« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月29日 (土)

SERIA:塗装ベースと塗装クリップ

Seria_paint_tool_1

セリアを含め100円ショプは何があるかを何時も見ていないと気が付かないうちに面白い商品が増えていて驚いてしまう。

今回見つけたのは「塗装ベース」と「塗装クリップ」だ。「塗装ベース」と「塗装クリップ」はプラスチックモデルや紙粘土細工などを着色するときに使うと便利な道具だ。

きたきつねはクラフト好きなので細かなものにアクリル絵の具で色を塗るときに似たものを使っているけれど、この「塗装ベース」と「塗装クリップ」は安くて、使い勝手も良い。

使い方は、「塗装クリップ」を「塗装ベース」に差し込んで使う。

続きを読む "SERIA:塗装ベースと塗装クリップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

ダイソーの5円コピーがリニューアル

Daiso_copy_1_2

週に二度はダイソーに行っているのに、コピー機が新しくなったのに気が付かなかった。ダイソー産業のサイトには、コピー機についての情報がこれまでと同様見つからない。

前はコピー機能だけだったけれど、新しいコピー機はRICHOのマルチコピー機になった。これは店舗向けマルチコピーサービス専用デジタルフルカラー複合機RICOH MP C3004MCらしい。

RICOH MP C3004MCとすると、ミニストップに置いてあるデジタルフルカラー複合機と同じもののようだ。

サービスは、コピー、プリント、フォト・プリント、スキャン、FAXが可能で、行政サービス、コンテンツ・サービスは準備中らしい。

プリント機能は、USBやインターネットプリントができるようだ。

フォト・プリントは、街角のプリント機と同様に、SDカード等のメディアやケーブル接続できるようになっている。

続きを読む "ダイソーの5円コピーがリニューアル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

MonoMaster創刊【特別付録】アクアスキュータム高級万年筆&ノート

Mono_master_aqua_fp_1

50代以上の世代向けのモノ雑誌として創刊されたMonoMaster11月号にAQUASCUTUMの万年筆とノートが付録についているというので買ってきた。

これまでモノ系の雑誌は30代から40代の比較的若い世代向けのものがあったけれど、社会の高齢化に合わせた新雑誌ということのようだ。

万年筆は、長さ14.2cm、軸径1.3cm金属軸のもので、重さはカートリッジを入れない状態で18.9gとなっている。色はちょっと暗めのネービーだ。

天冠、クリップ、ペン先など金属パーツは一応金メッキされているようだ。

インクは黒のヨーロッパスタンダードのカートリッジが2本付属している。

続きを読む "MonoMaster創刊【特別付録】アクアスキュータム高級万年筆&ノート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

クロスワード・パズルの回答に使うボールペン

Frixion_re_cross

きたきつねはクロスワード・パズルが好きで、雑誌の後ろのページや新聞などのクロスワード・パズルを楽しみにしている。

以前はボールペンで回答を書き込んでいたので、間違いを訂正するととても汚くなっていたが、こすると消えるボールペンができてからは、回答が綺麗になった。

鉛筆と消しゴムという方法もあるけれど、消しゴムのケシカスの処理を考えるとボールペンになる。

パイロットのFRIXION BALLに比べると筆記線の濃さが三菱鉛筆のuniball R:Eとではもう一息という感じがする。

続きを読む "クロスワード・パズルの回答に使うボールペン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

SERIA:シリコンマット

Seria_si_mat_1

セリアのUVレジンのコーナーにシリコンマットがあったので、透明と黒を買ってきた。

シリコンマットは、100mm角で厚さ1mmの大きさで、UVレジン、ホットメルト、接着剤などが固着しない特性を利用して、型を使わない造形に使われる。ネイルのデカール作りにも使われるようだ。

透明は、下絵を使う時に便利だし、黒は細かなパーツが見やすい。

シリコンマットを直接カットして滑り止めや瓶の蓋のパッキンを作ることもできる。

続きを読む "SERIA:シリコンマット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

SERIA:プラスチック・ピンセット

Seria_pla_twizer_1

100円ショップのセリアは、ホビーやクラフト関連の道具や素材に力が入っているようで、次々と新しい商品が店頭に出てくる。

DIYのコーナーに「プラスチック・ピンセット」があった。プラスチック・ピンセットは、柔らかいものや傷を付けたくないもの、ボタン電池の交換など、金属のピンセットが使えない場面に使える。

プラスチック・ピンセットは強度のあるポリカーボネート樹脂製で、細かな作業用の先細と板状のものをつかむ幅広の二種類がセットになっている。

続きを読む "SERIA:プラスチック・ピンセット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

DAISO:ペットボトルえんぴつ削り うさちゃん

Daiso_pet_sharp_1

シヤチハタのペットボトルに付ける鉛筆削り「ケズリキャップ」が発売になって以来、他社から類似製品が出てきて、その後100円ショップにも多様な製品が発売されている。

それからペットボトルに付ける鉛筆削りを見つけるたびに集めている。

先日もダイソーで「ペットボトルえんぴつ削り うさちゃん」を見つけて買ってきた。

うさぎの持っているイチゴが蓋になっていて、蓋をあけると鉛筆を入れる穴があいている。

続きを読む "DAISO:ペットボトルえんぴつ削り うさちゃん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

GiftShow2018秋:小屋女子diyカフェ「デザイン養生テープ(yojo tape)」

Giftshow2018s_yojo_1

去年のギフトショー2017春で見つけた「デザイン養生テープ(yojo tape)」にラッピングに使える新柄の「ラッピングYOJOTAPE」を紹介していた。

「デザイン養生テープ(yojo tape)」は、建築現場で塗装やコーキングに使われていたマスキングテープが綺麗な多色刷りの柄を印刷して大ヒットしたのを受けて、引っ越しの時や工事現場で壁や柱を汚さないように使うシートや保護材を仮止めする養生テープにいろいろな柄を印刷したものになる。

養生テープは、マスキングテープのように粘着力が弱いポリエチレンクロステープで、手で切れる、きれいに剥がせる、水に強いという特徴がある。

「デザイン養生テープ」は面白い商品だと思っていたけれど、発売後2年近くなるのに予想よりも普及が進んでいないようだ。

続きを読む "GiftShow2018秋:小屋女子diyカフェ「デザイン養生テープ(yojo tape)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

GiftShow2018秋:エポックケミカル「消すことができる筆ペン」

Giftshow2018s_keseru_1

射出成形技術を活用した、筆記具・化粧品容器・プラスチック加工品等のOEMメーカーのエポックケミカルは、近年「ラップにかけるペン」、「シミトリ」などのオリジナル製品を作っている。

今回はホワイトボードマーカーのインクを応用した「消すことができる筆ペン」を紹介していた。

「消すことができる筆ペン」はホワイトボードや専用和紙に書いた文字を消すことができる筆ペンで、練習用や掲示用に使える。

普通の書道の道具に比べると簡単だけれど、使い始めに筆を濡らして軸にセットするとか、使用後は筆先を洗浄するといった手順が必要になる。

続きを読む "GiftShow2018秋:エポックケミカル「消すことができる筆ペン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

GiftShow2018秋:ヤマト「チギル ノート(Chigiru note)」

Giftshow2018s_chigiru_1

フィルムタイプの5㎜方眼のミシン目入り平型ロール形状の付せん「チギル(CHIGIRU)」は面白い製品なのだけれど、2005年のISOTで新製品として紹介されていた時に、使い勝手に問題があるという指摘をした。

今回、ヤマトのブースで「チギル ノート(Chigiru note)」を見た時に、きたきつねの指摘に対する一つの回答がでてきたと思った。

「チギル ノート」は、名刺サイズの透明フィルム・ベースにミシン目の入ったフィルムタイプの付せんを貼ったシートタイプの千切って使える付せんになっている。

ベースに貼ってあることで、好みのサイズの付せんを簡単切り出すことができるようになっている。

続きを読む "GiftShow2018秋:ヤマト「チギル ノート(Chigiru note)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

サライ2018年10月号の付録の若冲レッドの太軸万年筆

Sarai_jakuchu_fp_1

今日発売のサライ2018年10月号の特別付録で「若冲レッドの太軸万年筆」が付いていたので買ってきた。

太軸万年筆は2018年1月号の「北斎ブルーの太軸万年筆」に続いて二本目になる。

「若冲レッドの太軸万年筆」は、若冲の鮮烈な「赤」を再現したということで、クリップ、キャップリングなどはつや消しの金メッキとなっている。キャップリングには、サライのラクダのマークが刻印されている。

中国製の金属軸で、太軸ということで直径12.2mm、重量はインクカートリッジ無しで17.1グラムだった。インクカートリッジは、ヨーロッパタイプのブルーブラックが一本付属していた。

続きを読む "サライ2018年10月号の付録の若冲レッドの太軸万年筆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

三菱鉛筆の「商品研究会/新製品発表会」

三菱鉛筆の「商品研究会/新製品発表会」の招待券を貰ったので有楽町駅前の東京交通会館に出かけてきた。

会場は沢山の人で溢れていた。きたきつねはビジネスとは関係ないので静かに一回りしてきた。

今回は、全く新しい技術を使った製品はなかったけれど、それぞれ特徴ある既存の製品を育てているなという印象を持った。ただキャラクターは売れるかも知れないが頼りすぎは良くない。

今年は、uni鉛筆が発売60周年記念ということで、22硬度のHi-uni鉛筆を缶ケースに入れた「ミッキーマウス90周年記念/ハイユニ アートセット」と数量限定の特製ダースケースに入った「ユニ 60周年記念鉛筆」が紹介されていた。

Uni2018_uni60_2

22硬度を全部順番に並べると「DISNY MICKYMOUSE90TH」という文字とミッキーマウスのシルエットが出てくる。

続きを読む "三菱鉛筆の「商品研究会/新製品発表会」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

GiftShow2018秋

東京ビックサイトの全館を使って春秋の年二回、開催されるギフトショーは、日本最大の商品見本市になるだろう。一日程度で全てを細かく見るのは無理だ。

STYLISH文具フェア、ステショナリー&ペーパーグッズフェア、手作りホビーメイキングフェアなど規模は小さいけれど文房具関連のフェアが開かれているので、そちらを中心にみてきた。

いくつか気になる製品があったので、個別にレビューしたい。

ギフトショーを見ていて以前から気になっているのは、文房具メーカーではなく「トレードワークス」や「フェイバリスト」といった企業向けセールスプロモーション製品や物販品のOEMの会社だ。

これらの会社の文房具関連の製品は、文具店ではあまり目にすることはないけれど、企画力やデザイン力は既存の文房具メーカーよりも優れているという印象をもつことが多い。

製品のデザインができないメーカーはコラボの可能性はないだろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »