« パイロット:ドクターグリップ CL プレイボーダー | トップページ | サライ:雪舟ブラックの太軸万年筆 »

2020年2月11日 (火)

ジェットストリームのとシグノの0.28mmの描線の比較

Uni_ball_tip028_1

ジェットストリーム エッジのボール径0.28mmと同じ径のシグノが手元にあるので、描線を比較してみた。

もちろん同じボール径ならば、油性のジェットストリームの方よりもゲルインクのシグノの方が太く見える。ゲルインクの方が色は濃く見える。

当たり前なのだけれど、描線の太さを0.1mmのスケールのついたルーペで見てみると、ジェットストリームの描線は約0.09mmでシグノは約0.13mmで0.04mm程度しか差がない。

Uni_ball_tip028_2

約0.04mmのごくわずかの差でも見た目にはっきりと線幅の違いが分かる。

それとジェットストリームの描線の方が均一な幅になっているのが分かる。

ゲルインクの描線は、幅が均一ではない分見かけの幅が太く見えるのだろう。

線幅ゲージがあるはずなのだけれど、どこにいったかわからないのが残念なところだ。

|

« パイロット:ドクターグリップ CL プレイボーダー | トップページ | サライ:雪舟ブラックの太軸万年筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パイロット:ドクターグリップ CL プレイボーダー | トップページ | サライ:雪舟ブラックの太軸万年筆 »