« 3Dプリンターで文房具 | トップページ | UFUの紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」 »

2019年8月27日 (火)

永生金筆廠:WING SUNG 3003万年筆

Wingsung_fp_1

随分前に買ってあった上海の永生金筆廠のクリアボディーの「WING SUNG 3003万年筆」はオレンジ、青、緑、灰色、紫の5色セットだった。

最初に見たときにパイロットの「プレラ 色彩逢い」かと思った。もちろん品質も質感も違うけれど、デザインは模倣しているのだろう。

万年筆のサイズは、 長さ135mm 、軸の直径12 mm 、重量18gとなっている。ペン先は細字のF。ヨーロッパ規格のコンバーターが内蔵されている。

灰色にKobe INK物語の渚ミュージアムグレーを入れて使っているけれど、意外と使いやすい。

永生の万年筆は30年以上前に中国に行った時に、黒竜江省のハルピンの市場で一番高い万年筆を買ったのが永生の万年筆だった。極細のカリカリの硬いペン先だった。

少し使ったけれど使わなくなってしまった。多分、宝箱のどこかにあるはずだ。

Wingsung_fp_2
Wingsung_fp_3

|

« 3Dプリンターで文房具 | トップページ | UFUの紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3Dプリンターで文房具 | トップページ | UFUの紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」 »