google.com, pub-7269144570220091, DIRECT, f08c47fec0942fa0 新製品: きたきつねの文房具日記

新製品

2024年4月18日 (木)

Seria:折りたたみ式レフ板

Seria_folding_ref_1

いつものように近所のセリアの店内をパトロールしていたら、フリマ用品コーナーに写真撮影に使う「折りたたみ式レフ板」があった。

レフ板は写真を撮る時に照明の当て方で影出る時に照明を反射させて影を消したり、ハイライトを当てたりするために使う反射板だ。

普通の白い板を使うことがあるけれど、保管に場所を取ったり、持ち運びに不便なので、バネ鋼を使って折り畳める丸いレフ板が良く使われる。

折りたたみできるレフ板は、一般に市販されていて、大きさも小物や花などを撮る時に使う30cmから人や大きなものを撮る時につかう1m以上のものまで色々なサイズのものがある。

きたきつねは30cmと60cmで、白と銀、銀と金、黒と白、真ん中に穴の空いたレフ板を使っている。

セリアの「折りたたみ式レフ板」は、直径30センチのものになる。

続きを読む "Seria:折りたたみ式レフ板"

| | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

サンスター文具の「ツメカケ」とダイソーの「インデックスパンチ」

Tomekake_1

色々な文房具は購入していて、記事を書かなければと思いながらも、どうもモチベーションが上がらずに、写真を撮っただけでそのままにしている。

ノートの検索を効率よくするためのパンチのサンスター文具「ツメカケ」(770円)を買って随分経つうちに、ダイソーから「インデックスパンチ」という後追い商品が出てしまった。

「ツメカケ」は、ノートや手帳のカドを切って新しいページに直ぐアクセスできるようにするパンチとページ数や見出しを書くためのインデックスを作るパンチの2種類が組み合わされたものだ。

カド用

Tomekake_6

続きを読む "サンスター文具の「ツメカケ」とダイソーの「インデックスパンチ」"

| | コメント (0)

2024年2月 7日 (水)

DAISO:ディスプレイ・フレーム

Daiso_displaty_frame

最近、ダイソーに寄った時にインテリアのコーナーに変わった「ディスプレイ・フレーム」があったので買って来きた。

透明な薄い膜の間にものを入れて飾るもので、空中に浮いたように見えるものだ。今回は9cm角のもの(110円)にしたけれど、より大きいもの(220円)もあったので、ペンなどを飾ることができそうだ。

この商品は、2013年7月のISOTでパッケージメーカーのジャパンプラスが紹介していたディスプレイボックスと同じようなものだ。

ジャパンプラスの商品は2枚の伸縮性特殊フィルムで商品を包むもので、商品をほこりや汚れから守ることができるすぐれたもので、商品を取り出してもフィルムが強度がありは元に戻るので、他の商品を入れて飾ることができた。。

この方法だと、強度のある伸縮性のある特殊なポリウレタンフィルムで商品を挟むことで、箱の中で宙づりにして輸送時の振動や衝撃を緩衝することができるので、すごいと思っていた。

実際、パソコンなどの精密機器の搬送用に使えるということで、現在クロネコヤマトがパソコンボックスとして使っている。

ジャパンプラスでは、ディスプレイ・フレームのような商品は作っていないようだ。

このフレームに商品を入れておくとフィルムが伸びてしまうのだけれど、ドライヤーで加熱するとある程度元に戻るようだ。

| | コメント (0)

2023年8月31日 (木)

Seria:ガラスペン

Seria_glass-pen_1

世間はガラスペン好きが多くなっているようだけれど、そんなトレンドを直ぐにキャッチアップするのが100円ショップで、今日セリアに買い物に行ったときにいつもの習慣で文房具売場をみていると、ガラスペンとインクが並んでいたので1セット買ってきた。

一般的には1,000以上の印象だけれど、110円で買えるというのは驚きだ。

店頭ではガラスペンは軸色が6色、インクが5色、ペンレストが4色の展開となっていた。

ガラスペンは全部ガラス製で、ペン先だけガラスの簡易型ではない。

Seria_glass-pen_2

続きを読む "Seria:ガラスペン"

| | コメント (0)

2023年6月20日 (火)

DAISO:コークスペン

Daiso_coke_pen_1

ルーチーンになっているダイソー・パトロールに行くと筆記具売り場に石油コークスをペン先型に加工した「コークスペン(Coke Pen)」があったので買ってきた。

クリップの付いたキャップの丸軸の「ふと軸」ペンと三角の「三角軸」ペンの2種類あった。軸色は数種類あるようだ。

Daiso_coke_pen_2

続きを読む "DAISO:コークスペン"

| | コメント (0)

2023年5月31日 (水)

ノック式万年筆(?)

Knock_fp_china_1
Knock_fp_china_2

Facebookにノック式万年筆の広告が何度もでるので、調べてみるとAmazonで売っていた。

非常に安いので、どうかなと思って買ってみた。

中国からの発送で2週間ほどで届いた。

荷物を開いてみると、予想通りキャップ付きのノック式万年筆がでてきた。

キャップを取ってみると、シャッターがなくペン先がむき出しのままだった。

Knock_fp_china_7

パイロットのキャップレス、プラチナ万年筆のキュリダスなどの本来のノック式万年筆は、ペン先のドライアップやインク漏れを防ぐために、気密性の高いシャッター機構が組み込まれている。

このままだと、インクのドライアップやインクが漏れてしまうのでキャップが必要だ。

キャップが必要ということは、ノック式の意味がないということになる。

続きを読む "ノック式万年筆(?)"

| | コメント (0)

2023年4月 7日 (金)

サンスターのメタシルとセリアのメタ鉛筆

Metacil_1

近所のスーパーの処分品ワゴンにサンスター文具の「メタシル ライト ノック」(売価231円)があったので買ってみた。

メタシルは品切れすくらい売れたらしいけれど、これまでも金属の芯の筆記具があって実用品?という感じがしていたので、買ってはいなかった。

その帰りにセリアに寄ったところ「メタ鉛筆」というのがあったので、これは比較するのも面白うかなということでこれも買ってきた。

「メタシル ライト ノック」と「メタ鉛筆」はいずれも中国製で、ペンチップが黒鉛を含む特殊合金製ということで、描線時に紙との摩擦で黒鉛と金属の粒子が紙に付着して筆跡になるというものだ。

「メタシル ライト ノック」はノック式で、使わない時にはペンチップを軸の中に収納できるので、ペンチップの先端を割れから保護できる。

芯の濃さはH相当ということになっている。

続きを読む "サンスターのメタシルとセリアのメタ鉛筆"

| | コメント (0)

2023年2月17日 (金)

今日の買い物

Wg_sale

最近はAmazonと図書館の利用ばかりで、書店に行くことがないけれど、すぐ読みたい本があったので久しぶりに近所の書店に出かけた。

エレベータの壁のポスターに文房具と雑貨のプレミアムセールで50%から70%オフとあったので、文房具売場をのぞいてみた。

安売りのコーナーがあって、売れ残り商品が70%オフで並んでいた。

地方都市の住宅地の書店では、売れないだろうなというものが多く、プラチナのプレピー万年筆は什器ごと置いてあった。よく見るとステッドラーのシャープペンシル925 25 20が一本あった。

プラチナのプレピー万年筆の02を使っているので、ペン芯とペン先だけでも使えるということで1本120円で購入。

帰ってみて、03も買ってくればよかったと思った。

ステッドラーの925 25 20も390円で買ってきた。

筆記具のコーナーで、サンスター文具の新製品TANKがあったのでこれは定価で購入。

TANK(タンク)は、キャップ式の大容量ゲルボールペンで、軸そのものにインクを充填してインクの量を増量して筆記距離が5倍という超お得なボールペンになっている。

軸にインクを充填したボールペンとしては、三菱鉛筆から1971年に発売されたガス加圧式油性ボールペンの「エアーペン ノンボテ」があるけれど、他にはなかったような気がする。

| | コメント (2)

2023年2月10日 (金)

DAISO:精密デザインナイフ

Daiso_needle_knife_1

ダイソーの文房具コーナーのハサミのところに新しいデザインナイフ「精密デザインナイフ」があったので買ってきた。

針状のタングステン鋼の刃で、細かな作業用のためのデザインナイフということだろう。

Daiso_needle_knife_2

続きを読む "DAISO:精密デザインナイフ"

| | コメント (0)

2022年10月10日 (月)

DAISO:アルミデザインナイフ

Daiso_knife_pncl_5_20221009224401

ダイソーでは、クラフトナイフで有名なX-Actoのと同じ刃を使うプラスチック軸のデザインナイフ(写真上)を以前から販売していていて、今回軸をアルミにしたデザインナイフ(写真下)を発売することになったようだ。

アルミにしたことでX-Actoの精密ナイフ X3202と非常に似たものになった。

オルファにもX-ActoのX3202と近い規格のアートナイフプロ 157Bというものがあるけれど、それと比べてもダイソーのアルミデザインナイフは8分の1くらいの価格になっている。

アルミデザインナイフの重量は7.9gで、従来品の7.4gとほぼ同じ。

Daiso_knife_pncl_6_20221009224401

替刃については、従来品と同じデザインナイフ用替刃No.116が使える。

価格は全く違っているけれど、X-Actoの替刃No.11と全く同じ規格なので使える。

標準についている替刃と違うノコギリなどの色々な形の刃を使いたいときには、オルファのアートナイフプロ用の替刃を使うことができる。

続きを読む "DAISO:アルミデザインナイフ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧