« サライ2018年1月号の付録の太軸万年筆 | トップページ | MAXの中とじ用のホッチキスとステンレスの10号針 »

2017年12月10日 (日)

MonoMax創刊10周年記念号特別付録のCOACH万年筆&ボールペン

Monomax_coach_pen_1

昨日12月9日発売のMonoMax1月号は創刊10周年記念号ということで、COACH万年筆&ボールペンが特別付録になっていた。

万年筆とボールペンは、ブランドの印刷されたカンペン・ケースに入っていた。ケースの蓋と本体の色が万年筆とボールペンの軸の色と合わせてある。

万年筆は、中国製の金属軸で、直径11.6mm(実測)、重量はインクカートリッジ無しで22.6グラムと重目となっている。クリップ、軸の仕上げは高級感がある。

材料は、アルミ、銅、スチール、ABS、PVCと記載されている。インクカートリッジは、ヨーロッパタイプの黒が2本付属している。

Monomax_coach_pen_2

Monomax_coach_pen_3

ペン先はスチールで、刻印もなにもない平滑なもので、ペンポイントもスチールのままのようだ。

Monomax_coach_pen_4

ボールペンは、水性ボールペンで、万年筆と同様に直径11.6mm(実測)の金属軸となっている。重量はレフィル込でで21.9グラムと重目となっている。

口金は金属だけれど、首軸はABS樹脂製となっている。この種の万年筆の書き味などを議論する余地はないだろう。

Monomax_coach_pen_5

Monomax_coach_pen_6

ボールペンは水性で、レフィルはJIS規格の金属軸になっていて、コクヨのエラベルノと三菱ユニのシグのレフィルと互換性がある。

他のメーカーのゲル、水性のレフィルは完全に互換にはならない。

Monomax_coach_pen_7

|

« サライ2018年1月号の付録の太軸万年筆 | トップページ | MAXの中とじ用のホッチキスとステンレスの10号針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MonoMax創刊10周年記念号特別付録のCOACH万年筆&ボールペン:

« サライ2018年1月号の付録の太軸万年筆 | トップページ | MAXの中とじ用のホッチキスとステンレスの10号針 »