ハサミ・ナイフ

2019年7月17日 (水)

夏の文紙フェア2019 ステッドラー日本「トリプラス」と「シャープペンシル925」

S_bunshi2019_staedtler_1

ドイツの筆記具メーカーのステッドラー日本では、鉛筆、色鉛筆、ボールペン、マーカーなどの筆記具を紹介していた。

三角軸のカラーマーカーの油性の「トリプラス パーマネント」を新発売、従来の水性の「トリプラス ファインライナー」、「トリプラス カラーペン」に新色を追加して、価格も150円から100円に値下げしたということだ。

店舗ではまだ旧価格のところもあるようだ。一時ユーロ高になった時に値上げしたままだったので安くなって競争力がでてくるだろう。

シャープペンシルの925シリーズに「925 15」を追加していた。アルミ軸の「925 25」を除き、プラ軸のシリーズは全てのノックカバーに窒息防止穴が付いたということだ。

続きを読む "夏の文紙フェア2019 ステッドラー日本「トリプラス」と「シャープペンシル925」"

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

夏の文紙フェア2019 エスディアイジャパン「グランツ」

S_bunshi2019_sdi_1

台湾の文房具、事務用機器、事務用品のメーカー順德工業股份有限公司(SDI CORPORATION TAIIWAN)の日本法人でSDI製品の輸入販売の株式会社エスディアイジャパンでは、刃先のグラつきブレを無くしたアートナイフ「GLANZ(グランツ)」を紹介していた。

「完全刃ブレ防止機構」と刃のロック機構があるので刃先のグラつきブレがなく、本体は亜鉛合金なので剛性があり適度な重量があるので、切り絵やペーパークラフトなどで正確なカッティングが可能となっている。

実用上は同社の「プレシジョンカッター」や普通のアートナイフで十分だと思うが、「グランツ」はプロが使う道具として良くできていると思う。

続きを読む "夏の文紙フェア2019 エスディアイジャパン「グランツ」"

| | コメント (0)

夏の文紙フェア2019 オルファ「カイコーン」

S_bunshi2019_olfa_2

オルファでは、開梱作業を安全に手軽にできる使い切りタイプの「カイコーン」を紹介していた。

「カイコーン」は荷造りヒモやPPバンド、薄いダンボールを切断したり、先端部分で中の荷物を傷つけず梱包テープを切ることができる。

刃がカバーされているし、幅が狭いので指を切ることがないので安全というのも売りらしい。

オープン価格だけれど、税込み200円以下で買えるようなので、どれだけ普及するか見ていこう。

続きを読む "夏の文紙フェア2019 オルファ「カイコーン」"

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

ISOT2019 エヌティー株式会社「プレミアムGシリーズ」と「黒替刃」

Isot2019_nt_cutter

日本で初めてカッターナイフを発売したエヌティー株式会社は、新製品としてしプレミアムGシリーズ」と「黒替刃」を紹介していた。

カッターナイフはもうあらゆる場所での定番となるほど成熟しているし、特許の期限が切れてしまったので、100円ショップの定番商品になっている。今回のISOTでも中国のメーカーがカッターナイフを出展していた。

NTカッターといっても特別ではない。きたきつねとしては、オルファの万能M厚型を愛用しているけれど、NTから類似した刃幅の中型H刃が出ていたのを知らなかったので興味を持って見せてもらった。

続きを読む "ISOT2019 エヌティー株式会社「プレミアムGシリーズ」と「黒替刃」"

| | コメント (0)

ISOT2019 キャムズ「スマートロールカッター」

Isot2019_cams_roller_1

獣害防止柵や防護柵を販売している株式会社キャムズは、回転する刃で薄いティッシュから布まで切ることのできる「スマートロールカッター」を実演していた。

「スマートロールカッター」は専用下敷きの上で切ると薄いティッシュペーパー、紙、布、フェルト、スポンジなど多様な材料を直線、曲線に切ることができるカッターだ。

小さな刃が回転するので、皮膚の柔らかい部分は切れないということだけれど、強く押し付けたり骨のある硬い部分は切れるようだ。

コツがいるようだけれど、タングステンカーバイトの回転する刃を使っているのでガラス、タイルなども切ることができる。

続きを読む "ISOT2019 キャムズ「スマートロールカッター」"

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

ブングテン28でワークショップをします

Bunguten28_workshop

6月18日に東京豊島区雑司が谷で開催される第28回「みちくさ市ブングテン」にワークショプで参加します。

ペーパーナイフ「PEEL & CUT」でセロテープやテプラ、ラベルなどの剥がし方を教えます。

一度使い方を覚えると、テープを剥がすのが楽しくなります。是非ご参加ください。

日時:6月18日(日) 11:00-16:00

場所:雑司が谷地域文化創造館 地下1F 音楽室
東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内 (所在地等)

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

オルファ:ハイパーM厚型

Olfa_m_x_1

きたきつねはオルファのM刃が一押しなので、「ハイパーM厚型」が欲しいと思っていたけれど、田舎にはなかなか届かず、ようやく最近買うことができた。

おまけで「特専黒刃(M厚)」が3枚付いていた。

M厚刃は、刃幅がS刃とL刃の中間の12.5mmで刃厚が0.45mmなので、剛性があってしっかりしている。L刃は刃幅と刃厚が18mmと0.5mmに比べると横向きの力がかかっても撓み難く、折れに強いので、薄物も厚物もカットもできる万能なカッターナイフだと思う。

家庭や趣味の工作用にはM厚刃が最適だと思っている。

今回購入した「ハイパーM厚型」は、より握りやすく力が入るデザインで、落下防止用のコードを着けるための穴が空いていたり、開梱作業や缶のフタ開けなどに便利な金属のツメが付いていて、従来のものよりも作業性がよくなっている。

続きを読む "オルファ:ハイパーM厚型"

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

DAISO:コーナーパンチ

Daiso_corner_punch_1

ダイソーのマスキングテープのコーナーに「カドを丸く切れるコーナーパンチ」があたので買ってきた。

7、8年前になるけれどセリアでも「コーナーパンチ」を扱っていたけれど直ぐに売り場から消えて久しい。

「カドを丸く切れるコーナーパンチ」は、一番幅のあるところで25mmと小さなもので、半径5mmでカドを丸くできるものだ。

刃の部分を見てみると、他のコーナーパンチと同じように、軽い力で切ることができるように両端を切ってから真ん中を切るようになっている。

続きを読む "DAISO:コーナーパンチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

SERIA:カーブ刃ハサミ

Seria_curve_sc

100円ショップは売れている商品に知財の設定がなければ直ぐに店頭に並んでしまう。

もちろん売れている商品の本質を理解して作っているわけではないのが普通だ。

セリアの文房具売場にカーブ刃のハサミ「155mm楽に切れる!スムーズな切味カーブ刃ハサミ」という長い商品名のhサミがあった。

カーブ刃といえばプラスの「フィットカーブ」だから、それを真似した商品ということになる。

「カーブ刃ハサミ」(青)と「フィットカーブ」(赤)を並べてみるとカーブのパターンと要の材質が違っているのがわかる。「フィットカーブ」の要にはPOMリングが入っている。

続きを読む "SERIA:カーブ刃ハサミ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

DAISO:ペットボトルえんぴつ削り かばどん

Daiso_kaba_sh_1

ダイソーのペットボトルえんぴつ削りシリーズに新顔の「かばどん」が登場しました。

「かばどん」はパッケージに「ガバっと開く」とあるように、口を開けると鉛筆を差し込む穴がでてくる仕組みになっている。

パッケージの注意書きが細かく詳しくなっていたのが興味深い。

続きを読む "DAISO:ペットボトルえんぴつ削り かばどん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧