« パイロット:ジュースアップ クラシックグロッシーカラーとジュースアップ 3 | トップページ | ヘンミの計算尺 »

2022年1月13日 (木)

ダイソーのラウンドスタンドライトから接写用の照明装置を作ってみた

Daiso_macro_light_1

いつものようにダイソーをパトロールしていたら、電気小物売場にライトがリング状のLEDライトのスタンド「ラウンドスタンドライト」(330円)があった。

乾電池とUSB給電の両方で使えて、明るさは3段切り替えで最大50lmの明るさがある。

リングライトの大きさを見てこれはコンデジの接写用の照明装置にできるのではないかと思い買ってきた。

スタンドの部分を開けてみると、非常に小さな回路が入っているだけのシンプルなものだった。

色々検討した結果、リングライトの部分に回路を組み込んで、USB給電で使うということにした。

Daiso_macro_light_2

LEDは消費電力が少ないので、簡単な制御回路が入っているだけだった。

Daiso_macro_light_4

回路の載ったガラス基盤は、リングライトのケースの内側よりも大きいので、プリント基盤の銅箔を切ってしまわないように注意して余分な分を切ってサイズを合わせてた。

Daiso_macro_light_3

スイッチ部分は静電スイッチになっているので、銅箔部分をリングライトのケースの内側に貼り付けて、全ての回路のはんだ付けした。

基盤をホットメルトで固定して、ケースに蓋をして完成。

Daiso_macro_light_5

USB端子を挿すと点灯した。残念だったのは、静電スイッチが上手く機能せずに、ON-OFF、光量の調節ができず、最大光量でしか使えないことになった。

Daiso_macro_light_6

照明の明るさの均一さを見てみたが接写する範囲では平均に分布しているようだ。

試しに、コンデジのマクロモードで、テスト撮影をしてみた。ホワイトバランスはオートにした。

撮影はコンデジのレンズをリングに差し込んで使うことになる。

Daiso_macro_light_10
Daiso_macro_light_7
Daiso_macro_light_8
Daiso_macro_light_9

明るいのでシャッタースピードが早くなるので、手ブレは抑えられている。

これを見て作り方がわからない人は近づかないほうがいいだろう。

|

« パイロット:ジュースアップ クラシックグロッシーカラーとジュースアップ 3 | トップページ | ヘンミの計算尺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パイロット:ジュースアップ クラシックグロッシーカラーとジュースアップ 3 | トップページ | ヘンミの計算尺 »