100円ショップ

2023年1月23日 (月)

Daiso:テープライト

Daiso_tape_light_1

ダイソーの電気小物コーナにLEDの「テープライト」(330円)があった。

文房具撮影用の照明に使えるのではないかと思い買ってきた。

長さ1mの裏に粘着剤のついたテープにLEDが30灯配置されていて、透明の樹脂でコーティングしてあって、直接電極に触れることがないようになっていて、5VのUSB-Aのコネクターがついている。

電源は電圧5V、電流が415mAなので、PCのUSB端子、スマホの充電器やモバイルバッテリーで点灯できるので利便性は高いようだ。

テストしてみたが、照度が足りないようで撮影には使えないことがわかった。

パッケージを見ると66ルーメンとあって、これでは暗くて撮影には無理がある。買う前にパッケージを良く見ればよかった。

Daiso_tape_light_2

続きを読む "Daiso:テープライト"

| | コメント (0)

2023年1月15日 (日)

SERIA:オタ活、推し活サポーター用撮影グッズ

Seria_figure_std_1

100円ショップのセリアは、オタ活、推し活用サポーターグッズの品揃えに力を入れているようで、大きな団扇や缶バッジのカバーとかディスプレーケースなどが売られている。

先日は、グッズの撮影用に使えそうなアクリル製品があったので買ってみた。

買ってきたのは、レフ板、スイングキーホールダースタンド、ドールスタンド、アクリルぬいぐるみスタンド、フィギュア固定シールの4種。

レフ板はA4サイズの二つ折りで、内側が白、外側の一面が黒、もう一面が銀色になっている。

Seria_figure_std_2

続きを読む "SERIA:オタ活、推し活サポーター用撮影グッズ"

| | コメント (0)

2023年1月13日 (金)

細かな粒度の紙やすりのサンディングバンドを作る

Sanding_band_1

ルータービットにサンディングバンドという円筒形の紙やすりがある。

この紙やすりをゴム製のドラムというビットに付けて、ルーターを使い木材や金属のバリ取りや研磨に使う。

ルータービットとしては安いものだけれど、ヤスリが#80、#120、#180位の粗いものが多い。

小物にヤスリをかける時に、#600、#1000、#2000のような細かなものが欲しいので、作ってみることにした。

紙ヤスリを付ける円筒に適当な材料を探してみると、ダイソーのストローの中に竹製のものがあって、外径が約7mm、内径5mmでこれに紙やすりを貼り付けて、ドラムビットに付ければ使えそうだと思った。

外径5mmのドラムビットに使えるものが何かないかと探してみると、ダイソーのミニルーターで回転ノコギリを付けるマンドレルがちょうど5mmだった。

竹製ストローを差し込んでみると、きっちりと嵌って使えることが分かった。

続きを読む "細かな粒度の紙やすりのサンディングバンドを作る"

| | コメント (0)

2023年1月 9日 (月)

SERIA:アルミ虫よけシート

Seria_alm_sheet_1

セリアに買い物にいったついでに店内をぶらついていた時に園芸用品売り場にドーナッツ型の「アルミ虫よけシート」があった。

見ていて、いつも写真撮影に使っている、穴開きのレフ板に似ているとことに気がついた。

コンデジと組み合わせて、小物の写真を撮影することに使えそうではないかと買ってきた。

アルミ虫よけシートの表は銀で裏は黒になっているので、黒側はガラス越しの撮影にも使えそうだった。

Seria_alm_sheet_2

続きを読む "SERIA:アルミ虫よけシート"

| | コメント (0)

2023年1月 5日 (木)

ダイソーのスマホ用顕微鏡レンズ

202211206_1

ダイソーのスマホ用品コーナーに「顕微鏡レンズ」というのがあった。

倍率15倍ということだけれど半信半疑で買ってみた。

スマホのカメラのレンズに着けるクローズアップレンズの一種になる。

最近スマホはレンズが2個とか3個あるので、レンズを動かせるようになっている。

スマホに取り付けて見た。使用するスマホのレンズは標準か望遠のレンズの前にこの顕微鏡レンズを付けて撮影することになる。

取り付け方は顕微鏡レンズの中心を下のスマホのレンズの中心にくるように見ながら動かして位置を決める。

レンズの位置をスライドして動かすことができるので、色々なレンズ位置のスマホに対応できる。

被写体とレンズの距離は固定になるので、スマホの画面を見ながら前後に動かして焦点が合う位置を決める。

202211206_2

続きを読む "ダイソーのスマホ用顕微鏡レンズ"

| | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

セリアで買い物

Seria_202210_1

最近流行りの色違いの文房具をいくら買っても物が増えるだけで、全く面白くないから、文房具店に行く気持ちにならない。

だから100円ショップでしか文房具を見にいかないことが多くなっている。

今日も近所のセリアをパトロール。

アクリルプレートとノック式のセラミック・セーフティー・カッターを見つけて買ってきた。

アクリルプレートは、スクラップブッキングのスタンプ台に使うものだけれど、きたきつねは写真撮影のときの台に使うため。

今はダイソーの半分のサイズのアクリルプレートを使っているので、バリエーションが増えた。

昨年セリアでキャップ式の「ペンタイプセラミックカッター」を買ったけれど、新たにノック式のセラミック・セーフティー・カッターを販売することにしたようだ。

セラミックの刃は同じもののようだけれど、前の商品はキャプ式で、新商品はノック式になっている。

続きを読む "セリアで買い物"

| | コメント (0)

2022年10月10日 (月)

DAISO:アルミデザインナイフ

Daiso_knife_pncl_5_20221009224401

ダイソーでは、クラフトナイフで有名なX-Actoのと同じ刃を使うプラスチック軸のデザインナイフ(写真上)を以前から販売していていて、今回軸をアルミにしたデザインナイフ(写真下)を発売することになったようだ。

アルミにしたことでX-Actoの精密ナイフ X3202と非常に似たものになった。

オルファにもX-ActoのX3202と近い規格のアートナイフプロ 157Bというものがあるけれど、それと比べてもダイソーのアルミデザインナイフは8分の1くらいの価格になっている。

アルミデザインナイフの重量は7.9gで、従来品の7.4gとほぼ同じ。

Daiso_knife_pncl_6_20221009224401

替刃については、従来品と同じデザインナイフ用替刃No.116が使える。

価格は全く違っているけれど、X-Actoの替刃No.11と全く同じ規格なので使える。

標準についている替刃と違うノコギリなどの色々な形の刃を使いたいときには、オルファのアートナイフプロ用の替刃を使うことができる。

続きを読む "DAISO:アルミデザインナイフ"

| | コメント (0)

2022年10月 9日 (日)

DAISO:つなぐ鉛筆とアルミデザインナイフ

Daiso_knife_pncl_1

最近ダイソーで見つけた新商品はつなぐ鉛筆とアルミデザインナイフだ。

つなぐ鉛筆は、下町の鉛筆屋の北星鉛筆の新製品をダイソー向けにパッケージにしたものだ。

北星鉛筆はダイソーの新業態の店舗「Standard Products by DAISO」で販売され話題になっている「CRAFTSMAN PENCIL 12set 」の製造していて、その関係でダイソーの一般店舗にも商品を供給することになったのだろうか。

つなぐ鉛筆は、使っているうちに短くなった時に、次々と繋いで使い続けることができるというもので、無駄を出さないエコな商品というコンセプトのようだ。

ただ、つなぐ鉛筆は、普通の鉛筆の70%弱の長さのものが2本で110円となっていて、いくらエコと言っても三菱鉛筆のユニの定価よりも高いというのはちょっと無理があるような気がする。

どうも作ってみたけれど売れないのでダイソーの販売力に頼ったということなのかと思ってしまう。

続きを読む "DAISO:つなぐ鉛筆とアルミデザインナイフ"

| | コメント (0)

2022年10月 7日 (金)

DAISO:インク調合セットに単色インク追加

Daiso_original_ink_set_7

9月半ばにダイソーで見つけていたのだけれど、ブログを更新する元気がないまま放置してしまったダイソーのインク調合セットに単色イエローとブルーが追加されていた話題。ピンクも出ているらしいけれど、まだ見たことはない。

店舗によっては、この単色インクは入荷していないところもあるようで、近所のもう一軒の店舗では全く見ていない。

人によって好みが違うので、使う色に偏りがでてくるから単色で買えるのは良い。

それにしても、金属軸の万年筆はもう扱わないくなったのだろうか。

ダイソーは、店舗の規模が多様だし、地域による売れ筋も違うから、どこでも定番以外は同じものが買えないという不便さがある反面、思いも寄らない新製品に出会うこともあるので、出先で店舗を見つけたときには寄ることにしている。

先日もテレビの4K対応HDMI L型アダプタを見つけて買ってきた。Fire TV Stickの収まりが悪くて困っていたので、一気に問題解決できた。

| | コメント (0)

2022年9月 8日 (木)

ダイソーの万年筆のペン先をさらに細くしてみた

Daiso_fp_custom_3

ダイソーの万年筆の中字のペン先をリューターで削って細字にしたけれど、さらに細くすることに挑戦してみた。

ちょっと無理をすると削りすぎてペン先が駄目になるし、ペン先の左右のバランスが悪くならないように、ルーペで確認しながら少しづつ削っていった。

最後は、細めの砥石で削り、ラッピングフィルムで調節した。

Daiso_fp_custom_5

インクを入れて書いてみると、大分細くなったのではと思ったけ。ちょっと太めのEFになった

Daiso_fp_custom_4

削る前の状態と比較するとちょっと太めのEFになった感じだった。

110円だからもう少し冒険してもいいかなと思うけれど、この万年筆は手に入らなそうなので、辞めておこう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧