2019年6月 5日 (水)

ブングテン28でワークショップをします

Bunguten28_workshop

6月18日に東京豊島区雑司が谷で開催される第28回「みちくさ市ブングテン」にワークショプで参加します。

ペーパーナイフ「PEEL & CUT」でセロテープやテプラ、ラベルなどの剥がし方を教えます。

一度使い方を覚えると、テープを剥がすのが楽しくなります。是非ご参加ください。

日時:6月18日(日) 11:00-16:00

場所:雑司が谷地域文化創造館 地下1F 音楽室
東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内 (所在地等)

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

オルファ:ハイパーM厚型

Olfa_m_x_1

きたきつねはオルファのM刃が一押しなので、「ハイパーM厚型」が欲しいと思っていたけれど、田舎にはなかなか届かず、ようやく最近買うことができた。

おまけで「特専黒刃(M厚)」が3枚付いていた。

M厚刃は、刃幅がS刃とL刃の中間の12.5mmで刃厚が0.45mmなので、剛性があってしっかりしている。L刃は刃幅と刃厚が18mmと0.5mmに比べると横向きの力がかかっても撓み難く、折れに強いので、薄物も厚物もカットもできる万能なカッターナイフだと思う。

家庭や趣味の工作用にはM厚刃が最適だと思っている。

今回購入した「ハイパーM厚型」は、より握りやすく力が入るデザインで、落下防止用のコードを着けるための穴が空いていたり、開梱作業や缶のフタ開けなどに便利な金属のツメが付いていて、従来のものよりも作業性がよくなっている。

続きを読む "オルファ:ハイパーM厚型"

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

DAISO:コーナーパンチ

Daiso_corner_punch_1

ダイソーのマスキングテープのコーナーに「カドを丸く切れるコーナーパンチ」があたので買ってきた。

7、8年前になるけれどセリアでも「コーナーパンチ」を扱っていたけれど直ぐに売り場から消えて久しい。

「カドを丸く切れるコーナーパンチ」は、一番幅のあるところで25mmと小さなもので、半径5mmでカドを丸くできるものだ。

刃の部分を見てみると、他のコーナーパンチと同じように、軽い力で切ることができるように両端を切ってから真ん中を切るようになっている。

続きを読む "DAISO:コーナーパンチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

SERIA:カーブ刃ハサミ

Seria_curve_sc

100円ショップは売れている商品に知財の設定がなければ直ぐに店頭に並んでしまう。

もちろん売れている商品の本質を理解して作っているわけではないのが普通だ。

セリアの文房具売場にカーブ刃のハサミ「155mm楽に切れる!スムーズな切味カーブ刃ハサミ」という長い商品名のhサミがあった。

カーブ刃といえばプラスの「フィットカーブ」だから、それを真似した商品ということになる。

「カーブ刃ハサミ」(青)と「フィットカーブ」(赤)を並べてみるとカーブのパターンと要の材質が違っているのがわかる。「フィットカーブ」の要にはPOMリングが入っている。

続きを読む "SERIA:カーブ刃ハサミ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

DAISO:ペットボトルえんぴつ削り かばどん

Daiso_kaba_sh_1

ダイソーのペットボトルえんぴつ削りシリーズに新顔の「かばどん」が登場しました。

「かばどん」はパッケージに「ガバっと開く」とあるように、口を開けると鉛筆を差し込む穴がでてくる仕組みになっている。

パッケージの注意書きが細かく詳しくなっていたのが興味深い。

続きを読む "DAISO:ペットボトルえんぴつ削り かばどん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

新春文紙フェア2019:北星鉛筆「日本式鉛筆削り」

Kitabosi_nihon_sh_1

北星鉛筆ではこれまでと全く違うコンセプトの鉛筆削りの新製品「日本式鉛筆削り」を紹介していた。

鉛筆の芯が折れるのは削る時に原因があるということで、それを解決するために鉛筆メーカーが考え出したのが「日本式鉛筆削り」ということだ。

鉛筆から見ると削る時に、始めはゆっくり丁寧に中心がブレないように、芯が尖り始めたらさらにゆっくり回すのが理想ということになるけれど、力のないこどもなどは、木部を削り始める時に力をいれすぎてしまうので、それを二段階に削ることで軽い力で理想的な削りができるということらしい。

続きを読む "新春文紙フェア2019:北星鉛筆「日本式鉛筆削り」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

SERIA:CESSシャープナー

Cess_sharpner_1

セリアに日本製の鉛筆削りがあった。パッケージを見るとレモンの製品でCESSブランドの鉛筆削りだった。

100円ショップの鉛筆削りは中国製が多いので、日本製というのは珍しい。

中の鉛筆削りユニットには、日本製ということなので予想通りNJKの刻印が入っていた。NJKは、鉛筆削りのトップブランド中島重九堂の製品だった。

100円ショップには国産の有名文房具メーカーの製品が増えてきているけれど、時々面白い製品を見つけることができるのが楽しい。

鉛筆を削ってみるとやはり良く切れる。

続きを読む "SERIA:CESSシャープナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

SERIA:カッターナイフと特殊加工黒刃

Seria_cutter_al_1

セリアのカッターナイフにアルミダイキャスト・グリップのカッターナイフと特殊加工黒刃のカッターナイフ替刃が追加されていた。

カッターナイフは、オートロック機構になっていて、国産のカッターナイフよりも固定位置のピッチが細かくなっている。

特殊加工黒刃のカッターナイフ替刃は、オルファの特専黒刃と同じように鋭角に研磨されていて、薄い紙など薄物を切るのに適した刃になっている。刃厚が0.40mmと国産の刃よりも0.02mmほど厚くなているようだ。

特殊加工黒刃を普通の替刃と比較してみると研磨されている幅が広く、鋭角になっていることがわかる。

続きを読む "SERIA:カッターナイフと特殊加工黒刃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

DAISO:ペットボトルえんぴつ削り うさちゃん

Daiso_pet_sharp_1

シヤチハタのペットボトルに付ける鉛筆削り「ケズリキャップ」が発売になって以来、他社から類似製品が出てきて、その後100円ショップにも多様な製品が発売されている。

それからペットボトルに付ける鉛筆削りを見つけるたびに集めている。

先日もダイソーで「ペットボトルえんぴつ削り うさちゃん」を見つけて買ってきた。

うさぎの持っているイチゴが蓋になっていて、蓋をあけると鉛筆を入れる穴があいている。

続きを読む "DAISO:ペットボトルえんぴつ削り うさちゃん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

SERIA:チタンコート事務用はさみとコンパクトポケットはさみ

Seria_titan_stick_sc_1

セリアの文具売り場のハサミコーナーに「チタンコート事務用はさみ」と「コンパクトポケットはさみ」が登場していた。

100円ショップのトレンドのキャッチアップの素早さは称賛に値する。

100円ショップのハサミといっても、実際使ってみて切れ味は問題ない。薄いポリ袋も切ることができた。

「チタンコート事務用はさみ」は、ステンレスにチタンをコーティングしたもので、コーティングの厚さはそれほど厚くはないようだけれど、家庭で使うのであれば問題ないだろう。

「コンパクトポケットはさみ」はスティックタイプのはさみで、サンスター文具の「スティッキール」によく似ている。

続きを読む "SERIA:チタンコート事務用はさみとコンパクトポケットはさみ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧