google.com, pub-7269144570220091, DIRECT, f08c47fec0942fa0 くるみボタンセットでマグネットを作る: きたきつねの文房具日記

« オートのリバティーにジェットストリームのレフィルを入れる | トップページ | 2017年Bun2大賞 »

2017年12月 1日 (金)

くるみボタンセットでマグネットを作る

Magnet_buttom_1

ダイソーの手芸コーナーを見ていたら「製作キット付き くるみボタン」があった。これを使うとマグネットやバッジが作れるのではないかと思った。

マグネットはたくさん持っているので、「製作キット付き くるみボタン」、「はぎれ 手作り布用」、「アイロンプリントペーパー」を買ってきた。

「製作キット付き くるみボタン」は、くるみボタンが8セット、打ち具、打ち具台、型紙がセットされていた。

「アイロンプリントペーパー」は、インクジェット用のハガキサイズのアイロンプリント用紙5枚と仕上げ用紙が入っていた。

Magnet_buttom_2

マークをボタンの真ん中に入れる場合は、一番長い部分を38mm以内の適当な大きさで作り、ハガキサイズの原稿に配置すれば良い。写真などを40mm角か丸に作って原稿に配置すればよい。

アイロンプリント用紙は裏返しで使うので、印刷は、鏡像印刷(反転印刷)を選択して実行する。

Magnet_buttom_3

印刷したマークなどは外側を切り抜いて、型紙で布に印を付けて丸く切っておいた布の上に裏返しに置いて、高温のアイロンで押し付ける。

Magnet_buttom_4

十分冷えてから、用紙の裏紙を剥がして準備完了。

Magnet_buttom_5

くるみボタンにする時は、裏に使うパーツはそのままで良いけれど、マグネットにするので金具を外しておく。

Magnet_buttom_6

打ち具台にボタンのパーツに布をかぶせてセットして、裏に使うパーツを打ち具で押し込んで完成。

Magnet_buttom_7

両面テープでマグネットを固定して、くるみボタン風マグネットが完成した。

マグネットの代わりに安全ピンを取り付ければバッジを作ることができる。

|

« オートのリバティーにジェットストリームのレフィルを入れる | トップページ | 2017年Bun2大賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くるみボタンセットでマグネットを作る:

« オートのリバティーにジェットストリームのレフィルを入れる | トップページ | 2017年Bun2大賞 »