« ゼブラ:Kado2 | トップページ | ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた »

2020年2月16日 (日)

プラチナ万年筆:プレジールとプレピー

Plaisir_preppy_1

プラチナ万年筆の廉価版万年筆のプレジール(PLAISIR)プレピー(prepy)はキャップと胴軸の外観以外は同じものというのを知らない人がいるようだ。

200円万年筆としてプレピー万年筆が売れていたので、同じ首軸を利用して単価を上げるために1,000円万年筆のプレジー万年筆が作られたようだ。

プレピーは、インクの乾燥を防ぐことができる完全気密キャップ「スリップシール機構」を持つことでいつでも直ぐに書き出せるという特徴もあって、ペン先の字幅を0.5mmの中字(M)から0.3mmの細字(F)、0.2mmの極細(EF)、全体を透明にしたクリスタルを展開し、単価を300円、400円と上げてきた。

プレジールは、字幅を0.3mmのまま、軸の色のバリエーションを増やしてきている。

Plaisir_preppy_2

きたきつねの持っているプレジールは発売当初のもので、ペン先が軸色と同じ色に塗装されていて、剥がれてきているけれど、プレピーと並べてみるとペン芯の色が違うだけで同じものだと分かる。

Plaisir_preppy_3

首軸を外してみるても同じだ。

Plaisir_preppy_4

プレジールにプレピー0.2mmの首軸を付けて、極細(EF)になった。

このようにすれば、0.5mmの中字(M)のプレジールもできることになる。

|

« ゼブラ:Kado2 | トップページ | ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた »

コメント

narkejpさん

初期はプレピーのキャップが簡単に割れたりしてました。最近は大丈夫みたいです。

プレジールの写真で分かるように、初期のものは首軸が黄色く変色しています。

スリップシールは本当に良くできています。

投稿: きたきつね | 2020年2月17日 (月) 10時08分

Preppy は軸の素材のせいか、ひび割れてくることがありますので、書き慣れた首軸をプレジールと交換して使っています。オレンジ色の細字と紺色の中字と、二本をコンバータで使っていますが、放置しても乾くことがなく、なかなか便利です。ただ、アルミ素材の胴軸のネジがゆるみやすい傾向があるかな。

投稿: narkejp | 2020年2月17日 (月) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゼブラ:Kado2 | トップページ | ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた »