« 無料Webマガジン「文具のとびら」 | トップページ | Seria:リメークシート 宇宙柄 »

2017年4月26日 (水)

uni KURUTOGA ADVANCE

Uni_adovance_1

最近、100円ショップばかりで買い物しているので久しぶりに文具店でシャープペンシルと油性ボールペンのリフィルを買ってきた。

油性ボールペンのリフィルは常備している「uni POWER TANK」の黒の0.7 mm。シャープペンシルは、3月下旬に新発売の「uni KURUTOGA アドバンス(ADVANCE)」。

「uni KURUTOGA ADVANCE」は、従来の「uni KURUTOGA」のデザインと機能を強化したもののようだ。

Uni_adovance_2

軸のデザインを大人の感じに、クリップと天冠を金属に変更し、クルトガエンジン全体を黒にして目立たなくしている。

デザイン的には、「uni KURUTOGA ハイグレード」よりも、高級感があるように感じる。

Uni_adovance_3

クルトガエンジンは、これまでの40タッチで1回転していたものを20タッチで1回転と2倍の速度で芯が尖ることになるらしい。

ペン先は「uni KURUTOGA パイプスライドモデル」と同じ構造で、芯を保護して、1回のノックで書ける文字数が多くなるようになっている。

口金を金属にしていて、クリップを金属にしたこことと合わせて、全体の重さがパイプスライドモデルは6.0グラム、アドバンスが7.9グラムと2グラムほど重くなっている。

Uni_adovance_4

クリップは、金属製のクリップを採用していて、バネも強くなっている。三菱鉛筆の筆記具全般にクリップのデザインと強度が物足りないのだけれど、改善されたということだろう。

Uni_adovance_5

クリップの構造が、どこかで見たことがあると思ったら廃番になった金属軸のパワータンクと同じだった。

Uni_adovance_6

天冠には、誤飲による窒息防止用の穴があいているけれど、見た目が良くない。

Uni_adovance_7

クルトガの効果

|

« 無料Webマガジン「文具のとびら」 | トップページ | Seria:リメークシート 宇宙柄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65201484

この記事へのトラックバック一覧です: uni KURUTOGA ADVANCE:

« 無料Webマガジン「文具のとびら」 | トップページ | Seria:リメークシート 宇宙柄 »