ハサミ・ナイフ

2022年2月 9日 (水)

DAISO:卓上で使いやすいハサミ

Crankshaft_scissors

ダイソーの文具売り場のハサミのコーナーには時々変わったハサミが並ぶことがある。

今日見つけたのは刃とグリップがクランク状になったハサミだ。

パッケージには「卓上で使いやすいハサミ」とあって、机の上に紙を置いたままでも紙をきることのできるということだ。

刃が非常に華奢なので薄い紙は綺麗に切れるけれど、厚紙は切りにくかった。

それにしても面白い形のハサミだ。

| | コメント (0)

2021年12月22日 (水)

ダイソー:段ボールサイズ調整カッター

Daiso_dan_cutter_1

定期的にダイソーをチェックに行っているが、注意していないと新製品を見逃すことが多い。

メルカリなどで品物の発送が多くなっているのに合わせて、100円ショップでも箱や緩衝材などの発送用品の品揃えが増えてきているが、今回見つけたのは段ボール箱の高さを中身に合わせて小さくするための「段ボールサイズ調整カッター」が入荷していた。

Amazonの様に小さな品物でも大きな段ボール箱で送ってくるけれど、個人の場合は箱の大きさで送料が変わるので、中に入れるものに合わせて段ボール箱の大きさを選ばなければならない。

個人の家には色々なサイズの段ボール箱があるわけではないので、手持ちの箱の大きさを送料に合わせて調節する必要がある。

カッターナイフと定規で段ボールを切り、折り目を浅く切るという加工をしなければならない。段ボール箱を一定の高さに切るのは意外と難しいので、苦労している。

もちろん、高さを調節するための道具「段ボールサイズ調整用カッター箱きり名人」という道具が売られているが、比較的価格が高く仕事で使うのであればいいけれど、個人で時々使う程度では考えてしまう。

今回見つけたが110円で段ボールの大きさを調節できるという「段ボールサイズ調整カッター」だ。

続きを読む "ダイソー:段ボールサイズ調整カッター"

| | コメント (0)

2021年11月 6日 (土)

ダイソー:3WAYシャープナー

Daiso_3way_sharpner_1

ダイソーの文具コーナーに変わった鉛筆削りがあった。3種類の太さの鉛筆が削れる「3WAYシャープナー」で、2個入となっている。

削ることのできる鉛筆の太さは12mm、10.6mm、8mmとなっていて、もう一つの特徴は刃が汚れたり芯が挟まったりした時用にクリーニングスティックが付属してるところになる。

鉛筆削り本体には2つしか穴がないけれど、大きな方の穴に付いている白いリングを外すと太さが12mmの鉛筆が削れるようになる。

クリーニングスティックは削り屑を貯めるケースの中に入っていて、必要な時に取り出すことになる。

アイデアとしては面白いけれど太さ交換用の白いリングとクリーニングスティックは無くしやすいので、子供が使うのは難しいだろう。

実際に鉛筆を削ってみたけれど、普通に削れた。

続きを読む "ダイソー:3WAYシャープナー"

| | コメント (0)

2021年10月12日 (火)

10月の買い物

2021oct_goods

2ヶ月振りに隣の市にある文房具店に行ってきた。

前回買い忘れたものや、新製品など幾つか買ってきた。

今回購入したのは、次の6点。

1穴パンチ カール SD-15-7 穴径7mm
ゲルボールペン uni-ball one F 三菱鉛筆 UMN-SF-38
ゲルボールペン SARASA CLIP 0.5 白 ゼブラ JJI5-MKW
鉛筆削り BABY-K クツワ RS031BK-120
シャープ芯 uni 0.5mm 三菱鉛筆 UL-S-0.5-40 2B
油性ボールペン替芯 青 トンボ鉛筆 BR-KNU15

手元に直径7mmのパンチがあると思っていたけれど、無かったので買い足した。

uni-ball one Fはuni-ball oneの上位バージョンの新製品。

SARASA CLIP 0.5 白は黒い表紙のノートの記入用に。

鉛筆削りBABY-Kは、クツワの鉛筆削りの中で最小の商品ということで。

シャープ芯 uni 0.5mmは、従来のシャープ芯に比べて芯の粉が微細で紙に密着するのでこすれに強いという新製品で、最近は0,5mm以下のシャープペンシルをあまり使わないけれど、一度使ってみなければということで。

油性ボールペン替芯は青がなかったので。

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

ダイソー:セラミック・カッター

 

Dasio_ceranic_cutter_1

セリアで刃がセラミックの「セラミック カッターナイフ」が売られていたが、ダイソにはなかった。

今週ダイソーの文房具売場をみていたら2種類の「セラミックカッター」があった。

セラミックカッターは、錆びたり磁化してはこ困るときとか、絶縁性があるので電線を切るなどに使えることになるけれど、あまり出番はなさそうだ。

どちらも替刃はないので使い切りになる。

オレンジ色のセラミックカッターは、刃の長さが2段階に変えることができて、刃が引っ込まないようにロックができる。

青色のセラミックカッターは、小型で刃を出しても手を離すと自動で戻るようになっていて、刃を強く出すとロック機構が働いて刃が戻らなくなる。また、裏側にマグネットが付いているのでスチールのブックエンドなどに止めておくことができる。

続きを読む "ダイソー:セラミック・カッター"

| | コメント (0)

2021年9月20日 (月)

シュレッダーの新旧交代

Irisohyama_shredder_1

10年位使ってきたシュレッダーの刃がかけてしまい変な音がするようになったので、新しくすることにした。

生活している意外と細かな個人情報が入った書類が多いのでシュレッダーは、個人でも必須のようだ。

古いシュレッダーはホームセンターで買ったアスカの家庭用のクロスカットのもので、特売品で3,000円位だった。

3年ほどで自動運転のセンサーが壊れてしまったので、それ以来電源を入れて使っていた。

クロスカットといっても大きめのカットで、それでもストレートカットに比べるとマシな程度だった。

新しいシュレッダーは、アイリスオオヤマの2mm×11mmのマイクロクロスカットのものにした。

大きさはほぼ同じだけれど、マイクロクロスカットなので裁断くずが小さいので、同じダストボックだと保存枚数が2倍以上になるので、ゴミ捨て回数が少なくなるだろう。

続きを読む "シュレッダーの新旧交代"

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

サンスター文具:かどまる

Sunstar_kadomaru_1

カードやラミネート角を丸くするのにサンスター文具の「かどまるPRO」を使っているけれど、少し厚いカードや厚みのあるラミネートを切れないことがあった。

クリアフォルダーや工作に使うポリプロピレンシートを切るのは無理なので、ハサミでかどを丸くしていた。

厚いものにも対応した「かどまるPRO-NEO」と「かどまるFit」がでたのは知っていたけれど、緊急性がなかったので買わずにいた。

比較的安く買えるというので「かどまるPRO-NEO」と「かどまるFit」の両方を買うことにした。

「かどまるPRO-NEO」と「かどまるFit」は、切ることのできる紙とラミネートの厚さが「かどまるPRO」の倍になっている。

「かどまるPRO-NEO」は、S(半径3mm)、M(半径5mm)、L(半径8mm)の3種類のサイズを切ることができる。

「かどまるFit」は、M(半径5mm)の1種類だけしか切れない。

続きを読む "サンスター文具:かどまる"

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

カール:一穴パンチ

Punch_01

先日の買い物で手に入れたカール事務器の「一穴パンチ」は、2種類の穴径3mmと5.5mmのもので、PPC用紙18枚、紙厚1.6mmに穴あけできる。

帰ってきてから5.5mmのものはいくつか持っていることに気がついて、勘違いして買ってしまったようだ。7mmのパンチにすればよかった。

手元にあるパンチは、5.5mm、3mm、6mm、13mmの穴径のものになった。

紙以外の硬いものには、革パンチが2mm、3mm、4mm,5mm、6mm、8mm、10mmがあるのだけれど、紙工作で穴を開けるには一穴パンチが扱いやすい。

続きを読む "カール:一穴パンチ"

| | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

デビカ:鉛筆削り2×2(ツーバイツー)

Debika_2x2_1

8月の買い物で買ってきたデビカの鉛筆と色鉛筆の2種類に対応した「鉛筆削り2×2」を実際に使ってみた。

この鉛筆削りは細長箱状のボディーの両側に一つずつ鉛筆削りが組み込まれていて、切り替えスイッチを使って芯の先が細・太の2種類に削れるようになっている。

さらに組み込まれている鉛筆削りは、削り角度が22度と18度の2種類で、18度は普通の鉛筆、22度は色鉛筆用になっている。

鉛筆の削りカスは本体の中に貯まるようになっていて、削りカスが漏れ出さないように蓋がついている。

続きを読む "デビカ:鉛筆削り2×2(ツーバイツー)"

| | コメント (0)

2021年8月19日 (木)

8月のお買い物

Jimukichi_2021aug

猛暑と長雨で気力が削がれる。

2ヶ月に一度の隣の市にある文房具店で買い物してきた。

新製品といっても既存の製品にキャラクターを付けたり、色を変えたりが多くて、欲しいものはなかった。

今回購入したのは、

1穴パンチ カール SD-15-3 穴径3mm
1穴パンチ カール SD-15 穴径5.5mm
鉛筆削り2×2 デビカ 鉛筆・色鉛筆対応削り
鉛筆シャープ 1.3mm 赤 コクヨ PS-PER113
シャープ芯 1.3mm 赤 コクヨ PSR-RE13
シャープペンシルOpt. パイロット HOP-20R-LM

カールの1穴パンチは穴径7mmを持っているので、穴の大きさのバリエーションを増やすために穴径が3mmと5.5mmを増やすことができた。

デビカの鉛筆削りツーバイツーは削り角度の違う鉛筆削りを2個向かい合わせにしたもので、普通は同じ向きに削りを並べるのだけれどどのような使い勝手なのだろういうことで購入。

最近赤鉛筆を使うことが多いのでコクヨの鉛筆シャープ1.3の赤を使ってみることにした。

パイロットのシャープペンシルOpt.は、きたきつねの定番で改造するための素材としてストックするために。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧