフルスト(ライトブルー)ではないでしょうか

投稿: 戌 | 2016年11月 4日 (金) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/64313494

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画家浦沢直樹さんのシャープペンシル:

« 100円ショップの文房具考 | トップページ | 文房具レスキュー:uni クルトガ0.3 »