新製品

2020年4月 8日 (水)

クツワ:Dr.コンパス

Kutsuwa_dr_compass_1

学童文具のクツワは、超速0.9秒で削れる小型電池鉛筆削り「スピモ」、2019年のキッズデザイン賞受賞を受賞した「みてみてできたよボード」、濃く描けて折れにくい鉛筆の「ホクサイン」など面白い商品を最近次々と出してきている。

昨年の暮にちょっと変わった感じのクツワのコンパス「Dr.コンパス」を買ってきてあった。

Dr.コンパスはケース付きの学童用コンパスで、筆入れだけでなくかばんに直接入れて持ち運べるようにケース入になっている。

円を描くのは鉛筆を使うようになってる。

続きを読む "クツワ:Dr.コンパス"

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

MIDORI:ペンカッター

Midori_slim_cutter_1

先日二ヶ月に一回のつくば市の文具店巡りの時にみつけたミドリの細身のペン型のカッターナイフ「ペンカッター(PEN CUTTER)」を買ってみた。

ペンで描くように切り抜きができる直径が約10mmの丸い鉛筆のようなカッターナイフだ。

刃の角度が普通のカッターナイフと同じ45度の幅6mmの極細刃を使うようになっている。刃の厚さは測ってみた所0.31mmと普通のカッターナイフの0.38mmよりも薄いようだ。

刃の出し入れはストッパーが付いたスライダーで、簡単に刃が出ないようになっている。

実際に切り抜きに使ってみたが細かな部分の切り抜きが楽にできた。消しゴムはんこなどに使ってもいいようだ。刃の角度が30度のアートナイフと同じくらい細かな切り抜きができて、より刃先が安定している印象がある。

続きを読む "MIDORI:ペンカッター"

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

DAISO:インクが乾きやすいゲルペン

Daiso_hauser_gel_p_1

ダイソーの筆記具コーナーにHAUSERの「インクが乾きやすいゲルペン」(中国製)があった。

国産の速乾性インクのゲルボールペンには、ゼブラの「サラサ ドライ」やぺんてるの「エナージェル」があるので、それほど珍しいものではない。

このゲルボールペンで気になったのは、クリップがワイヤークリップのところで、ワイヤークリップが流行りそうなのだろうか。

クリップは非常にバネが強く、しっかり固定できる。

グリップはエラストマー樹脂の三角形断面のラバーグリップで、しっかりホールドできる。

続きを読む "DAISO:インクが乾きやすいゲルペン"

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

シードの透明消しゴム「クリアレーダー」

Seed_clear_rader_1

田舎にも話題のシード(SEED)の透明消しゴム「クリアレーダー(Clear Radar)」がようやく回ってきて入手することができた。

どうしても新製品は、発売した瞬間は興味津津で買う人が多いので、品不足になるのは仕方がない。田舎まで商品が回ってきたということは、一応商品がユーザーの間で一巡したということで、これからが本当の商品の良し悪しがはっきりしてくるだろう。

クリアレーダーについては、すでに多くの人がレビューしているようだ。

透明な消しゴムは昔からあったけれど、消字能力がいまひとつだったのを改良したということで、素材はこれまでと同様に塩化ビニル(PVC)で、研磨剤や可塑剤を工夫して透明にしているのだろう。

クリアレーダーは、硬さのある消しゴムなので、色々と試してみて意外な使い方ができることが分かった。

続きを読む "シードの透明消しゴム「クリアレーダー」"

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

三菱鉛筆「uni-ball one」続き

Uniball_one_1

プレスリリースを見て楽しみにしていた三菱鉛筆の「ユニボール ワン(uni-ball one)」は発売日から少し経ってしまったけれど、田舎でもなんとか入荷したようで買うことができた。

実際手にしてみると質感はほぼ予想通りのものだった。期待していたオープンワイヤーのクリップは、ちょっと予測とは違っていて、とてもいい感じに仕上がっている。

軸のシンプルな一本の丸棒に見えているけれど、ちゃんとグリップ部分が滑り止めになるソフトな素材を使っている。

新インクを使ったリフィルは三菱鉛筆のこれまでと同じJIS S6061-K寸法となっている。

続きを読む "三菱鉛筆「uni-ball one」続き"

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた

Blen_jtst028_1

ジェットストリームの0.28のリフィルを見ていたら、ブレないボールペン「ブレン」の軸に入れてみたくなった。

ブレンに入っているスラリのリフィルは、エマルジョンインクということもあって、パイプ径が4mmと他のJISと違う寸法になっているのと、ブレンの軸の内部がちょっと特殊な構造になっているので、普通の改造では難しいことがわかった。

ジェットストリームのリフィル(SXR-203-28)のパイプ径が3mmなので、太さ4mmに、長さを111mmにする必要がある。

外径4mmで内径が3mmに近いものを材料箱を探してみると、外径4mm、内径3mmのアルミパイプが見つかった。

今回はアルミパイプを使うことにして、ジェットストリームのパイプ内径を3mmなのだけれど、ポリエチレンなので微妙太くなっていて、アルミパイプに入らないので、太くする必要があるので、旋盤を使って内径を3.2mmにした。

続きを読む "ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた"

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

ゼブラ:Kado2

Zebra_kado2_1

つくばの書店の中の文房具売場にゼブラの新製品の「Kado2(カドカド)」(550円)があったので買ってみた。

カドカドは六角軸のボールペンで、表面にcmとinの定規が印刷されている。

長さが139.6mm、太さは10.6mmで、軸はアルミで、アルミだけだとバランスが悪いので、軸の中に鉄製の筒を入れているようだ。重さは19gとなっている。

インクは0.7mmボールのエマルジョンインクでブレンと同じスラリのリフィルを使っている。ゼブラはエマルジョンインクを前面にだして行くのだろうか。

ゼブラは、最近500円くらいの値頃感のあるいい感じのボールペンを出しているようだ。

続きを読む "ゼブラ:Kado2"

| | コメント (2)

2020年1月30日 (木)

新春文紙フェア2020 クルーズ「CREW'S BOY」

Crews_boy

オフィス用品・店舗関連用品の輸入商社の株式会社 クルーズでは、エアー緩衝材製造機の「CREW'S BOY」と新しいコンセプトの「クルーズクリップ」を紹介していた。

「クルーズ ボーイ(CREW'S BOY)」は、最近KING JIMから発売されたエアクッションメーカー「エアフィット」と類似のもので、違いは電源がAC電源と充電池の両方が使えるようにになっているところだ。

充電式ということで電源のない、屋外やイベント会場などでも作業できるという利点がある。価格も88,000円と「エアフィット」より安い設定にしている。

続きを読む "新春文紙フェア2020 クルーズ「CREW'S BOY」"

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

三菱鉛筆「uni-ball one」

Uniball_one

三菱鉛筆の新しいラインのゲルボールペン「uni-ball one(ユニボール ワン)」が2月26日発売になると発表された。

「ユニボール ワン」は新開発の濃く、発色の良い新開発のゲルインクを使っているということだ。「ユニボール ワンインク」というらしいけれど、インクはもっといい名前があるのではないか。

きたきつねが注目したのは、軸とクリップのデザインで、ストレートなシンプルな白い軸とオープンワイヤーのクリップが組み合わされている。

特にクリップは、三菱鉛筆の最大の欠点だったけれど、オープンワイヤーのクリップはバインダークリップとしても機能するから便利になった。

続きを読む "三菱鉛筆「uni-ball one」"

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

新春文紙フェア2020 タカクラ印刷「Piani」

Takakura_piani_1

シルク印刷の技術で糊・粘着加工が得意な会社の「タカクラ印刷」では、箔押しスタンプ・シールの「Piani」を紹介していた。

「Piani」は夏の文紙フェア2019で紹介していたもので、今回は柄が増え、さらに小さなスケジュール帳に使うことのできるミニサイズの「Piani」を発売するらしい。

従来の「Piani」は、1シートに18個のシールが付いていて、一枚のシールのサイズが13mmだったのが、ミニサイズは45個のシールで、サイズが8mmと小さくなっている。

小さいのはシールの枚数も多く良いと思うのだけれど、小さすぎて扱い難しいような気がする。きたきつねは指で摘めなかった。

続きを読む "新春文紙フェア2020 タカクラ印刷「Piani」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧