新製品

2019年10月15日 (火)

DASIO:ライトニングケーブル+マイクロB兼用充電転送ケーブル(L型)

Daiso_dual_use_cable_1

ダイソーのスマホ・コーナーを見ていたら、「ライトニングケーブル+マイクロB兼用充電転送ケーブル(L型)」という面白そうなケーブルがあった。

iPhone用のライトニング・コネクターとAndoroid用のマイクロUSB-Bコネクターの端子やサイズが違うのに不思議だと思ったので買ってきた。

パッケージを開けてコネクターを見てみると、同じコネクターに2種類のコネクターが合体してあった。

中国は何でも思いつくと作ってしまうはすごい。

続きを読む "DASIO:ライトニングケーブル+マイクロB兼用充電転送ケーブル(L型)"

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

Seria:ロング・ピンセット

Seria_long_tweezers

セリアなどの100円ショップはクラフト系の商品を強化していて、クラフト好きの心をくすぐるものが増えている。

紫外線硬化樹脂もLED硬化型やシリコンモールドなども増えてきたている。最近のハーバリウムが流行り始めると直ぐに関連パーツが並び始めている。

つい最近セリアにリメークシートを買いに行った時に見つけたのが、25cmの長さの「ロング・ピンセット」だ。

直型と斜型の2種類があった。

ハーバリウムを作る時に細長い瓶の中にドライフラワーなどを入れる時に使うためのピンセットのようだ。

工具好きのきたきつねには見逃すことができないので、買ってきた。30年以上愛用しているピンセット比べてみると1.5倍もある。

何に使うのかはこれから考えることにしよう。

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

コクヨ:測量野帳用クリアカバー

Central_clear_cover_1

学校の同期会で札幌にいったので、大丸藤井セントラルに寄ってきた。いつものように安定の品揃えで安心した。売り場ではセーラー万年筆のインク工房とペンメンテナンスが開催していたけれど、最終日で行くのが遅かったようだ。

欲しいと思っていた今年4月に発売されたコクヨの「測量野帳用クリアカバー」があったので買ってきた。

本当はカウネットの「ヤチョーカバー」が欲しかったのだけれど、ついつい面倒で入手していなかった。

野帳は屋外で使し、ポケットや鞄から出し入れが多いので、表紙が傷んでしまうので、カバーがあると少しでもきれいな状態で使えるだろう。

続きを読む "コクヨ:測量野帳用クリアカバー"

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

DAISO:COORDIシリーズのトラベラーズノート

Daiso_coordi

近所のダイソーの店内散歩に行ってきた。

ノート類の種類が減っているような印象で見ていると、トラベラーズ・ノートがあった。いつの間にか入荷したようだ。

フェイク・レザーのトラベラーズノートは300円+税だけれど、よくできている。オリジナルのトラベラーズ・ノートはA5スリムだけれど、若干小さい感じだ。

リフィル(無地、罫線、方眼)、インデックスシール、マステ、ケースなどと一応いろいろなパーツが揃っていて、それぞれ100円+税と非常にお得な感じになっている。

それにしても、100円ショップは流行に敏感に対応している。

トラベラーズ・ノートを体験してみるのならこのシリーズを使えば1,000円程度でできる。

| | コメント (2)

2019年8月30日 (金)

UFUの紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」

Uhu_booster

8月29日から始まった「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019」のステッドラーのブースで、国内総代理店として発売を初めたドイツの接着剤メーカーUHU GmbH & Co. KG(ウフ)接着剤を紹介していた。

その中で発売予定の紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」を紹介していた。

ポリマーの容器に入った液体状の接着剤と容器の後部に取り付けられている紫外線LEDライトが組み合わされた製品で、使用時は紫外線LEDライトを外して使うようになっている。

紫外線硬化型の接着剤は、国内でも何種類か発売されていて特別なものでなくなってきているが、「LED-Light Booster」は単純な紫外線硬化接着剤ではないようだ。

「LED-Light Booster」がこれまでの紫外線硬化接着剤と違う点は、不透明なプラスチック、金属、木材、セラミックなどの接着が可能ということらしい。

当たり前かもしれないけれどPE、PP、およびPTFEは接着できない。もちろんパテや充填剤としても使える。

続きを読む "UFUの紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」"

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

UHU:マルチフィット3リネイチャー

2017年に開催されたISOT2017にドイツの老舗接着剤メーカー「UHU(ウフ)」が初出展していて日本での製品の販売を目指していたが、7月からステッドラー日本が代理店として販売することになったらしい。

三十数年前に三菱鉛筆がUHUのスティックのりを販売していて販売が伸びずに撤退してから日本市場再挑戦なのだけれど、ISOTで会ったドイツ人スタッフはスティクのりについては触れてほしくないようで、日本市場は初めてだと主張していた。

日本の代理店探しが難航したのではないかと想像していて、ステッドラー日本が同じドイツのメーカーということで引き受けたのではないだろろうか。

というのも1月の新春文紙フェアでステットラー日本がUHUを扱うことを発表していたのだけれど、発売が始まっているのに現時点でUHUの商品紹介のWebサイトもまだ用意されていない。

UHUの製品は優秀な製品が多いのだけれど、日本国内の店舗には国産接着剤メーカーがスペースを確保していてその中に入り込むのは難しいのではないだろうか。

続きを読む "UHU:マルチフィット3リネイチャー"

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

夏の文紙フェア2019 タカクラ印刷「Piani」

S_bunshi2019_takakura_1

糊・粘着加工が得意なタカクラ印刷では箔押し転写シート「Piani」を紹介していた。

「Piani」は、パターンだけでが転写されるので、シールと違い透明の部分が残らないので、書き込みができるのが特徴になる。

箔押し転写ということで、図柄は11種類あり、全てメタリックカラーで、ゴルド、パープル、ブルーなど6色提供されている。

転写部分は非常に薄くスケジュール帳などに貼っても厚みがでない。

 

続きを読む "夏の文紙フェア2019 タカクラ印刷「Piani」"

| | コメント (0)

夏の文紙フェア2019 ステッドラー日本「トリプラス」と「シャープペンシル925」

S_bunshi2019_staedtler_1

ドイツの筆記具メーカーのステッドラー日本では、鉛筆、色鉛筆、ボールペン、マーカーなどの筆記具を紹介していた。

三角軸のカラーマーカーの油性の「トリプラス パーマネント」を新発売、従来の水性の「トリプラス ファインライナー」、「トリプラス カラーペン」に新色を追加して、価格も150円から100円に値下げしたということだ。

店舗ではまだ旧価格のところもあるようだ。一時ユーロ高になった時に値上げしたままだったので安くなって競争力がでてくるだろう。

シャープペンシルの925シリーズに「925 15」を追加していた。アルミ軸の「925 25」を除き、プラ軸のシリーズは全てのノックカバーに窒息防止穴が付いたということだ。

続きを読む "夏の文紙フェア2019 ステッドラー日本「トリプラス」と「シャープペンシル925」"

| | コメント (0)

夏の文紙フェア2019 3Mジャパン「Post it! EXTREME」

S_bunshi2019_3m

総合化学メーカーの3Mの日本法人3Mジャパンは、ポスト・イット、テープ、のり、ラベルなどの製品を紹介していた。

今回注目したのは日本初上陸のポスト・イットの中で最強力の「Post it! EXTREME」だ。

「Post it! EXTREME」は、コンクリートやブロックに貼り付けられ、雨などの濡れにも強いポスト・イットになる。まだ発売日程は決まっていないらしい。

ポスト・イットは他の粘着メモとの差別化を図るため強粘着を強化していて、色だけでなくサイズ、形などのバリエーションを増やしている。

そのような中にさらに粘着力の強い「Post it! EXTREME」を投入するということだ。

続きを読む "夏の文紙フェア2019 3Mジャパン「Post it! EXTREME」 "

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

夏の文紙フェア2019 共和プラスチック「ヘイコウものさし」

S_bunshi2019_kyouwa_1

プラスチック製文房具のメーカー共和プラスチックでは「ヘイコウものさし」を紹介していた。

平行線を引ける定規はすでに多数あるなかで新たに「ヘイコウものさし」というのはどうかと思ったけれど、ゼロスタートのものさしで、線を引くための横穴が開いていて、鉛筆やシャープペンシルを差し込んで平行線を引くことのできるというところが特徴になるのだろう。

平行線を引くための穴の開始位置は定規の端から15mmから開始できるようになっている。

ものさしにのと長手方向に5mm幅で色の付いたボーダーが印刷されている。このボーダーを使っての5mm幅の平行線だけでなく、両端にはミリ単位の目盛りを使えば任意の幅の平行線が引けるが、ものさしの長さの32cmより短い平行線は引けない。

続きを読む "夏の文紙フェア2019 共和プラスチック「ヘイコウものさし」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧