« ダイソーのインク調合セットで緑のインクを作ってみた | トップページ | まとめ:浦沢直樹の漫勉に登場する漫画家の文房具 »

2021年6月27日 (日)

漫勉neo:押見修造

Manben_neo

浦沢直樹の漫勉neoの11回目は押見修造さんで全く作品を見たことがない。

調べてみるとちょっと風変わりな世界を描いているようだ。

今回は「地の轍」と「おかえりアリス」の二つの作品のマンガ原稿を作成する過程で使われている文房具を画像から読み取った。

作画はクリップボードに付けた原稿用紙にミリペンと筆ペンを主に使っている。押見さんは他の漫画家と違い筆記具や画材に同じものを使い続けずに、つけペンから筆、筆からミリペンと変えてきているということだ。

それと使う筆記具の種類が多い特徴がある。主線、書き込み、アクセント、ベタと使い分けている。

原稿用紙
 アイシー 漫画原稿用紙 B4

クリップボード
 コクヨ ヨハ-29 用箋挟B B4

下描き シャープペンシル
 パイロット S3 
  HPS-30R-TB7 0.7mm
  HPS-30R-TL5 0.5mm
 無印良品 ABS樹脂最後の1mmまで書けるシャープペン 0.5mm

シャープ芯 黒 硬度は不明だけれどパイロットのHBかBのようだ。

主線 ミリペン
 サクラクレパス ピグマ 0.3mm 黒

細部の書き込み ミリペンは、同じ0.1mmでも微妙な線の幅の違いを使い分けている。
 サクラクレパス ピグマ 0.1mm 黒
 TOO コピック・マルチライナーSP 0.1mm 黒
 TOO コピックマルチライナー 0.1mm 黒

強調の書き込み
マーカー
 ゼブラ 紙用マッキー 黒
 三菱鉛筆 プロッキー<極細+細字丸芯> 黒 PM-120T

ベタ
 筆ペン ぺんてる筆 顔料インキ 黒
https://www.pentel.co.jp/products/brushpens/pentelfudeganryouinki/

ホワイト
 ぺんてる 修正液・細先端 XEZL31-W
https://www.pentel.co.jp/products/erasers_correctionproducts/correctionfluid/syuseiekihososentan/

消しゴム
 ヒノデワシ はではでまとまるくん HM-100-B
 トンボ MONO

練り消し
 シード ねり消しゴム EK-NK1

カッターナイフ
 オルファ エコカッターS型 イエロー 188BSY
https://www.olfa.co.jp/products/726.html

製図用ブラッシ

他にもパイロットのハイテックC、太さの違うミリペンなども作品によって使い分けているらしい。

|

« ダイソーのインク調合セットで緑のインクを作ってみた | トップページ | まとめ:浦沢直樹の漫勉に登場する漫画家の文房具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダイソーのインク調合セットで緑のインクを作ってみた | トップページ | まとめ:浦沢直樹の漫勉に登場する漫画家の文房具 »