新製品

2020年8月 7日 (金)

Seria:DIYコーナーで発見

Seria_tool_1

いつものように近所のセリアをパトロールに行ってきた。ダイソーと違ってセリアは文房具系の新製品は少ないのだけれど、クラフト系は珍しいものが入るので見逃せない。

今回も、DIYコーナーで二種類の新製品をみつけた。ひとつは「瞬間接着剤用ハケ 2P」で、もう一つは「薄板ヤスリ」、ついでに「逆作動ピンセット」も買ってきた。

「瞬間接着剤用ハケ 2P」はポリエチレン製で、先が細くなったものと平になったものの二種類のハケが入っている。

瞬間接着剤を細かな部分の置くまで流し込むためのツールで、先が細く弾力があるように作られている。

続きを読む "Seria:DIYコーナーで発見"

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

DAISO:ペーパーカッター

Daiso_paper_cutter_1

ダイソーには、最大23cm幅の紙を裁断できる330円の青い色の「ペーパーカッター」があって、A4のコピー用紙をA5に半裁することができた。

最近最大30cm幅の紙を裁断できる660円の「ペーパーカッター(分度器付)」が追加された。A3サイズの紙を半裁できる大きさということになる。

紙を透明な押さえ板の下に入れ押さえ板の中央にあるカッターをスライドして紙を切ることができる。「ペーパーカッター(分度器付)」は厚さによるけれどコピー用紙5枚程度きることができるようだ。

裁断位置が分かりにくいけれど、刃の下になる溝を使って紙の切る位置を決めることになる。

替刃がないようなので、切れなくなったら新しくするということになる。

分度器が付いているので、角度の付いた裁断もできる。

続きを読む "DAISO:ペーパーカッター"

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

クツワ:ペン磁ケシ

Kutsuwa_zi_keshi_1

消しゴムの中に鉄粉を練り込んだクツワの磁ケシは、消しカスをシースに仕込んだ磁石で集めて捨てるという新しいアイデアの製品だ。

磁ケシは発売当初面白いと思ったけれど、子供向け商品ということで購入には至っていなかった。

同じクツワの大人向けブランドのハイライン(HiLiNE)から磁ケシをペン状にデザインした「ペン磁ケシ」ということで、買ってみた。

ペン磁ケシは、ペン状の軸に直径5mmで長さ90mmの円筒状の磁ケシが入っていて、後端に磁石がセットされている。

 

続きを読む "クツワ:ペン磁ケシ"

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

Daiso:HAUSER「ホッチキス針外し」

Daiso_hauser_remover_1

きたきつねが長年愛用し続けているダイソーの「ホッチキス針外し(Staple Remover)」にニューモデルが誕生した。

きたきつねはいろいろなホッチキスの針外しを持っていているけれど、プライヤータイプのものが一番使いやすいと思っている。

現在使用中の「ホッチキス針外し」は中国製でグリップが塩ビでカバーされたカラフルなものだったけれど、新しいものはインドのハウザー(HAUSER)の製品になる。

針外しの部分は全くと行っていいほど同じだけれど、グリップの部分の形状が違っている。また、ハウザー製品にはグリップカバーはなく、塗装しただけになっている。

続きを読む "Daiso:HAUSER「ホッチキス針外し」"

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

パイロット:Vコーンノック

Pilot_vcorn_rt_1

直液式のV-CORNのシリーズにノック式の水性ボールペン「V-CORNノック」が新製品として登場した。

先日、文具店に行った時にV-CORNノックの0.5mmの黒を買ってきた。

直液式の水性ボールペンはこれまで多く発売されていて、欧米では万年筆インクを入れられるものもあるが、全てキャップ式でノック式はなかった。

水性ボールペンは、早描きしても掠れず、滑らかで濃い筆記ができるのでファンも多い。きたきつねはファーバーカステルのローラーボールのレフィルを使ったローラーボールペンを使ったオートのリバティーを使っている。

直液式の場合は、本体内に液体インクが入っていて、万年筆と同様にインクの乾燥とインクが気温や気圧の変化で膨張、収縮するため機構が必要なのでノック式のレフィルにそれを組み込むのは難しいと考えられてきた。

パイロットは、その難問を乾き難い低粘度の液体インクとペンチップの先をボールとバネで密閉する方法を開発することで解決したようだ。それとレフィルのインク容量が少ないので、膨張したインクはパイプ内のゲルで吸収できるのだろう。

続きを読む "パイロット:Vコーンノック"

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

Seria:マルマンのスケッチブックB6

Seria_maruman_sketch

先日、セリアでマルマンのクロッキーを見つけたのだけれど、今日は図案スケッチブック(B6 S160)を100円ショップ向けにしたスケッチブック(B6 S160S)があった。

図案スケッチブック S160は、画用紙が24枚だけれどスケッチブックは18枚と3/4になっていて、表紙のデザインを変え、原価を100円ショップに合わせている。

直ぐに売り切れになりそうな感じで、どのくらいのロットを作ったのかは不明だけれど、持続的に供給できるのだろうか。

セリアは店舗数ではダイソーの約3,500店舗にかなわないけれど、それでも約1,600店舗もあるから、販売量は半端ではないから、次々と国産文房gメーカーも商品の供給をすすめているので、これから何がでてくるか楽しみだ。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

久しぶりに100円ショップ以外で買い物

Jimukichi_kaimono20_06

二ヶ月に一度、隣の市に行く用事があるので、通り道にある文具店に行くようにしている。

新製品の情報は日経のWebサイトのプレスリリースで見ているけれど、仕事をしていた頃と違って東京にでることも無くなったし、購入する文房具も限定するようになってしまっている。

今回は、店内を一周りして、気になったものをいくつか買ってきた。ゆっくり時間を見つけて使ってみることにしよう。

パイロットの「ノック式V CORN 0.5 黒」
クツワの「ペン磁ケシ(ブルー)」
ゼブラの「Fortia ホワイト軸」
ミドリの「マルチ定規(30cm)透明」
ゼブラの「ジェルボールペン替芯 0.5mmブルーブラック セピアブラック」

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

Seria:マルマンのクロッキーブック

Seria_croquis

100円ショップの文房具にいつのまにかNB商品が増えてきていて、こんなメーカーまでと驚くことも多い。

今日散歩のついでにセリアに寄って文房具売場を見ていたら、マルマンのクロッキーブックのポケットサイズがあった。

100円商品になるように、クロッキー紙が40枚と正規品よりも枚数が少なく、表紙のデザインも変えてある。

見つけづらいところにあったけれど、残り3冊だったので、気がついたひとがいるのだろう。

 

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

ナカバヤシ:e・万年筆

Nakabayashi_efp_1

B級万年筆コレクションに2019年5月発売のナカバヤシのe(イー)・万年筆「Artnavi」を購入できた。ナカバヤシの文房具は売っているところが少ないので、なかなか手に入らなかった。

使い切りタイプの直液式の万年筆で、特徴はカタログには記載がないけれどペン先がドライアップし難いスリップシールが付いていることだ。

中国製で、定価は180円+税で、類似商品としてはパイロットのVペンやゼブラのfuenteがある。

キャップを閉めた状態で長さ137mm、本体の長さ122mmで直径12mm、重量は12gになっている。インクは染料系の黒のみ。

使ってみるとペン先の引っ掛かりもなく、スルスルと書ける。

続きを読む "ナカバヤシ:e・万年筆"

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

Daiso:折りたためるクリアブック

Daiso_foldable_pocket_1

きたきつねはケチなのでA4サイズは無駄が多いと思うので、ノートや資料などはA5サイズに統一している。

多くの資料類はスキャンしてPDF化してあるけれど、どうしても紙で保存しなければいけないA4サイズのものは折りたたんで収納しているけれど、その中で折ることのできないものもある。

二つ折りできるクリアファイルにはキングジムのコンパックがあるけれど、パーソナルユースとしては価格が高くて買えないので我慢していた。

ダイソーのファイル売り場をみていたらA4サイズの「折りたためるクリアブック」があった。20ポケットで110円なので早速買ってきた。

続きを読む "Daiso:折りたためるクリアブック"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧