« ニチバン:プッシュカット | トップページ | Seriaでお買い物 »

2021年3月 5日 (金)

韓国のLETI社の「テープガン」

Leti_auto_tape_1

ニチバンのテープカッターの新製品「プッシュカット」を紹介したけれど、元々は韓国のLETI社の「テープガン」がオリジナルで、それをニチバンがOEMで「ハンドカッター」として2006年に国内で発売したものだ。

ハンドカッターが2011年に発売終了していて、ドラパスが輸入して販売していた同じ製品の「おもしろカッター」もほぼ同じ時期に市場から消えている。

LETI社が倒産して生産を止めてしまったのではないかときたきつねは想像している。現在、韓国ドメインのHPは消えてしまって見ることができない。

このままだと非常に良くできたLETI社の発明「テープガン」が世の中から消えてしまうので、情報を整理しておきたいと思う。

LETI社は発明ベンチャーで「接着テープ自動引出し兼カッティング装置」を発明していて、台湾(1999)、韓国(1999)、アメリカ(2000)、日本(1999)で特許が登録されている。現在では全ての特許期間が過ぎているので、縛りはなくなっている。

特許を調べてみると、発明者は特許権者 李 相▲ちょる▼(漢字が不明)となっている。

ニチバンは、この特許切れに合わせて「プッシュカット」を発売してきたのでないだろうか。その時にテープのカット機構の製造が難しいので、簡略化したものだろう。

「テープガン」のオリジナルであるドラパスの「おもしろテープカッター」を細かく見て置きたい。「おもしろテープカッター」はLETI社の「Automatic Tape Dispenser Model No. L-920-T」に相当するもののようだ。

使用できるテープは、19 mm×32.9 m(3/4 in×1296 in)となっているけれど、芯の内径が1 in(25.4 mm)の小巻テープが使える。

Leti_auto_tape_3

引き金を引くと、回転するドラムにより接着テープを引出し口を通ってテープが出る。一回の動作でテープの出る長さは約13mm(1/2 in)となっている。

Leti_auto_tape_4

回転ドラムは接着テープの接着面との接触面積を最小化するように外周面をギヤ形状にしている。

Leti_auto_tape_2

必要な長さになるまで引き金を引いて上部のスライダーを手前に引くとテープがカットされる。長いテープが必要な時には引き金を一回引いて出たテープを指で摘んで引っ張ることで任意の長さのテープが引き出せる。

Leti_auto_tape_8
Leti_auto_tape_6
Leti_auto_tape_9

このテープをカットする機構はテコの原理を使っていて非常に巧妙にできている。スライダーを引くと、V字型の刃が下がってきてテープを切断する。

Leti_auto_tape_5

テープを切る時にテープが出てくるスリットにものが入らないようにシャッターが降りてくる安全機構も備えている。

ニチバンはこの機構を作ることができなかったので、プッシュカットでは単純に刃を押し込んで切るようにしているようだ。

ニチバンが発売していたハンドカッターはLETI社での型番は以下のようだ。

ニチバン メンディングテープハンドカッター OMD-15D
Model No. L-920-M

ニチバン ナイスタック ハンドカッター NW-12D
Model L-229-W & L-929-W(Paper tape dispenser)

「テープガン」をISOT2000で紹介されたときのカタログを載せておく。

Leti_auto_tape_10
Leti_auto_tape_11

最後に「テープガン」の特許と企業情報を記録として残しておきたい。

【特許の経緯】
1998.02.11 : 特許出願 (98/3921)
1998.03.30 : 第26回 ジュネーブ国際発明品展示会銀賞入賞
1998.05.19 : 意匠登録 第220887号 
1998.06 : フランス企業雑誌 L' ENTREPRISE 6月号,30個の発明品に選定され、掲載
1998.07.01 : 国際特許出願 (PCT/KR, 98/00177)
1998.07.14 : 特許出願 (98/28448)
1998.07.24 : 意匠登録 接着テープ引出し可能作動具 
1998.12.15 : アメリカ商標出願 (75/605.845)
1999.02.11 : アメリカ特許出願 (09/247.944)
1999.05.01 : 台湾特許登録(第 147719号) 接着テープ自動引出し兼カッティング装置 
1999.05.04 : 韓国特許登録(第 211632号) 接着テープ自動引出し兼カッティング装置
1999.11.05 : 日本特許登録(第2997880号) 接着テープ自動引出し兼カッティング装置
2000.05.23 : アメリカ特許登録(No.6065519) Automatic drawing & cutting device for adhesive tape.
2001.01.12 : 韓国特許登録(第 286376号) 接着テープ用収納ケース
2001.01.12 : 韓国特許登録(第 286377号) 接着テープ用収納ケース
2001.01.23 : アメリカ特許登録(No.6176409 B1) Adhesive Tape Dispenser
2001.06.18 : 調達庁中央普及倉貯蔵品に選定
2001.07.05 : 調達庁優秀商品に選定
【会社のデーター】
LETI Co., Ltd. (株式会社レティ )
住所 : 116,3-ma, Sihwa Industrial Complex, 1372-1 Jeongwang-Dong, Siheung-City, Kyunggi-Do. Korea.
   京畿道軍浦市タン洞新羅テクノビル404号 (Zip Code : 429-450)
Homepage : http://www.leti.co.kr(サーバーは無い)
E-mail : leti@leti.co.kr(使用できるかは不明)

|

« ニチバン:プッシュカット | トップページ | Seriaでお買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニチバン:プッシュカット | トップページ | Seriaでお買い物 »