« 知的生産の技術ブームの落とし子:B5三分割カード | トップページ | MonoMax創刊10周年記念号特別付録のCOACH万年筆&ボールペン »

2017年12月 9日 (土)

サライ2018年1月号の付録の太軸万年筆

Serai_2018_fp_1

今日発売の2018年1月号のサライに特別付録で「北斎ブルーの太軸万年筆」が付いていたので買ってきた。

きたきつねの持っているサライの付録の万年筆は、2012年2014年に続いて三本目になる。

今回の万年筆は、軸の色を葛飾北斎の「甲州石班澤」に使った「ベロ藍」を再現したということだ。

中国製の金属軸で、太軸ということで直径12.2mm、重量はインクカートリッジ無しで16.7グラムだった。インクカートリッジは、ヨーロッパタイプの黒が一本付属していた。

Serai_2018_fp_2

ペン先はスチールで、ペンポイントもスチールのままのようだ。

Serai_2018_fp_3

軸には北斎の「新形小紋帳」から麻の葉柄がデザインされている。

Serai_2018_fp_4

|

« 知的生産の技術ブームの落とし子:B5三分割カード | トップページ | MonoMax創刊10周年記念号特別付録のCOACH万年筆&ボールペン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サライ2018年1月号の付録の太軸万年筆:

« 知的生産の技術ブームの落とし子:B5三分割カード | トップページ | MonoMax創刊10周年記念号特別付録のCOACH万年筆&ボールペン »