100円ショップ

2021年11月 6日 (土)

ダイソー:3WAYシャープナー

Daiso_3way_sharpner_1

ダイソーの文具コーナーに変わった鉛筆削りがあった。3種類の太さの鉛筆が削れる「3WAYシャープナー」で、2個入となっている。

削ることのできる鉛筆の太さは12mm、10.6mm、8mmとなっていて、もう一つの特徴は刃が汚れたり芯が挟まったりした時用にクリーニングスティックが付属してるところになる。

鉛筆削り本体には2つしか穴がないけれど、大きな方の穴に付いている白いリングを外すと太さが12mmの鉛筆が削れるようになる。

クリーニングスティックは削り屑を貯めるケースの中に入っていて、必要な時に取り出すことになる。

アイデアとしては面白いけれど太さ交換用の白いリングとクリーニングスティックは無くしやすいので、子供が使うのは難しいだろう。

実際に鉛筆を削ってみたけれど、普通に削れた。

続きを読む "ダイソー:3WAYシャープナー"

| | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

ダイソー:シリコーンキッチンマット角型

Daiso_si_matt_1

ダイソーのキッチン用品売り場も意外と便利なものが隠れているので見逃せない場所だ。

電子レンジの中に敷く30cm角のシリコーンキッチンマットがあったので買ってきた。

シリコン樹脂は、耐熱性がある難接着素材になる

クラフト用品コーナでは、10cm角や15cm角のシリコンシートがレジンや接着作業する時に下敷き用として売られれている。

30cm角くらい大きいと机の広い範囲をカバーできるのでレジンや接着剤が飛び散っても大丈夫だろうし、必要な大きさに切って使うことができるだろう。

このマットの周囲には少し高くなった縁がついているので、液をこぼしても少しなら周囲に洩れないだろう。

続きを読む "ダイソー:シリコーンキッチンマット角型"

| | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

ダイソー:カラー水性マーカー

Daiso_color_marker_1

ダイソーのパイロットの筆記具のディスプレーの下に、新製品のカラー水性マーカーがあった。

カラー水性マーカーは、太(1.0mm)、細(0.5mm)ツインマーカーで、1パック5色セットになっている。4種類あるので全部で20色。

軸色を白にしたところは、三菱鉛筆のカラーサインペンの「エモット」を意識した感じなのでは?
https://www.mpuni.co.jp/products/felt_tip_pens/water_based/emott/emott.html

全部買っても絵心のないきたきつねには使い切れないので、よく使うブラウン系の「モダン」のセットを買ってきた。

色の組み合わせは以下の通り。

パステル103
パステルピンク、パステルオレンジ、パステルグリーン、カステルブルー、パステルパープル

104 ビビッド
ビビッドピンク、ビビッドイエロー、ビビッドグリーン、ビビッドブルー、ブラック

105 コージー
コージーピンク、コージーサーモン、コージーグレーグリーン、コージーブルー、コージーブラウン

106 モダン
ブラウン、ディープブラウン、カーキ、クールグレー、ブラック

この他、白軸の0.3mmと0.5mmの極細サインペンも新発売のようだ。

続きを読む "ダイソー:カラー水性マーカー"

| | コメント (0)

2021年10月14日 (木)

ダイソー:コンパクト・ルーズリーフ

Daiso_compact_loose_leaf_1

出先あったちょっと大きなダイソーの文房具コーナーを見てみると新たに「コンパクト・ルーズリーフ」が並んでいた。

サイズは3×5カードに似た縦87×横128mmで、短辺にルーズリーフと同じピッチの穴が9穴あいていて、50枚入りになっている。

種類はA罫ノート、B罫ノート、フリーダイアリー、チェックリスト、4分割ノート、3分割ノート、ドット方眼罫、画用紙、カラーペーパーカラフル、クラフトの10種類がある。

専用のバインダーは無いようで、通常のルーズリーフ用のバインダーに付け足しやメモとして組み合わせて使えるという説明があった。

「コンパクト・ルーズリーフ」は、マルマンが2019年に発売して人気商品となっている「ルーズリーフMINI」と同じ規格の商品で、後追い商品となっている。

ルーズリーフMINIは、パッケージのリーフの枚数を少なくした商品をセリアで販売していて、それにも対抗したものだろう。

またルーズリーフMINIには専用バインダーがあるけれど、ダイソーもリーフの売れ行き次第ではバインダーを出してくる可能性がある。

ルーズリーフのサイズを変えただけなので、知財を押さえられなかったので後追い商品は避けられないだろう。

続きを読む "ダイソー:コンパクト・ルーズリーフ"

| | コメント (0)

2021年9月30日 (木)

測量野帳のカバーを作る

Heatseal_0

三ヶ月前に測量野帳のカバーを新しくしたのだけれど、コクヨの専用カバーは強度がないのでヨレヨレになってしまった。

1枚440円を年に何度も替えるのは無理なので、前に「DAISOのブックカバーをぴったりサイズに加工する」でダイソーのブックカバーをハンダゴテで加工する方法で自作することにした。

ついでに、屋外で使う鳥のハンドブックにもカバーを作ることにした。ダイソーのブックカバーは2枚入りで110円だから経済的だ。

測量野帳やハンドブックの大きさはA5、新書などと違い特殊なサイズなのでブックカバーは専用のものになってしまから、普通のサイズのものを買ってきて必要な大きさにすることになる。

測量野帳には「新書/コミック本サイズ」、鳥のハンドブックには「参考書/マンガ本サイズ」が近いので買ってきた。

続きを読む "測量野帳のカバーを作る"

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

ダイソー:セラミック・カッター

 

Dasio_ceranic_cutter_1

セリアで刃がセラミックの「セラミック カッターナイフ」が売られていたが、ダイソにはなかった。

今週ダイソーの文房具売場をみていたら2種類の「セラミックカッター」があった。

セラミックカッターは、錆びたり磁化してはこ困るときとか、絶縁性があるので電線を切るなどに使えることになるけれど、あまり出番はなさそうだ。

どちらも替刃はないので使い切りになる。

オレンジ色のセラミックカッターは、刃の長さが2段階に変えることができて、刃が引っ込まないようにロックができる。

青色のセラミックカッターは、小型で刃を出しても手を離すと自動で戻るようになっていて、刃を強く出すとロック機構が働いて刃が戻らなくなる。また、裏側にマグネットが付いているのでスチールのブックエンドなどに止めておくことができる。

続きを読む "ダイソー:セラミック・カッター"

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

ダイソー:プラチナ油性マーカー/ツイン 極細

Daiso_platinum_marker_1

散歩のついでに寄った近所のダイソーの筆記具売り場で細い油性マーカーがあったので買ってきた。

猫のエリザベス・カーラーを作るのにPPシートに印を付けるのにコンパスで使える直径9mm以下の油性マーカーが欲しかったので、偶然だったけれどうれしい。

早速、帰ってエリザベス・カーラーを作ることができた。小さな猫なので、手持ちのコンパスで十分だった。

プラチナ油性マーカー/ツイン 極細(CSW-120N)を調べてみると、Webサイトの商品情報には存在していなかった。

ネット検索で調べてみると黒軸で品番が同じものがあったけれど、白軸は見つからなかった。

プラチナ万年筆は、ダイソー向け商品を長い間供給していて、廃番でカタログにない万年筆が売られていたり、ゲルボールペンがあったりする。

多分この製品はプラチナ万年筆のカタログ上は廃番になっていて、色軸の在庫品が市場にでていて、白い軸のダイソー向けにだけ製造しているということではないだろうか。

ちなみにコンパスはフランス製のPAPEDのものだ。

続きを読む "ダイソー:プラチナ油性マーカー/ツイン 極細"

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

キャンドゥ:MASKING TAPE BOTTLE

Cando_maskingt_case_1

隣の市のキャンドゥに寄った時に見つけたのが瓶の形のマスキングテープの容器「マスキングテープ・ボトル(MASKING TAPE BOTTLE)」があった。

クリアーとスモークの2色あって、15mm幅のテープが6本収納できるものだ。

形は瓶の形になっているけれど、キャップを取ると容器が横に開いてテープを出し入れできるようになっている。

Cando_maskingt_case_3

デザインの良いテープを机の上に飾るために良いだろう。

続きを読む "キャンドゥ:MASKING TAPE BOTTLE"

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

BIC:インテンシティ 水性デュアルチップマーカー

Bic_intensity_marker_1

ダイソーに買い物にいったところ画材コーナーにBICの新製品「インテンシティ 水性デュアルチップマーカー」があった。

BICの大人向けカラーリングブランドの「インテンシティ」は日本初上陸で色鉛筆、水性ペン・マーカー、油性ペンのカラー画材のようだ。

ブラシと0.7㎜細字フェルトチップの2種類のペン先の水性染料系のインクのカラーマーカーで全12色ある。

通常は12色セットのようだけれど、ダイソーで単色のパッケージで売ることにしたようだ。

ブラッシとフェルトチップのカラーマーカーはクレタケやコピックなどにあるので、既存の売り場に割り込むのが難しいのでダイソーでの販売にしているのだろう。

これからどのような商品をダイソーに展開するのか楽しみだ。

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

スポイト

Syringe_var_2

注射器が無い時にインクのボトルの移し替えやカートリッジへのインクを詰める時にスポイトが使える。

スポイトは100円ショップで何種類か売っていて、5本から10本入りなので注射器よりはずっと安価だ。

万年筆のカートリッジによってはスポイトの先が太くて入らないことがあるので、ライターなどで加熱して先を細くすることができる。

Syringe_var_3

| | コメント (0)

より以前の記事一覧