100円ショップ

2019年12月11日 (水)

DAISOのコンパスカッターを直径10mm以下の円を切り抜きできるように改造

Circle_cutter_s_2

ダイソーのコンパスカッターは最小10mmの円を切り抜くことができるけれど、より直径の小さい円を切り抜くには改造が必要になる。

小さな円を切り抜くには、針の位置をずらすのが一番簡単な方法で、針を引き抜いて、針が付いていた部品の内側に止めることで針の位置を変えることにした。。

マスキングテープで針を固定して瞬間接着剤で仮止めしてから、紫外線硬化樹脂(UVジェル)で固定することにした。

直径が小さな円を切るには、針と刃の先の位置ができるだけ真っ直ぐになったほうが、刃がブレずに真円に近い円が切れるので、針の位置をずらした。

続きを読む "DAISOのコンパスカッターを直径10mm以下の円を切り抜きできるように改造"

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

DAISOのマスキングテープ売り場がすごい

Daiso_masking_shop_1

今日、欲しい物があったのでダイソーに行ったところマスキングテープ売り場が新しくなっていた。

色別や柄別にディスプレーする大きな棚ができていた。この場所以外にも別の場所にもコーナーがあるので、マスキングテープのアイテム数はすごい数になりそうだ。

他の100円ショップでもマスキングテープの取り扱いは増えていて、種類がどんどん増えてきていて、関連商品も多い。

カモ井紙工が工事現場や工場で使われているマスキングテープに色柄を付けたマスキングテープを作り始めた時には、これほど広がるとは思わなかった。

マスキングテープは、マステと呼ばれ新しいアート・カルチャーの分野になってしまっている。

続きを読む "DAISOのマスキングテープ売り場がすごい"

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

Seria:クリップ式マスキングテープカッター「masca」

Seria_masca_1

100円ショップの売れ筋商品へのキャッチアップの速さは驚くほどだ。

100円ショップでも色々な種類のマスキングテープカッターがあるけれど、コクヨのマスキングテープカッターの「カルカット(クリックタイプ)」に非常に似た製品がセリアで発売になった。

クリップ式マスキングテープカッター「masca」で、幅15mm〜30mmのマスキングテープに取り付けて切ることができ、さらに真っ直ぐとギザギザの刃が2種類ついている。これが2個入って110円。

カルカット(クリップタイプ)はテープをきれいに真っ直ぐ切ることができるカルカット刃がついていて、テープ幅10mm〜15mm用と20mm〜25mm用の2種類なっているけれど、クリップ式マスキングテープカッター「masca」は1台で30mmまで使えることができる。

続きを読む "Seria:クリップ式マスキングテープカッター「masca」"

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

DAISOのコンパスカッターの針の長さを可変にできるように改造

Circle_cutter_c_1

ダイソーのコンパスカッターは紙を丸く切り抜くのに便利な道具で、ロングセラーの商品だろう。

ただコンパスカッターは針の長さは固定されていて、紙の切る厚さをコントロールできない。

針の長さを変えることができると、ラベル紙の表面の紙だけを一枚切りすることができたり、少し厚めの紙を切ることができるようになる。

NTの「薄物円切りカッター C-1500P」のように市販品もあるけれど、1,000円以上するから、文房具アクティビストとしては110円のコンパスカッターを改造して目的のものを作らなければいけないだろう。

最初にコンパスカッターの固定されている針を取り外す。

続きを読む "DAISOのコンパスカッターの針の長さを可変にできるように改造"

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

Seria:クラフト用オリジナルボールペン

Seria_original_bp_1

100円ショップのSeriaはクラフト系の商品に力を入れていて、アクセサリーパーツなどの品揃えは充実している。

110円でクラフトに取りかかれるので失敗しても、途中で止めても気楽にできるのが良いし、上手くできるようになれば本格的な道具や材料を揃えていけばいいので入門には最適だと思う。

最近見つけたのは「クラフト用オリジナルボールペン」で軸の上部が透明パイプになっているボールペンだ。

この透明パイプ部分を使って、中に色々なものを入れてオリジナルボールペンを作ることができる。

透明パイプにはシリコンの栓が付いていて、中に水やオイルを入れることができるので工夫次第でハーバリューム、スノードームもどきやフローティングペンなども作ることができる。

軸の色はホワイトだけでなくゴールド、シルバー、黒、ピンクなどがあるようだ。

続きを読む "Seria:クラフト用オリジナルボールペン"

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

DASIO:ライトニングケーブル+マイクロB兼用充電転送ケーブル(L型)

Daiso_dual_use_cable_1

ダイソーのスマホ・コーナーを見ていたら、「ライトニングケーブル+マイクロB兼用充電転送ケーブル(L型)」という面白そうなケーブルがあった。

iPhone用のライトニング・コネクターとAndoroid用のマイクロUSB-Bコネクターの端子やサイズが違うのに不思議だと思ったので買ってきた。

パッケージを開けてコネクターを見てみると、同じコネクターに2種類のコネクターが合体してあった。

中国は何でも思いつくと作ってしまうはすごい。

続きを読む "DASIO:ライトニングケーブル+マイクロB兼用充電転送ケーブル(L型)"

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

Seria:ロング・ピンセット

Seria_long_tweezers

セリアなどの100円ショップはクラフト系の商品を強化していて、クラフト好きの心をくすぐるものが増えている。

紫外線硬化樹脂もLED硬化型やシリコンモールドなども増えてきたている。最近のハーバリウムが流行り始めると直ぐに関連パーツが並び始めている。

つい最近セリアにリメークシートを買いに行った時に見つけたのが、25cmの長さの「ロング・ピンセット」だ。

直型と斜型の2種類があった。

ハーバリウムを作る時に細長い瓶の中にドライフラワーなどを入れる時に使うためのピンセットのようだ。

工具好きのきたきつねには見逃すことができないので、買ってきた。30年以上愛用しているピンセット比べてみると1.5倍もある。

何に使うのかはこれから考えることにしよう。

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

DAISO:COORDIシリーズのトラベラーズノート

Daiso_coordi

近所のダイソーの店内散歩に行ってきた。

ノート類の種類が減っているような印象で見ていると、トラベラーズ・ノートがあった。いつの間にか入荷したようだ。

フェイク・レザーのトラベラーズノートは300円+税だけれど、よくできている。オリジナルのトラベラーズ・ノートはA5スリムだけれど、若干小さい感じだ。

リフィル(無地、罫線、方眼)、インデックスシール、マステ、ケースなどと一応いろいろなパーツが揃っていて、それぞれ100円+税と非常にお得な感じになっている。

それにしても、100円ショップは流行に敏感に対応している。

トラベラーズ・ノートを体験してみるのならこのシリーズを使えば1,000円程度でできる。

| | コメント (2)

2019年6月17日 (月)

Seria:オリジナルボールペンとシャープペン その2

Seria_original_pen_6

セリアのオリジナルペンの口金について書くのを忘れていた。

ペン軸と透明パイプの間に紙を描いたり印刷したものを入れるための隙間がある。そのため、組み立てる時にうまくずれないように口金を締める必要がある。

オリジナルペンの口金は、透明パイプに当たる部分が丸く加工してあって、口金をペン軸にねじ込むと透明パイプの中心が出るようにできている。

口金のパイプに当たる部分をパイプの内径と同じにしても良いけれど、その場合加工精度が求められる。丸くすることで加工精度が少し悪くても問題なく組み立てられるので、非常に良くできていると思う。

続きを読む "Seria:オリジナルボールペンとシャープペン その2"

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

Seria:オリジナルボールペンとシャープペン

Seria_original_pen_1

Seriaの文房具コーナーでみつけた新製品の「オリジナルボールペン」と「オリジナルシャープペン」。

これはペンの軸が二重になっていて、外側の透明な軸の下に好きなキャラクターの絵や柄の紙を入れることでオリジナルの筆記具を作ることができる製品になる。

パッケージの中に作り方と入れることのできる紙のサイズ見本があって、簡単に作れるようになっている。写真やマスキングテープを使っても面白いと思う。

軸の内径が太いので、ちょっと加工すればゲルボールペンのリフィルも入れることができそうだ。

続きを読む "Seria:オリジナルボールペンとシャープペン"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧